mixiユーザー(id:40742891)

2020年07月30日09:18

9 view

人間は日々、五感内で日常生活を過ごして居るが・・・

 五感外も実在しているという事に気が付くか否か・・・五感外も日常生活内にあるが気が付かない。思い込み思い入れ執着心など常に心は何かにつかまっている日々である。心が何事にもとらわれていない時、五感以外の周波を受ける時があるのだけれども、それはその人の性格や昔からの因縁などで相違する。常に現実感の強い人はそれら周波を受けにくい。
 宇宙外に興味があるなど人間存在観など不思議に思う時に受信する場面に出会う時もある。また、非日常など思い込む時に・・・
 日常生活とは業であり、その業は、得体のしれない物である。
 孤老は、自分自身に嫌悪していた20歳頃から人間不思議感が強かったが、業に従わさせられて今日まで生きているが・・・そして目下人間探索中である・・・この人間不思議は解明困難だからこそ興味を引く物である。仏教学者、学識有識者、高僧などの諸説はふんぷんとしているが、定義不可能である己自身も・・・妙はいかにも妙である・・・宇宙外を探れば探るほどに今置かれている位置の不安であることに気が付く。不安定である位置に未完未熟を知らされる。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する