ホーム > mixiユーザー(id:40224526) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:40224526)

日記一覧

植物のひとり言
2015年07月30日23:07

〜 オサメユキ 〜『千と千尋の・・』に沢山出て来たやつ なんてぽつっと感想をもらした あなた着眼点は素晴らしいけどもっと ロマンチックな発想にしていただけないかしら例えば・・『ベージュの妖精』とか『魅惑のリーフ』とかねでもいいのあなたが感じ

続きを読む

ボクは問題ボーイ?
2015年07月29日23:16

〜 それは性(さが) 〜毎日同じクラスの女の子と一緒に帰る寄り道しながら雨蛙がいる紫陽花の坂誰も住んでいない廃墟雑木林の秘密基地二人はいつも笑顔ボクって問題ボーイ?・・・・・「あのぉー写真撮らせてもらえますか?」えっ?僕ですか?「はい ポラ

続きを読む

アルペンルート旅日記
2015年07月28日23:25

〜 宇奈月温泉へ 〜富山でまったりとした後電鉄富山駅から宇奈月温泉駅へ向かうには寺田駅での乗り換えが必要となる乗り換え待ち時間に立山連峰を眺めていると昨日からの奇跡の連続が思い出された昨日は長野側から立山連峰を横断して富山に出て今日は富山沿

続きを読む

〜 遠い記憶の中のシーン 〜こんもりとして少し暗い林の奥に焚火の様に明るい光の舞台この場面を目の当たりにした時ずっとずっと前の 自分の昔にタイムスリップしてしまった・・・景子ちゃんとボクは近所で 小学校の同じクラスで そして 二人とも学級委

続きを読む

〜 金魚すくい 〜地元開催の100%手作り盆踊り採算度外視の夜店は金魚にとって災難のひと言に尽きたようだ・・金魚達の会話・・《おいおい なんか今日の縁日ってやばそうな気がしねーか?》『うん やばいよ絶対 だって 浴衣着ておすまししたお嬢ちゃ

続きを読む

朝食
2015年07月24日23:19

〜 O型は好きな食べ物にとことん付き合う 〜発見してしまったフレンチトーストと蜂蜜バターの抜群のコンビネーション向こう一年間はこのコンビが続くと想う僕はO型

続きを読む

アルペンルート旅日記
2015年07月23日22:06

〜 富山港 〜富山運河辺りを散策した橋の上から運河を眺めたり人魚に挨拶したりそして白エビづくしの料理を食べたり富山には山と海の二つの魅力がある事に驚いたこんなにまったりしてしまうと東京に帰るのがいやになってしまう

続きを読む

植物のひとり言
2015年07月23日00:38

〜 和名はまだありません 〜日本じゃ名前がまだないくらい珍しいそうです因みに学名はPachypodium enigmatikum なんだか舌噛みそう・・・ていうか 読めないしそーだなあだ名でもいっから付けてもらえるかなぁえっ? なんですって

続きを読む

植物のひとり言
2015年07月21日22:30

〜 フタゴヤシ 〜あのねあんたが想像しているのと違うからねボクは フ タ ゴ ヤ シ双子の椰子みたいだからそう言われるのだからぁ違うんだってばボクは フ タ ゴ ヤ シ

続きを読む

アルペンルート旅日記
2015年07月20日22:23

〜 なかよし 〜「俺 テトラ」『おれ ポット』《僕 あっ あれぇー 名前なんだっけぇー?》「コンク でいいんじゃない?」『リート でいいんじゃない?』《そっ そっかぁ コンク・リートかぁ》「じゃあ 改めて 俺 テトラ」『おれ ポット』《ぼっ

続きを読む

アルペンルート旅日記
2015年07月19日22:28

〜 推測の域で満足 〜富山湾の海辺に出るまでの路地で気になってしまったもの道幅の大小に関わらず路のど真ん中に規則的に埋め込まれた金属すべて白いライン上に並んでいた歩行者と自転車の通行区分?違う 標識がないセンターラインで夜になると発光する?

続きを読む

アルペンルート旅日記
2015年07月18日23:48

〜 日本海 〜富山ライトレールの終点駅を降りる海は見えないけど頬に当たる風の重さと匂いで海が近い事が判る鵠沼にいた頃の懐かしい感覚直感で海の方に向かって歩き出した通りを渡って民家の路地に入ると海岸沿い特有の砂地の空き地や床屋平日の昼間という

続きを読む

アルペンルート旅日記
2015年07月18日00:04

〜 富山ライトレール 〜「3時間だけ富山を味わうなら富山ライトレールを終点まで乗って漁港の町並みを散策して雰囲気に浸って海鮮料理を食べるのはいかがですか」立山の駅長さんお勧めコースをなぞった富山日本海側の都市に降り立つのは初めてで旅番組で 

続きを読む

姫路城
2015年07月16日22:54

〜 鯱 〜何故お城の天守閣に魚なのか何故倒立しているのか何故二尾なのか見学中 説明とか解説を全然見なかったまっ いっかいつかきっとおーっと驚く理由を聞くまでおあずけも悪くない

続きを読む

〜 八つ橋ソフト 〜琵琶湖を眺めながらいただくハッカ味のソフト・・むむっ 溶けかかっている無理もない売店でソフトを買って30度を軽く超える大気の中を琵琶湖絶景ポイントまでソフトクリームとのコラボが撮りたくて50ⅿ近く小走りした結果だし

続きを読む

植物のひとり言
2015年07月15日00:48

〜 ユッカ ロストラータ 〜もう ボク楽しくって嬉しくてあれぇー!?あなたたちも!?よかった よかったみんな 幸せ

続きを読む

アルペンルート旅日記
2015年07月13日22:51

〜 富山地方鉄道 〜この空間をあえて似ている他の空間に例えるなら・・ホテルに早めにチェックインして夕食までに温泉に浸かって明るいうちの露天もいいもんだとひとり言をいってまだ汗が引かない内に冷たい水を一杯飲める浴場前のくつろぎスペースといった

続きを読む

〜 黒ゴマソフト 〜黒田官兵衛に因んだ黒ゴマソフトを姫路城を眺めながら食べるこの贅沢たまりません

続きを読む

2015年07月11日23:21

〜 姫路城 〜門部品一つひとつがとても大きいと感心していたらふっと隠れハートがある事に気がついた城とにかく美しい石垣『どうやって積んだのでしょうね?』「石垣を取り囲むように土のすべり台を造ったんじゃない・・

続きを読む

アルペンルート旅日記
2015年07月10日00:21

〜 富山地方鉄道 〜弥陀ヶ原から立山駅まで雲をぬけて山を一気に下った雲の下はずっと霧雨で立ち寄りを全部パスして立山駅に着いた予定では立山駅から宇奈月温泉駅まで行く予定だったけど3時間ほど時間に余裕が出来たとなると日本海に触れてみたくなってホ

続きを読む

植物のひとり言
2015年07月08日23:23

〜 仏手柑(ぶっしゅかん) 〜わたし こう見えても インド出身柑橘系女子ですの繊細な感情表現は得意なんで・・・からかわないでください!えっ!?一緒に表現してみたかったんですか?ごめんなさいなかなかいい線いってますそうですよねやっぱりお隣の国

続きを読む

ウルトラ植物のひとり言
2015年07月08日00:16

〜 石化セキネオ 〜えーと 右足をぴーんと伸ばしてそんでもって 左手で体支えてしっぽは くるりんぱ君 何者? だって?おれ ウルトラ植物いま ヨガやってんのおもしろいよ〜あんたもやってみたら?・・・・・って聴こえた

続きを読む

アルペンルート旅日記
2015年07月06日23:58

〜 立山ケーブルカー 〜あんなに重たい車両をあんなに長い距離をこのたった2本のケ−ブルで引っ張るなんておー びっくり

続きを読む

垣根
2015年07月05日22:59

〜 Distance 〜壁は 絶対的なハードル垣根は曖昧な境界壁は乗り越えるか壊してしまわなければ向こう側に行けない冷たい物垣根は時には その存在さえ気がつかないし目に映らないでも阿吽の呼吸で便宜上のものとして創られる時もある

続きを読む

アルペンルート旅日記
2015年07月05日00:04

〜 ほんのちょっとの間の出来事 〜《遠くにいっちゃだめだよ》『えっ!? どうして? こんなにいいお天気なのに』《だって 雲の匂いが いっぱいしてきたもん》『雪の匂いって 何かしら?』《雪の女神様のドレスの匂いだよ》『あなたは 雪の女神様のお

続きを読む

アルペンルート旅日記
2015年07月03日23:04

〜 白と青と紺 〜僕は間違いなく雲の上にいる大気があまりに澄んでいて遠近感が壊れた近くの山が手を伸ばせば触れそう雪原の奥行きがわからないずっと奥に見える雲海にゆっくりと滝の様に流れているみたいだ空が青ではなく紺色に見える空も手を伸ばせば触れ

続きを読む

アルペンルート旅日記
2015年07月02日23:44

〜 「青空」 〜30分前の濃霧がうそのように消えて宇宙までつきぬけそうな青空が現れた立山の頂上近くの室堂から美女平までの道は雲海の上から下につきぬける道朝一番に雲海をつきぬけて登って来たバスにおはよう そして さようならこの幻想的な景色に入り

続きを読む

気がつけば空
2015年07月02日00:09

〜 ロールな雲 〜僕が地上であくせくじたばたもんもんとしている時初夏の空では結構 素敵なドラマが展開している元の姿は見てはいないけど平べたかったであろう雲が音は聴こえないけどびゅーっと 強い風に煽られてくるくる巻になっていた側らの小さい雲な

続きを読む