mixiユーザー(id:40742891)

2016年09月04日09:20

168 view

風評とか噂話とかは、日本独特なのか・・・

 いずこの国も無いことはないだろうが、日本人は、特に町内会のおば様たちの立ち話に多いようだが・・・いいお話はないようで、人の悪評とかを、面白おかしく拡散してしまう、人を噂することの気質的な性格の淫靡さは、どうにもならない生まれつきのものだろうか・・・悪評を立てて愉快的陰湿さは・・・やはり日本人の昔ながらの気質だろうか・・・
 風評も噂話も、全く無責任である。言いたい放題の陰気さが有るのだが・・・人のことがとても気になる人々には、やはり、視野が狭いと言うことになるようだが・・・口から口への伝え歩きは、とんでもない大袈裟な話へと盛り上がって行くようだ。人のうわさ話で日々を過ごして居る人間も、意外と多いようだ。そのために風評被害が有ったり、自殺に追い込まれる人たちも居るようだ。このことは言葉から受ける被害と言っても過言ではないだろう。現実的ではない話に噂などは、変移するものだ。言葉に関しての問題課題は、数知れないほどあるように思う。専門学的にもなお及ばない分野が有る。人間社会の巷的言葉のやり取りは、大昔から言葉の底なし洞窟でもあるようだ。
 言葉には、以前から思ってきたように神仏的な言い回しもあったりもするが、一方、悪意の陰湿的言葉も見え隠れしている時が有るようだ。言葉と人間は同質?と思う時にも出会うが、実に、言葉の摩訶不思議さに人間存在をも思う時が有る。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する