mixiユーザー(id:40742891)

2015年11月04日08:49

194 view

内から内へ、内から外へ、外から内への日が過ぎ行く・・・

 日々、思う事おおけれど、それなりの日々が過ぎ行く余生のこの頃であるが、給料生活者としての現役の社会人の時は、ただ、仕事に連れられ追われて寝ても覚めても仕事の事で頭中多忙だった。
 定年になって直接社会との関わりから退き、やっと、一集団組織内の仕事人間の一員から個人としての間接社会人としての自分自身を意識し始めた日々に暮らすことになった。
 その時、絵筆に心したり、楽器の音に思いを入れたりの時期もあり、趣味三昧の今、日記など書き記すことに心が入っている時のようだ。時には視覚野色形などに心誘われたり、聴覚音などに思いが込められたり、思考野がそれらに交差する世界に日々が有るけれども、過去、現在、未来に生活している今に居る一人の私でもある。・・・
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する