mixiユーザー(id:40742891)

日記一覧

 新型コロナウイルス新規感染症者数も、日常生活そのものに誘われて感染対策などが忘れがちになる。それに日々、それぞれに思うところそれぞれだから、同じ方向は向かない場面は、方々にあると思わざるを得ない。その結果は、感染症に出会うという事にもなる

続きを読む

 面白さにも楽しさにも、人間の作り出した物には負の面がある・・・その負の要素に知らない間に侵されている時もある。日常生活は、表面的暮らしだから、深く思わないし考えない。今は特に、その瞬間に言動しやすい要素に覆われているように感じる時がある。

続きを読む

今日は、宅配日・・・
2021年01月22日09:52

 前回は、初めての注文で買い過ぎたが、今日は、その半分に・・・極力減らしたお買い物にした・・・一週間分の買い物だから、量的に検討が必要だった。現物を見ない買い物は買い過ぎる感があるように思った。実感と二次元は、相当離れている感である。確かに

続きを読む

 一時は、医者の駄目宣言に出会い、父母も諦めかけたが、最後の手段のカンフル注射で三途の川を渡りかけていた当時七歳だった少年もこの世に帰ってきたが、そのことが良きか悪しきは、分別できない物の様である。いずれにしても自然の摂理は、具現消滅を展開

続きを読む

 今朝の外気温6.8℃。雨で濡れていた住宅地域道路。天気予報はやはり先々は、わからないのはやむを得ない。自然の成り行きだから・・・今週からは今冬の中休みかも・・・ 寒波も息をつく時もあるだろう・・・でも雨の日もいい物だ・・・何だか静かで・・

続きを読む

 超極微のみに有らず・・・超宇宙も不思議で全く分からない・・・星の数も推測の範囲で分からない・・・究極は、何事も分からないことである、と断言せざるを得ないのである人間限界論に尽きる世人。ただ、人間は死を恐れるこの世にて・・・いかにもどうにも

続きを読む

 昔から因縁深き数字なり・・・世の中に数字の不思議ある物だ。親父昭和25年、お袋昭和52年に他界・・・親父55歳、お袋44歳でおいらが生まれた・・・元気だった親父お袋だったようだ。親父69歳、お袋88歳で旅立ち・・・有難いことに、おいら傷病みしない体だ

続きを読む

 病院施設、完全に非常事態に・・・コロナ感染状態蔓延してしまったのか・・・感染防止は、やはり個々人にある。コロナは、見えないから、つい気を許すが、隙を見せてはならない。手洗い、マスク、消毒、三蜜避ける、そして、感染しない、と言う気力も大切に

続きを読む

 寝つきはやはり早い。これは体質かもしれないが・・・夜中3時前後に起きるようになったのは、老いたせいかもしれない。また、床に入ってうつらうつら・・・

続きを読む

 ここ一年も過ぎれば、慣らされる。慣れると隙が出来るよう。あらためコロナ感染気配りしなけりゃ・・・自分のためばかりではなく、人のためにも・・・そしてコロナ終息思い続けよう・・・コロナ終息を願い奉る日々に・・・

続きを読む

 孤老は、昔から内向型のように思うのだけれども・・・思いが内に向かう時と外へ向かう時に大別されるように思う。蓄電池会社に定職するまで、幾つかの仕事に出会った。それは外の仕事であったり、肉体的な作業であったり、対人関係の仕事であったりだった。

続きを読む

 そして人は完璧を希求して止まないものである。文字言葉には、望むこと多かりし・・・しかし、叶わず・・・複雑怪奇に交差して迷いは終焉しがたいが如きもの成り・・・人間探索の道すがら・・・世人・・・孤老の寝言かな?・・・夢うつつ・・・

続きを読む

 体験実体からの知識化は、日常生活に有効である。実体験であるから忘れることがない。この身をもって経験したことは、記憶が深い。そしてそれらの場面に有効である。全感覚で出会う時、記憶は継続を止まない。しかも新鮮な出会いほど何時までも記憶に残る。

続きを読む

 まだまだ医学も未知な部分があるけれども、医療は、進めざるを得ない今である。昔から医術は神様の領域だった・・・ような日常性を実感した中学生の頃・・・中学生時代を過ごした村人達との出会いに医の在り様に神妙に思わされたことがあった。昭和24年頃・

続きを読む

 今年も思い思い続くか・・・何はともあれ春の季節に・・・思うところか・・・2006年以来の長き年月に・・・今に居るかな思われ続くや・・・あの念深く身に染み入りて、その時の感じ思い、忘れがたきか・・・何時までも・・・ 長年に思い思われ慕われ続けて

続きを読む

 心の内に咲かせてやろうぞ、その一時に・・・文字や言葉に心和らぐ・・・これぞ文字、言葉の救けかな・・・そこここの日々の過ごしに垣間見るかな・・・よき日々の思い確かに・・・

続きを読む

 夕方からは雨模様らしい。天気予報によると、しばらくの間、雨模様の日が続くようだ。暖気と寒気の前線が雨を降らせるのかな・・・まだ、前線活動は、冬最中だから大きく天候が動くこともないようだ。でも、天候もいろいろと移り変わっていく物だ。今日は、

続きを読む

 感染が起きる今の時代。クラスターと言う感染状況・・・長時間の同席が感染リスクを高くする屋内・・・屋外でも地下街は天井で仕切られている環境・・・屋外の風の流れの有る場所は、感染率はとても低いというよりもゼロに近い・・・という事か・・・

続きを読む

 即効性の構造が必要な時を感じるのだけれども・・・時は更新されるべき・・・更新すべき時・・・多種多様で変化が速い物も・・・時は変化の即対応・・・社会的な問題、課題も・・・

続きを読む

 新規感染者数も増え続け、感染重篤者も出やすいのかな?・・・兎にも角にも感染しないこと・・・個々人の問題・・・だ、けれども・・・それぞれの思い思いは、どうにもならない・・・

続きを読む

 法改正後がノンビリ対処になる・・・一日を争う時に・・・会議をしなけりゃならない遅延さ・・・感染症は、会議次元と違って、その間に蔓延して行く・・・どうにもならない政治体制の今でしょ。 対策もスピード施行が必要な時代。しかし、この先どうなるの

続きを読む

 どうしてかが分からないが、最近、特にそれを感じる。そのような思い込みに入っているのかな、と思って居る。日々は、ネバならないことは、家事一切だが・・・寒いから、つい、宅配に頼る。外出怠りがちで部屋の中にテレビ映像とパソコンお宅に過ごす日々で

続きを読む

 両極端で考え物だけれども、ほどほどに中庸は難しい物だ。無意識に繊細過ぎたり、大雑把だったりは、後で気が付く時もある。孤老は、6歳頃から12歳頃まで旧満州の大連で育った。見渡す限り360度の海を渡り大連港に着き甘井子と言う土地に住んだ。山などはほ

続きを読む

 笑いの中に居る孤老の心の豊かさを思う。それほどに思いに入らない日々に居る。思いに入るのは、料理の時くらいかな・・・美味しく作りたい思いなど・・・調味料も適当量がいいようだ孤老の場合・・・レシピなどほとんど見ない。女房が他界して、もう五年に

続きを読む

 新聞の記事に、薄黄色の花の写真と共に見ることが出来た自然の風景・・・自然は人の心を和ませてくれる・・・優しく香り甘美に・・・見ごろは二月中頃まで・・・

続きを読む

 春への思いを誘ってくれるようだ。まだ、この先、真冬がやって来るのだけれども・・・思うだけでも暖かな春の季節の到来を思えば、気持ちが暖かくなるようだ。日頃の思いは、人を楽しくしてくれるように思う。思い方によって日々が楽しくなる知恵を持つのも

続きを読む

 その事は、やむを得ない日常だが、人は、形や色に意識が寄って行く行動に流されることで、今、やらねばならないことは薄れてしまう事物だ。五感などに入り込んでしまう日常生活は、感染防止対策など薄れてしまう事も有る。日頃、何分、見えないことへの行動

続きを読む

 散歩は、明日にするか・・・そろそろ昼の時間・・・食パンにするか・・・テレビと共にヴィオラを弾いたりの今日を過ごそうか・・・

続きを読む

時々、杖を使いながら・・・コーナンで買い物・・・小一時間は、歩いたかな・・・で、昨夜は、ぐっすり熟睡した。天気の良い日は、山科川沿いもいいものだ。

続きを読む

 アンサンブル・クローバーの合奏仲間が亡くなられた。78歳は、まだ早いように思ったが・・・以前から心臓系統の病をお持ちの様だった・・・お悔やみを申し述べたい。何だか心の優しい方だったが・・・合奏にも熱心な方でもあったが。何だか心痛む思いだ。

続きを読む