mixiユーザー(id:4056483)

日記一覧

●米原万理著『ヒトのオスは飼わないの?』<文春文庫>(05/初版01)タイトルと言い、南伸坊さんの表紙イラストと言い、軽妙でユーモラスなエッセイ集を連想する。確かにそうなのだが、稀代の名文筆家はそれで終わらない。深い感情移入と洞察力、思考力、表現

続きを読む

『BSR』誌2019年12月号(通算150号)。エルモア・ジェイムズ特集の他に、19年にリリースされた『『BSR』誌2019年12月号(通算150号)。エルモア・ジェイムズ特集の他に、19年にリリースされた『アナーバー・ブルース・フェスティバル1969』<サード・マン/BSMF>

続きを読む

[65枚目]●ボビー・ラッシュ『アイ・エイント・スタッディン・ユー』<アージェント!/イチバン>(91)78年の初アルバムから昨年発表の一枚まで、常に一定のレベルを保持しているボビー・ラッシュ御大の91年作。<ラジャム>から<イチバン>に移っての第一作

続きを読む

[64枚目]●ニュー・バース『ラブ・ポーション』<ワーナー>(76)※本文を書くに当たり、鈴木啓志さんのライナーを大いに参考にしています。ニュー・バースと言えば、77年の『ビホールド・ザ・マイティ・アーミー』が有名。本盤は、その一年前<ワーナー>移籍

続きを読む

[63枚目]●ウィリー・ディクソン『アイ・アム・ザ・ブルース』<ソニー/コロムビア/レガシー>(69/93)シカゴ・ブルースの立役者の一人、ウィリー・ディクソンのセルフ・カバー盤。私が持っているリイシューCDは、<ルーツン・ブルース・シリーズ>の<コン

続きを読む

[62枚目]●ブルー・マジック/メイジャー・ハリス/マージー・ジョセフ『ライブ!』<アトランティック/コレクタブルズ>(76/06)オリジナルはだが、正確には傘下レーベルのが制作している(LPはWMOT名義)。(We Men Of Talentの略)は、73年フィラデルフィアで

続きを読む

モータウンのレコードガイドを61年から67年と区切ったのは、モータウン・サウンドのエキスを抽出した形になっているかと。以前から好きなマーヴェレッツやヴァンデラスのアルバムも、改めて整理がついた。中河伸俊さんの『Food For Real Life』拡大版は、スモ

続きを読む

[61枚目]●ミリー・ジャクソン『コート・アップ』<スプリング>(74)寅さん映画の名場面のひとつに、甥の満男が「人は何の為に生きてるの?」という質問をし、寅さんが応える場面がある。正確な記憶ではないが「生きてる内に何度か幸せだなあと感じる瞬間があ

続きを読む

●ジェームス・М・バーダマン著『黒人差別とアメリカ公民権運動』<集英社新書>(07)黒人音楽を趣味とする私は、黒人文化や人種差別問題等に関しても気にはなっている。ジム・クロウ法、ローザ・パークス、バス・ボイコット、NAACP、キング牧師、KKK、アーカ

続きを読む

エリザベスとヘイゼル
2020年04月11日13:32

人種差別闘争を象徴する写真は多数ある。1957年、アーカンソー州リトルロック・セントラル高校へ入学した最初の黒人であるエリザベス・エクフォードに対し、怒りをあらわにする白人たちを写した一枚もひと目で脳裏に焼き付く。中でも背後から噛みつかんばかり

続きを読む

サム&デイブのはじまり
2020年04月04日18:38

サム・ムーアは地元のゴスペル・カルテット在籍時、ソウル・スターラーズから加入の誘いを受けたが、彼はジャッキー・ウィルソンタイプに夢中だった(代わりに入ったのがジョニー・テイラー)。その後アマチュア・コンテストでジャッキーの「ダニー・ボーイ」を

続きを読む

ロウ・ブルース
2020年04月04日16:15

ジョニー・テイラー69年発の<スタックス>3枚目(ベストを除く)『ロウ・ブルース』。タイトル通り、無駄な飾りは一切ない、剝き出しのソウル、ブルース、ゴスペルの世界。YouTubeで全曲見つかりめでたしめでたし。WHERE THERES SMOKE THERES FIREHello

続きを読む

平穏と興奮の音楽
2020年03月29日18:42

それがゴスペル。Rev. Robert Ballinger - This Train"Up Above My Head"- Sister Rosetta Tharpe & Marie KnightMahalia Jackson - JesusSister Wynona Carr - Each DayThe Swan Silvertones I Got A WitnessSam Cooke And The Soul Stirrers - Peace in the

続きを読む

●ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』<ブルー・ノート>(57)※本文を書くに当たり、小川隆夫さんのライナーを大いに参考にしています。<ブルー・ノート>唯一のコルトレーン作品は、面白い経緯から生まれている。55年マイルス・クインテット入りした

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。