ホーム > mixiユーザー(id:40224526) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:40224526)

日記一覧

妄想物語
2018年09月30日23:49

〜氷の上に立つように〜外堀さんは鉄兜の音桶さんはオレンジ雪達磨のポップコーン入れを妹姫からプレゼントされ(僕は二人とは違う青のドロイドにした)の格納場所へと夢の国の中を案内された夢の国は朝から夜まで現世界の人達(妹姫が有賀さんという名前で夢

続きを読む

さざえのつぼ焼き
2018年09月29日22:45

〜江ノ島〜殻と醤油と味醂が織りなす至高の風味身と肝の相対する絶妙な食感ビールとの究極の相性昨日までの疲れが波音と共に去りぬ

続きを読む

妄想物語
2018年09月29日00:58

〜氷の上に立つように〜番人《汐ゐ様 お友達の方が暴走気味のご様子ですが‥》夢の国の番人の一人が心配そうにというか本音は困ったというかとにかく僕に対応を委ねている風だ「あっ 心配していただいてすみません でも大丈夫です彼女はいたってフツゥーで

続きを読む

リマインド
2018年09月28日00:46

〜 2015/06/11/18:49 〜その日の18:00から19:00にかけての地上は天候   晴れ風向き  南南東から南南西最大風速  5.4m最高気温 23.7℃でその日の18:00から19:00にかけての空には巻き巻きになっていく面白い雲二つこんな雲は後にも先にもその日にしか

続きを読む

妄想物語
2018年09月26日00:27

〜氷の上に立つように〜何だかんだあって 僕達は今すぐ出発することにした出発と言っても先ずは夢の国に行かなければならないので夢の国の門番達(壁に窓と扉が付いて一つの門番なので 達 を除いて 門番 と呼んでもよさそうだけどあんだけ次々と喋られる

続きを読む

妄想物語
2018年09月24日14:22

〜氷の上に立つように〜久しぶりにこの教室に戻ってきた有賀さんは夢の国からの留学生そう言えは一学期は向こうに一旦戻るって言ってたけどこんなに早く戻ってきてくれるとは意外というかなんか嬉しい去年キーボードのお姉さんが小さな国に行ってしまってから

続きを読む

妄想物語
2018年09月23日10:42

〜氷の上にたつように〜段々と日が短くなってきた放課後の部活連中が練習を終えようとする頃僕達もなんとなく解散の雰囲気が漂うこのバンドにはルールとか規律というものはなくてふらっと集まってふわっと解散するたまに演奏に興じてしまうと先生にもう帰りな

続きを読む

妄想物語
2018年09月22日23:48

〜氷の上に立つように〜新学期が始まって夏休み明けの体にはしんどい六限目も終わって僕の教室にはいつもの様にやって来た音桶さんと外堀さんとそして相変わらずの仲良し女子グループが三つ仲良しさん達の一つは何が面白いのか《うけるぅー》と言いながら手を

続きを読む

猿島
2018年09月22日00:51

〜不思議のトンネル〜砲台跡 弾薬庫 兵舎 見晴台どれもみな跡地感が強かったけど総レンガ造りのトンネルだけは現役を感じたのは何故だろう

続きを読む

猿島
2018年09月21日00:42

〜東京海底谷〜戦艦が相模湾から東京湾に向かう為には千葉富津岬と神奈川観音崎の間の狭い海域を航行しなければならないこの辺りは東京海底谷で水深700m近くあるが富津木更津側は水深が浅いので大型船は座礁のリスクを避けるべく横須賀寄りの海底谷がせり上が

続きを読む

素敵な偶然
2018年09月19日23:51

〜夢の国の人気者〜《ヤア元気?最近チットモ来テクレナイネ 妹姫モ寂シガッテルヨ》ボーイソプラノの声が聴こえたような気がしたそう ほんとうに予期せぬ登場だった1、朝起きて一番に雨戸とカーテンを開けた2、昨夜シンクを洗ったついでにまな板を除菌して

続きを読む

海の要塞
2018年09月19日00:00

〜四つの要塞〜東京湾には四つの要塞があった富津側から横須賀に向けて海上を連なる第一海堡 第二海堡 第三海堡 猿島現在第三海堡は撤去されているけど相模湾から東京湾に敵戦艦が侵入するには浦賀水道航路から中ノ瀬航路を通らなければならないつまり両航路

続きを読む

旬の果物
2018年09月17日22:44

〜葡萄〜昨日は巨砲を一房食べたマイベストの食べ方は皮をひとつまみ剥いて親指と人差し指で思い切り摘まんで果肉を一気に吸い込むうーん甘さと酸味が口の中でワルツを踊っているそしてその余韻が残る中摘まんでいる皮を今一度ギュッと潰すうーん甘酸っぱい渋

続きを読む

妄想物語
2018年09月17日00:37

〜サプライズ準備〜『ねえ汐ゐさん 幕の後ろに隠した楽器 なんかの拍子に開いちゃって みんなに見られちゃう事ってないですか?』「ううん 大丈夫 あの幕は舞台じゃ開かないから平気舞台の壁みたいなもんだから それに学年主任の今村先生が文化祭の注意事項を

続きを読む

妄想物語
2018年09月15日18:37

〜秋雨の気配〜「女心と秋の空かぁ…」僕は窓の桟に両肘を着けてそこにサイズのわりには軽くかつ米麹系の脳みそが入っている頭を乗っけて中庭の向かいの校舎の屋根の上の空を見上げるうろこ雲かあ 明日は雨か うん? 小雨が降って来た秋の空って 読めないなあ

続きを読む

猿島
2018年09月14日23:56

〜煉瓦〜フランス積みは明治10年代兵舎や弾薬庫に使われているイギリス積みは明治20年代電気燈機関舎や水回り施設に使われているこの切り替えはいったい何故まるで戦艦の甲板前方から海原を眺めるような島の突端の台場跡でぼんやりと考える猿島の軍艦化と

続きを読む

猿島
2018年09月13日23:14

〜レンガ〜弾薬庫横通路の出入り口はフランス積み同じ列に長い面と短い面を交互に積んでいる一方風呂場かトイレか兵舎かは忘れたけど長い面のみ積んだ列と短い面のみ積んだ列が一段づつ重なったのがイギリス・オランダ積み耐久性や機能性を全く考慮しないで独

続きを読む

妄想物語
2018年09月13日00:21

〜LIFE IN THE FAST LANE 〜放課後の教室僕と音桶さんと外堀さんの三人でギターだけで出来る曲はないだろうかなんて話していた『やっぱり イーグルスなんて いいんじゃないっすか』外堀さんが珍しく主張した確かに彼女のギターならリフでも全く別の音を出して

続きを読む

猿島
2018年09月11日23:31

〜弾薬庫〜切通しの砲台塁道の側面(地中という事になる)に弾薬庫があるその内部には揚弾井という井戸みたいな筒状の竪穴が地上まで通っていて その地上には高角砲があるつまり高角砲砲座まで地上の弾薬庫から弾薬を横持ちするのはリスクが高いので 地中から

続きを読む

2018年09月10日22:34

〜朝に見る虹〜朝7時前に虹を見た夕方に見るものだと思っていたのでなんか得をした気分東から朝陽を浴びる霧状の雨雲秋雨前線の贈り物として素直に受け取ろうよく見ると7色なくて せいぜい4色でもうっすら控えめな虹もまた趣があるずっと身近にいたのにあ

続きを読む

妄想物語
2018年09月09日11:05

〜うんちく君〜セミの声がいつの間にか秋の虫に代わっている中庭の花壇からコオロギの声が二階の教室の窓を通りぬけて僕の耳まで届く僕はギターを抱えながらちっとも動く気配のない青い空に浮かんだ白い雲を見ている秋の放課後の教室には僕といつもの何となく

続きを読む

猿島〜番外編
2018年09月08日22:29

〜海軍系カレー〜港系ご当地バーガーがあるように横須賀にも海軍系カレーがあったミルクとサラダが付いているのは艦内食だから‥かな

続きを読む

モーゼの気分
2018年09月07日22:54

〜緑の双璧〜歩道が緑の壁の間に伸びているもともと覆い被さってはいないものの緑が左右に分かれてその間を進む様は神話の再現みたいで実に気分が良かった

続きを読む

猿島
2018年09月06日22:22

〜砲台塁道〜切通しの両側に煉瓦の壁風がなくても涼しさを感じる塁道の右手には兵舎や弾薬庫が埠頭の煉瓦倉庫の入り口の様に並ぶ高角砲や加農砲海軍所管であるが陸の軍事施設という事実に最初は違和感を覚えたけれど軍艦に装備された砲台の事を考えると猿島そ

続きを読む

〜あっと驚く〜牛乳グリーンサラダリンゴバームクーヘン充実の朝食の〆はコーヒーと黒胡麻プリンまずはコーヒーを一口そして気合を入れて黒胡麻プリンの上蓋をはがすと‥アラジンの魔法ランプよろしく《何か用か?》と超不良っぽいアンコウが現れたあまりに突

続きを読む

猿島〜番外編
2018年09月04日22:54

〜横須賀と言へば〜ハンバーガー圧倒的にパティが違う肉を感じるそしてビールも似合ううーんアメリカだな

続きを読む

猿島
2018年09月03日23:35

〜今昔〜東京湾の砦として幸いにもたったの一度しか実戦しなかった猿島その猿島の向こう横須賀方面にはバルチック艦隊と渡り合った戦艦三笠その横須賀方面から出航して並走しているのはヘリコプター搭載護衛艦いずもほぼ1世紀の今昔を同じ海域に見た

続きを読む

SW
2018年09月02日17:26

〜マニアックな楽しみ方〜午後6時から時間がポッカリと空いたこれは買い置きをしていたSWのDVDで復習するチャンス到来と20%引きのお刺身盛り合わせを買ってそそくさと家に帰りまだ劇場でしか観ていない『フォースの覚醒』を観る事にしたポップコーン

続きを読む

妄想物語
2018年09月01日15:17

〜気になる人〜右隣はゲームに夢中で肘が僕の脇腹にボタン操作をする度につんつんあたっていても全く気が付かない‥というか周囲への配慮のかけらも持ち合わせてない恐いもの知らずの若者左隣は男ばかり座って辛うじて開いた七人掛けの狭いたった一つのスペー

続きを読む