mixiユーザー(id:40742891)

2016年09月24日08:22

214 view

十七個目の台風が発生して・・・

 今年は、七月頃からか、急に台風が発生しだして、いつもの年とは様子が違うが、天変地異には、人間は無能であり、人間の知恵(科学の叡智・・・)や力など及ばないのであり、受け身の保守を科学的に有効にと言う考え方が限界のようである。
 
 街々の書籍店の書棚に、「力」と言う文字の入った背表紙タイトル本をよく目にしたが、出版の思惑もあるのかなとも思ったりしたが、何だか適当で無意味なように思うものでもあり、最近は、あまり見かけなくなった。
 一時的な、流行かな、と思うけれど、書店の書棚の書籍の背表紙タイトルを眺めて歩くのも面白く、週に一回は、背表紙タイトルを眺め歩く時が有り、勉強をさせていただいている時を持っているのである。
 しかし、実に、諸本の背表紙タイトルは、いろいろであり、千差万別の交差を見るのであるが、ある課題、テーマなどに関しての見解、思考世界の相違が著しいのが、近年、特に、目につくようになった、と思うのである。
 昔、昔のその昔、上位絶対の教えが一方通行で「上」から「下」へであったが、今、インターネット世界が全世界に広がり、瞬時に、それらニュース、多くの情報などが飛び回る時代になって居るが、そこには序列が弱いが故に昔風の思考では難儀している人たちも居るようだ。
 インターネットには、上下関係はないのであるし、並列であり直列的な物は乏しいようで上下意識の強い人には出会いにくさが有ると思う。人工頭脳も次元が高くなりつつ発展展開の様子も精巧に多次元化への道を急進している。
 しかし、人間には、情念が渦巻いているのだから、人工頭脳には、困難なことが有る。その情念も人工的に頭脳に展開できれば、と思うが、情念は、非世界であると考えているから、まだまだ、限定してしまっている人間頭脳では、不可能だろう、と思うのである。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する