mixiユーザー(id:40458)

2020年05月30日10:45

19 view

【中国マネー】で、世界は分断される?

異なる価値観や政治体制を持つ国が、世界経済へ進出してきたら「侵略」が見えてきた。紀元前から侵略を繰り返し、そういう歴史が「万里の長城」みたいなものを作らせたのだ。

■トランプ氏、WHO脱退を表明 香港優遇措置も見直しへ
(朝日新聞デジタル - 05月30日 06:57)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6101064

まぁ、WHOは氷山の一角で、ツイッターやら香港、
軍事行動、事実隠蔽や中国マネーによる侵略など
放置しておけない事案が山盛り。

アメリカ自体も「世界の工場」と化した中国に依存
している有様だ。

でもね、価値観も歴史も、政治体制も異なる国を信じて
取引したら、いつのまにか依存していた。しかも、
その資金を元手に、世界を相手にビジネスを展開してきたのだ。
(依存から抜け出せない仕組みを利用して)

これ「従うしかない」という、不平等な関係=体制
そのままのビジネスだ。

中国の行動は、この体制維持のために、あらゆる手段を
使っている。ということ。

借金を背負った国は、従わざるを得ない。ということは
WHO脱退によって、中国マネーが入ってくると、
WHOはさらに依存が深まることになる。

日本にも、中国マネーが入っていているし、実際に
資産の売却が行われている。また観光の依存も大きい。

敗戦した日本がアメリカの生産工場から脱出し、
その役割を中国に移管したのが誤りの元だったのかも
しれないが、民主主義でない国が資金を持つとこうなる。
という歴史を作ってしまったかな。

「日中友好」の裏には「依存させて従わせる」意味が
含まれていることを理解しておく必要がある。
しかし、資本主義はもう限界まで来ているかな。

さて、これから警戒しておくのは、各国必ず発行する
大量の「国債」かな。

2020年2月
国、米国債保有額、前月比(単位、10億ドル)
日本(Japan) 1268.3 , 56.6
中国(China, Mainland) 1092.3 , 13.7
英国(United Kingdom) 403.2 , 30.5

アメリカの国債を保有しているトップは日本だが
すぐ下に中国がいる。
新型コロナ対策で大きく変わるだろう。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年05月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31