mixiユーザー(id:40742891)

2018年07月23日05:56

73 view

あまり室温を下げ過ぎても・・・

 外気温との温度差も考えなくてはならないし、冷房病も無視できない最近だ。多汗症も厄介なことだが、まあ体温を下げてくれるのだから文句も言えないだろう・・・

 お茶も冷たい飲料も適当に体内からの体温下げに必要とか・・・深部体温なるものに気づかしてくれるテレビ情報もこの暑さには有り難い。でも今年は、この夏の日も10月を過ぎるらしいと、夏が長引く?・・・これは従来からを思う時、やはり天変地異なのだろうか・・・これまで続いて来た穏やかな地球の気候も、やはり終わるのかな・・・常に物質は変移することから考えても・・・
 
 毎朝、気象予報士は、猛暑の中、熱中症に気を付けてくださいと、・・・それなどは、家族の中で子供達への思いやりや個人の自分自身にたいする気配りにもなるのだが・・・
 日々、この猛暑との戦いに暮れ行く・・・涼を求めて水辺に・・・水の事故も・・・日々、39℃・・・40℃のところも・・・

 日本列島としては、これまでの夏とは違う慣れない酷暑の日々に疲れる・・・自分自身に対する健康管理36℃ほどの平素体温を超える37、8℃の継続は、人体に疲労を積み重ねる と聞いたことがる。
 夏に人の体は老いるとも・・・年々の積み重ねの知らない間の疲れなのだろうか・・・若いと疲労回復も盛んだけれども・・・老いると疲れは、即、回復せず 中々元通りへは戻りにくい・・・それぞれの循環機能などの機能低下は、やむを得ない物質の法則から・・・具現化は消滅として循環する・・・

 仮の考え方として、在る人の説は、守銭奴は、その群れに・・・殺し合う者たちはその群れに・・・音楽や花の美しさに楽しむ人たちは、その群れに・・・戦国時代の武士たちは、今でもあの世で殺し合いを続けているのだと・・・旅立ちの時、感謝する者達は、感謝する者達の群れに・・・その思いや思考や映像などは、念として永遠のようだ・・・嘘をつく者達は嘘をつく群れに・・・陰湿な心は陰湿な者たちの群れへ・・・それらから抜け出せる者はごくわずかなり、と言うそのことを説く人は、全ての人の心にあるのだろう・・・ただ、気が付かないのだろう・・・そのことに・・・欲業に苛まれて・・・思考しない出来ない欲から欲への日々に死するかな・・・次の世は、思考することのできる人々に与えられるのかな・・・老いた者の独り言なり 世人・・・
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する