mixiユーザー(id:40742891)

2021年02月27日13:22

23 view

これまだにいろいろ様々な人に出会って来たが・・・

 目前で具体的にプライドらしき動作を見たこともなかったが・・・その時、何だかその動作に稚拙な小心さを見せられた思いをした。元大学教授だったそうだが、その人の小さな思い上がりの稚拙さに出会って、その人の哀れさを気の毒に感じた思いだけれども、人それぞれのこの世かな、とも思う事が出来た。
 やはり、人は、それぞれ思い込みの日々に過ごさざるを得ない物だという事なのだろう。そういう行為を見る時、それは、多分にその人にとっての日々の生きがいなのかもしれないなのだろう・・・と、その性格的単純さにその人の幼さを思った。
 だが、精神的心の幼さは、自分自身では、なかなか気づきにくいものだろう・・・多分、自分自身に自信が有れば、自尊の露呈などすることもないのである。・・・
 私は、意外と人を見る目は有る、と思う時もあるし、その時の直観も働く時もある。見ず知らずの人に対しても・・・電車内などで、また街中の歩道上で、すれ違いの瞬間に、何をか感じてしまうのである。不思議に、その人の心理的テレパシーを受信してしまうのである。また、知り合いであれば、離れていても、その心情を受信してしまう時もある。  
 それは以心伝心なのだろうかとも思えるが・・・また、その人の一言、二言などで過去からのその人の因縁を感じてしまうこともある十数年来の知人もいる。
 花街など廓に興味が有ったりで・・・その心底などが見えてくるのだけれども・・・私のそういう体質を疎ましく思う時もある。見えてしまうものは避けられない物である。故意に知ろうとしてなくても、突然に見えてしまうからだ・・・

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する