mixiユーザー(id:40742891)

2015年11月11日08:28

77 view

ここは日本の国の電車の中だけれども・・・

 我が物顔に見えてしまう、この電車内での外人観光客達のその振る舞いは、周り構わず、声高に喋り捲る有様に、我れ日本人の一老人は、この自国の住人でありながら、電車内での肩身が狭い思いにさせられてしまうのは なぜなのだろうか・・・アジアの人達もそれら民族気質は、それぞれだけれども、その生まれながらの風土などに慣らされて、日々を過ごしてきて居る事実は、それらの場面にそれなりに具現化するものであるが、早くこの電車から降りてほしいと思わざるを得ない気持ちをどうすることもできなかった。
 日本政府などの海外観光客の日本観光への歓迎は、経済展開、外貨獲得と言う思いが一方的である。どの国においても外貨は、その国を生きるために欠くことが出来ない経済的要素などの一項目であるが、表現言葉と現実の有り様には、どのような二次元的言葉にも、現実場面との間に大きな差異を具現させるものである。日常生活のそれらの現実場面は、多次元であると言うことであるが・・・それら言葉表現などは、多次元への立ち姿であるように位地されている。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する