mixiユーザー(id:4056483)

2020年07月04日20:36

6 view

レコード棚を順番に聴いていく計画 Vol.59

[68枚目]●メアリー・J・ブライジ『グロウイング・ペインズ』<メイトリアーク/ゲフィン>(07)

※本文を書くに当たり、川口真紀さんのライナーを大いに参考にしています。

リミックス・アルバムを除き、ライブ盤を加えて数えると9枚目の作品となる。メアリーのインタビューを織り交ぜたライナーノーツには、本盤リリースの背景が述べられている。05年の前作『ザ・ブレイクスルー』やシングル「ビー・ウィザウト・ユー」が輝かしい記録を立て、グラミー賞はじめ各賞を受賞、それまでも十分活躍していたメアリーだが、正に"ブレイクスルー(躍進、現状突破)"な成果を収めた。その次作として"グロウイング・ペインズ(成長に伴う痛み)"とする所が、いかにもストイックな彼女らしい。音楽に対して頑固なまで真面目に取り組むのがメアリーらしさだと思う。真面目やらストイックやらといった言葉を使うと内省的に閉じこもるイメージに繋がりがちだが、基本的にオープンなのが彼女。楽しくリスナーに元気を与える姿勢が、パフォーマンスを含めメアリーには存在する。

オールド・ソウル・ファンの間では何と言っても『シェア・マイ・ワールド』とライブ盤『トゥアー』がよく話題に上る。後はせいぜい1stだろう。その後はロック寄りの感覚もあり、興味が薄れる人もいるかも知れないが、基本的にリズム感覚は変わらず、私なんぞはあまりロックがどうのこうのというのはさほど気にならない。と言いつつも、メアリーに限らずそもそも現代R&B諸作品から離れているのも事実である。17年の最新作も試聴したけどヘッドホンを早々と置いてしまった。たぶん、何回か聴けば気に入るとは思うが、他の買いたい物を優先してしまう昨今だ。

メアリーの作品で好きな部分は、優れたリズム感と徹底的に歌い切る歌唱の2点が大きい。本盤も久しぶりに聴き、メアリーならではの音世界を堪能出来た。ウィキペディアで各アルバムの全米売り上げを見てみると『ザ・ブレイクスルー』が310万枚なのに比べ、本盤は164万枚と数字は下がっているが、内容は決して落ちてはいないと思う。ボーナストラックを含め20曲、2枚組を聴いたかのような充実感はある。蛇足だが、アルバム的には『シェア・マイ・ワールド』が406万枚と最高。逆に本盤の次の『ストロンガー・ウィズ・イーチ・ティアー』からガクッと落ちている。CDの売り上げ全体が芳しくない面もあるだろうが、グロウイングよりペインズが先立つ結果となっている。彼女の姿勢自体は変わらないと思うが・・・。

全般的に曲間を繋ぎ、前述したリズム感覚がヴィヴィッドで最初から最後まで愉しませてくれる。タメの効いたリズムがメアリー・ワールドへ誘う △魯織ぅ潺鵐阿茲切り込むリュダクリスのラップを交え、メアリーもラップと歌唱の中間をたゆたう。後半、音が前に出てラップが裏に回る所も好きだ。1stシングルのは、ザ・ドリームも関わる抜群の乗りを持つ曲。サビの「ファイン、ファイン、ファイン、ファイン、ファイン、ファイン、ウー」の繰り返しが耳に残る。きキΝГ藩泙┐瓩龍覆続くが一定のグルーヴは保たれている。イ呂犬錣犬錣叛垢蠑紊り、メアリーの歌唱が一層愉しめる。アッシャーをフィーチャーしたГ詫遒礎紊い薪験。パーティー感のある┐蓮▲侫.譽襦ΕΕぅ螢▲爛考蹐(あの話題作発表の7年前)。リズムがよく組み合わされている。とかロックサウンド寄りかも知れないが、メアリーらしさが勝っている。は女性への応援歌。時々語りになるが、サウンドへの乗せ方は流石だ。ミリー・ジャクソンの域。しなやかで力強い歌唱を特に感じる曲。終盤につれ盛り上がる。完璧な人間なんていないわよ、というこれも応援歌。延々とシャウト。も後半に高まる。淡々とした阿搬海、オリジナルのラスト曲韻呂阿鵑肇好院璽襦Ε▲奪廖メアリー自身が自分の成長の証たる曲と自負している。沖魁はUKと日本盤のボーナストラック。瓦脇本のみのボートラ。欧蓮音楽センスの塊トッド・ラングレンの「ハロー・イッツ・ミー」のカバー。同じく音楽センスの塊メアリーは、サラッとながらソウルフルに仕上げている。海魯ぅ参加。声の交差が印象的。瓦蓮▲縫紂璽献礇奪・スイングのような跳ねるリズムが微妙に加わっている。更にメアリー2人が競っているかのようなヴォーカル・アレンジ。これがラスト曲でも十分成り立つ。

最後にプロデューサー情報を。´ぅ札蹈鵝Εーティス、▲妊献ン(Dejoin新人の抜擢)、Л鵜貝乾肇螢奪ー・スチュワート、キブライアン・マイケル・コックス、Ε▲鵐疋譟Ε魯螢后ヴァイダル・デイヴィス、┘優廛船紂璽鵐此↓ブルック・リン、スターゲイト、チャック・ハーモニー、エリック・ハドソン、哀汽ぅ┘鵐后↓殴沺璽・ロンソン、以上。トリッキー・スチュワートが特に光っている。

改めて聴くと、メアリーはやっぱり良いね。近作が3年前と言うのはやはり寂しい。また意欲作に挑んでほしいものだ。

※全然関係ないが、レコード棚を順番に辿っているこの企画、後1枚で、向かって左の端から右の端に到達する。取り出しやすいように2、3枚分空けているので端から端まで約70枚といった所。また気持ちを新たに徹底して取り組もうと思います。良かったら今後とも読んで下さい。

Work That



Grown Woman



Just Fine



Feel Like A Woman



Stay Down



Hurt Again



Shake Down



Til The Morning



Nowhere Fast



Roses



Fade Away



What Love Is



Work In Progress (Growing Pains)



Talk to Me



If You Love Me?



Smoke



Come To Me (PEACE)



Hello It's Me



Mirror



Sleep Walkin'



0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031