mixiユーザー(id:39992386)

2021年04月18日00:37

38 view

どうしようもない社会的弱者

■先生に押しつけられた「思いやり」 障害がある同級生との秘密 「気が利かない」と怒られても貫いた反抗
(ウィズニュース - 04月17日 07:00)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=220&from=diary&id=6486977

その同級生のサポートを強制した教師は「哀れな人を助けてあげてる教師の鑑」と自己満足にふけってるダケなんだよね。
この手の「善意の押し売り」ってのが一番始末に負えないんだよ。

昔から「恵まれない人に愛の手を」とかなんて言われてるけど、そんな事をわざわざ言う事に抵抗を感じるのはオイラだけだろうか?

この例だと「障がい者は哀れな人」って言ってるようなモノで、障がい者は子供にさえ情けをかけてもらわなきゃ生きれない、どうしようもない社会的弱者だって言ってのと同じだって。

こんな押しつけがましい教育が「障がい者は社会の邪魔者だ」って認識を植え付けてしまうんであって、19人の入所者が殺された「やまゆり園」の事件も、その延長線上にあるんじゃないかって気がするよ。


1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 11:11
    この記事はとても共感しました。 表面的に動くことが善と思い込んでる先生は心の芯がわかってないんですね。
    一人で複数の子供を相手にしていて安易な方に行っちゃったのかなと思います。
    困った本人が声をかけられればいいし、周りも独りよがりの気遣いのお仕着せはしない、など、これも人間力かなとつくづく感じました。 ただ同じ状況でさっと動けて人助け?できちゃう人がいるとボーっとしてる自分が気が利かないみたいで気まずい気持ちになっちゃうのよね、、こういうのがちょっと困る。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 22:33
    > mixiユーザー 
    可哀想な人と思って情けをかけた人が、実際は可哀想じゃなかったとなると、自分の浅はかさが露呈してしまうから、是が非でも「哀れな人」に仕立て上げようとするんだよね。

    結局、可哀想な人は可哀想なままでいて欲しいっていう裏の心理があるんだよ。
    「障がい者の人は大変なんだから、助けてあげなきゃ」って言いながら心の中じゃ密かに優越感に浸ってるんじゃないかって思いますよ。

    サポートすれば「大きなお世話」になるし、しなけりゃしなかったで「無関心な人間」と言われるんだから、難しい問題ですよ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する