ホーム > mixiユーザー(id:4056483) > mixiユーザーの日記一覧 > シドニー・ベシェ 1938-1940

mixiユーザー(id:4056483)

2018年04月02日10:16

49 view

シドニー・ベシェ 1938-1940

ジャズの世界をよく知らない身としては、シドニー・ベシェの位置づけもうまく説明しきれないが、この時代のラテン音楽の影響は強く感じる。タイトルにメレンゲ、ルンバ、ヘイシャン・ミュージックと付記してあったり、アフリカン・ルーツのリズムが特長的だったり。クラリネットやソプラノ・サックスが醸す哀愁モードの裏で、トランス的な打楽器群の音。これを「セカンド・ライン」とは言わないだろうが、ニューオーリンズ音楽特有の乗りに繋がっているのは何となくだが感じる。リズミックな曲以外には、当然のブルースや運動会を思い出す行進曲もあり。初期にはテディ・バンやミード・ラックス・ルイスも絡んでいる。

Ja-Da (1938)




Really the Blues




Blues for Tommy




Sous Les Palmiers




Baba Rhumba




Marche Du Colonel Bogey




Indian Summer




ONE O'CLOCK JUMP




Sidney's Blues



0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する