mixiユーザー(id:4056483)

2020年07月11日15:21

2 view

ジョン・リー・フッカーの<インパルス>盤

●ジョン・リー・フッカー『イット・サーヴ・ユー・ライト・トゥ・サファー』<インパルス/オールデイズ>(65/20)

※本文を書くに当たり、永田鹿悟さんのライナーを大いに参考にしています。

ジャズ作品で有名な<インパルス>から唯一リリースされた作品。既に<キング><チェス><ヴィージェイ>などで数々の傑作を物してきたジョン・リーだけに、例えジャズ・レーベルとはいえ、確立された音世界が揺らぐような心配はない。プロデューサーのボブ・シールを始め、ベースのミルト・ヒントン、ドラムのパナマ・フランシス(ジャンプ・ブルースファンにはお馴染み)、トロンボーンのディッキー・ウェルズ、リズム・ギターのバリー・ガルブレイスらがブルース感覚に溢れたサポートに徹している。特に、ギターは要所要所で無駄のないフレーズを紡いで味がある。いわゆるブギ系の曲より、どろんとしたブルースの煮汁のような曲が多いが、それはそれでジョン・リーの実力を存分に発揮した一枚といえる。ジョン・リー・フッカーに外れなし!

/缶るベースワークとブギウギ・シャッフルを背景に、ドスの効いた歌声が響く。乗れずにおれない定番のサウンドだ。△魯ントリー・ブルース・タッチで、ジョン・リーもモノローグ的だがずぶずぶと引き込まれる。レイジーな感覚のから、い納禊灰謄鵐檗Ε▲奪廖ギター・リフが醸すグルーヴの中、コクが深く円やかなジョン・リーの歌声が映える。時に強烈なシャウト!イ眥衄崚イントロからいつもの世界へ。Δ痢屮妊灰譟璽轡腑鵝Ε妊ぁ廚箸論鏤犲圓諒茲魏屬脳る日の事だそう。それを知って聴くと一層しめやかな気分になる。本曲は、最愛の女性を偲ぶ内容。ここのガルブレイスのギターも良い味。Д丱譽奪函Ε好肇蹈鵐阿痢屮泪諭次廚癲▲献腑鵝Ε蝓捨ブギへと様変わり。┣里箸いΔ茲蠍譴蠅寮こΑディープなムードが溢れている。地を這うようなギターがまた何とも。のボーナス・トラックは64年英<プラネット>から出された曲。バックを務めるのは、ブルース・ロックバンドのグラウンドホッグス。ツボを押さえたギター・プレイを聴かせるトニー・"T.S."・マクフィーがリーダーで、アメリカのブルースマンの欧州ツアー時のバックも多数経験している。この2曲は本盤と雰囲気が違い、粋なバンド・ブルースの世界が展開されている。

Shake It Baby



Country Boy



Bottle Up & Go



You're Wrong



Sugar Mama



Decoration Day



Money



It Serves You Right To Suffer



Mai Lee




Don't Be Messing Around With My Bread


0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031