mixiユーザー(id:40172398)

2021年03月31日04:25

7 view

花の咲く時期の異なるわけ

近所にシャクナゲの花が濃いピンク色で咲き乱れ、今の季節どうしても桜の花に目が行くが、そのわきで垣根のところにシャクナゲが咲いている。長年生き残るために花は色や咲く時期を決めてきた。今までの積み重ねでこの時期が選ばれたのであろう。だから、満開の桜のわきに咲くシャクナゲも堂々と存在を主張している。特に今の時期は鼻の色の美しさを強く感じる。桜は観賞用の意味もあって並木に咲いているが、花壇や公園に咲いている花もきっちりと自己を主張している。本当に自然とはすごいもので己もその一部に過ぎない。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する