ホーム > mixiユーザー(id:39891) > mixiユーザーの日記一覧 > ■天国なんて あるのかな…

mixiユーザー(id:39891)

2014年01月21日02:19

151 view

■天国なんて あるのかな…

★僕のマイミクさんが、

「天国を否定することは、
 弱い立場の人間の心を理解できない、
 強い立場の人間の横暴(?)なのではないでしょうか…?もうやだ〜(悲しい顔)

といった内容の日記を書いておられました。



その日記につけるためにコメントを書いていたのですが、
ボリュームが膨らみすぎてしまったので、

「自分の日記」としてアップすることしました(笑)



自分は、「天国は無い」という立場から、
今回の日記を書いております。

が、だからといってこの日記は、
そのマイミクさんの考えが浅い などといった、
思想否定のそれでは決して無いことを、ご理解いただきたいです。



今回も長文ですが、
皆さんの「生きている意味」の、
ヒントになってくれれば幸いですウインク




------------------------------------------------------

> (天国を信じることは) 愛する人が、死ぬことで、
> この世の苦しみから解放されて安らかにあってほしい
> 祈りだと思うのです。


僕は、「今 生きているもの」だけが、
『この世に影響を与えられる存在』 だと思っています。


仮に本当に「天国」という場があって、
そこで永遠の存在である自分を約束されたとしても、

そこにいる者たちは、
決して 『この現実に影響を与えることはできない』
のではないでしょうか?冷や汗



自分に意識があるのに、
決して現実に関わることができず、
ただ「安息」だけが供給されるなんて、

あまりに恐ろしい「牢獄」です。


そんな場が本当にあったとしたら、
僕はそこを 『地獄』 と呼ぶでしょう…もうやだ〜(悲しい顔)



------------------------------------------------------

> 宗教にしろ、天国にしろ、魂にしろ
> 弱い愚かな人間が作った想像と
> 強い、賢いと自負する人間が論破していますが
> それはおごりだと思います。


宗教とは、もともと、

「死を正しく認識し、それに対する覚悟を養い、
 相対的に「生」に対する感謝を発生させる、
 生活の知恵の結晶」 であったと思います。


それが、一部の人間によって、
商売や政治に利用しやすくするよう、
「過激化・物語化」した結果、

「天国・地獄」などの概念が
「付随」されてきたのだと思っています考えてる顔

(たとえば、純粋な仏教には、天国・地獄はありません。
 命はただ輪廻するだけで、そこには良し悪しは無いのです)



現代になって「天国」が論破されつつあるのは、
「賢い人間が、弱者をあざ笑うためにしている」のではなく、

『かつてズル賢い人間が、
 弱者を食い物にするために作り上げた「商売部分」』 について、

『本当に真剣に「本来の宗教」を追及している人々が、
「見逃せない矛盾」として指摘している』 結果だと思うのですが…

どうでしょう?ウインク



------------------------------------------------------

> 本当の賢く、強い人は
> 弱い人たちが、大事にしているものを
> ばかにしたり、壊そうとしないものですしね。


でも、それはあくまで、
『彼らがいつか、それが単なる現実逃避であったと自覚・成長して、
 そこから自立することを期待しているから』 だと思います。


現代の日本社会のように、
「現実逃避をしている輩たち」が、

『天国は絶対にある!』
『天国を信じれない奴は、心が貧しい、かわいそうな人wwwwwww』

などと浮かれあがって、

逆に「現実に根をおろして地道に生きている人たち」を小バカにして、
『自己正当化に明け暮れている』ような、
本来の立場が逆転している異常社会では…


「天国は無い」という当たり前の情報は、

もっとシッカリ、
世の中に浸透させていくべきだと思っています考えてる顔



------------------------------------------------------




★僕は、この6年ほどで、
5人ほどの家族と、
10年来の家族であった白猫を含めた 4匹の猫たち猫を失っています。


それでも僕は、
「天国がある」などとは微塵も考えません考えてる顔


彼らが生きていた頃に残してくれた、
楽しい思い出、悲しい思い出、不愉快な思い出を、
美化せず、少しでも正確に記憶し続け、

彼らが僕に教えてくれたことを、
さまざまな形で世の中に発信・記録しているかぎり、
彼らの「心」は僕の中で生き続けますし…


彼らが火葬されて土に戻っている以上、

その「分子的存在」は、この世界に、
どんなに薄まっても、たしかに存在しているのですからウインク



★道端に咲く花の中に…

今日食べた食事の中に…

散歩に出て見上げた青空の空気の中に…


もしかしたら、
「かつて彼らだった分子の 1つ」が、
小さく小さくまじっているかもしれない…


そう考えるだけで自分は、
なんともいえず、
「この世」がいとおしく見えてしかたがないのですウインク



彼らがいるのは、「天国」ではありません。

『この現実世界』 です。

その事実が、僕の「明日への気力」を後押ししてくれるのです。



僕は決して、強い人間ではありません。

ただ、「本当のことに向き合いたいだけ」 の人間なのですウインク


【終わり】
10 18

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年01月21日 09:22
    わざわざ、どうもすみません。
    ありがとうございます^ ^

    最終的に、互いが何を信じているかになってしまうかもしれないので私の立場を完結に補足しますね。

    カトリックはどうなのか、はっきりは理解しきれていないのですが、私は以下のように理解しています。

    信徒は、あくまで地上を旅するものです。
    天国というと誤解があったかもしれませんが、天国は地上の生活を楽して続けるものではなく、永遠と一体になるところと私は理解しています。

    そういう意味では、人間の想像を越えたものです。

    確かに、宗教を政治利用する上で、誰が天国に行けるか、地獄に落ちるかは欠かせないものでした。
    しかし、誰が天国に行くか、天国とは何かは、神しか知らないと私は考えています。

    超越者、物資を越えた何かを信じることは、カルト化、政治利用の危険は常に孕みます。

    ただ、神学的議論になるところではありますが、今まさに地上を慈しむところに永遠があり、死の先、人間を越えたところに永遠があり、その為に今を大切にすることが大事と思っています。

    なんだが言葉にしづらいことで、私の説明も悪くてすみません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年01月21日 11:10
    天国もなければ地獄もない。
    お化け、幽霊もいない。
    神様も精霊もいない。
    天使も悪魔もいない。
    宇宙人もUFOもいない。

    これらワタクシの本音です(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年01月21日 12:45
    ■ 青い蝶さん

    > 最終的に、互いが何を信じているかに
    > なってしまうかもしれないので 〜

    > 今まさに地上を慈しむところに永遠があり、
    > 死の先、人間を越えたところに永遠があり、
    > その為に今を大切にすることが大事と思っています。


    ★正直、この日記をアップした後も、

    「思想批判ではないつもりだけど、
     そう取られても仕方ないところもあるよな…

     引用部分を削除してお詫びするべきだろうか?もうやだ〜(悲しい顔)

    と、何度も悩んでおりました。


    冷静なお返事をいただけて、
    ひとまず、ホッとしておりますあせあせ(飛び散る汗)



    ★「天国」という言葉は、
    「良い行いをした者だけが、永遠の幸せを約束される場所」
    と一般的には解釈されていますが、

    仏教では、
    (正確には、仏教を学ぶ前の僕も、同じ考えでしたが)

    『そもそも、われわれ人間ごときに、
     この宇宙の善悪など計りようが無い』
    という視点で物事を見るため、

    生物は死後、
    ただ「お浄土」と呼ばれる場に還っていくだけ…
    と考えられております。

    (「お浄土」と呼ぶと、なにか別の「場」のように聞こえますが、
     これは、命を終えて、意識がなくなったものとっての世界で、
     実のところ、ただの「この現実の宇宙のこと」と解釈しています)


    一部のキリスト教信者には、
    『良いことをして、天国に行くことだけが人生の目的だ考えてる顔
    といった、宗教そのものに関する根深い勘違いがあるのですが、

    青い蝶さんの今回のコメントを拝見し、
    「誰が天国に行くか、天国とは何かは、
     神しか知らないと私は考えています」 という一文にふれたことで、

    「もしかしたら、細菌の青い蝶さんは、
     死後についてなにか思い違いをされているのでは…?」
    と、わずかに湧きつつあった懸念が晴れ、

    取りこし苦労であったことに、これもホッといたしました。



    「生死」の概念を、あやまたず語ることは、
    本当に難しいことだと改めて思い知らされました冷や汗

    コメント、本当にありがとうございました。<(_ _)>
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年01月21日 13:01
    ■ さんよう(´・ω・`)さん

    > 天国もなければ地獄もない。
    > お化け、幽霊もいない。
    > 神様も精霊もいない。
    > 天使も悪魔もいない。
    > 宇宙人もUFOもいない。


    ★僕は、「神さま」というものは、
    この宇宙の理(ことわり)を、
    人間が感覚的につかみやすくするために、

    「便宜上 人格化したキャラクタ」だと思っていますウインク


    自分の大切にしている道具に名前をつけることで、
    愛着や親近感がわくのと同じですね。



    ★ただ、宗教をしている者の一部には、

    「この宇宙には「神」という生物が住んでいて、
     良いことをすれば、その神からさまざまな恩恵をもらえるのだ目がハートハート達(複数ハート)

    みたいな勘違いを起こしている者も、残念ながらいるのです。



    この宇宙を創造するような「絶対的な生物」が、
    どうして「われわれ人間と同じ思考をする」と思えるのか…??

    彼らは、そうした根本的な「自分の思い上がり」にすら
    気づけていないんですよねむふっ



    ★ちなみに自分は、「〜もいない」の列挙の中で唯一、
    『宇宙人』だけは「いる」と思っていますウインク

    この宇宙に存在する恒星の数からしても、
    「確率的に十分にありえる」ことだからです。


    ただし、脳の悪い UFOマニアたちが言っているような、

    『実は地球は、すでに影で宇宙人に操られているぷっくっくな顔』 だの、

    『それに気づいた「選ばれし民」だけが、
     この宇宙の秩序をつかさどる存在に永遠に愛されるウッシッシ』 みたいな、

    「社会不適応者の自己正当化オナニー」で語られている宇宙人は、
    (そもそもそんなもの 宇宙人でもなんでもないですよね)

    「100%、実際には存在しない」と断言しますむふっ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年01月21日 14:20
    宇宙に何らかの生物がいると信じてますが、人みたいなタイプとは限りませんね。

    太陽系の中では、木星や土星の衛星に生物がいるかもしれませんが、太陽系内でさえ、その証拠を探すのは困難です。
    太陽系外の宇宙ではもっと桁違いに困難ですね。

    ワタクシ専門家でも何でもないので、単なる個人の意見ですが、宇宙の生命を発見したり、遭遇したりすることは、絶対不可能なんじゃないかと。人間の科学技術も限界があるんじゃないでしょうか。

    あと蛇足ですが、勝利の女神だけはいると思います(笑)。ジャイアンツと同じくらい伝統と歴史のある某球団が、長い歴史の中で日本一がたったの1回。リーグ優勝もたまにしかしない。CSでことごとく負けるのは、何らかの理由で(笑)、勝利の女神にとことん愛想つかされてる証拠ではないかと。非科学的ですが、これだけは信じていますウッシッシ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年01月21日 22:00
    ■ さんよう(´・ω・`)さん

    > 宇宙に何らかの生物がいると信じてますが、
    > 人みたいなタイプとは限りませんね。

    はい、もちろんですウインク

    さんよう(´・ω・`)さんのコメントに
    「宇宙人」と書かれていたので、それをそのまま使用しましたが、
    普段は「地球外生命体」という書き方をすることが多いです。


    われわれが「人間」の形をしているのは、
    この地球という環境上では、
    今の形状が比較的「適していたから」であって、

    別の惑星にいる生命体は、
    また我々とは違った、
    「その惑星に適した姿」をしていることでしょう…ウインク



    > 宇宙の生命を発見したり、遭遇したりすることは、
    > 絶対不可能なんじゃないかと。
    > 人間の科学技術も限界があるんじゃないでしょうか。

    われわれが見つけられなくても、
    「相手」が見つけてくれる場合もありますよ?ウインク


    また、人間の科学技術には、
    事実上、限界は無いと思っています。

    わずか100年のスパンで見ても、
    人間の生活は科学によって非常な進歩を遂げていますし、

    新しい発明は、新しい発想へとつながり、
    進歩を相乗的に加速させます。


    大切なのは、
    「人間の科学技術も限界がある」という逃避(言い方は悪いですが)に、
    自分を置いてしまわないことではないでしょうか?

    それを超えるために、
    「われわれの努力と進化」はあるのですから…ウインク



    > ジャイアンツと同じくらい伝統と歴史のある某球団が 〜
    > 勝利の女神にとことん愛想つかされてる証拠ではないかと。

    ツメの甘い人間にほほえんでくれるほど、
    女神はお人好しではない… という事なのでしょうねむふっ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年09月27日 04:05
    随分前の日記になるようですが書き込みさせて頂きます。天国も地獄もないと思われてるみたいですね。例えば、自殺をしたら地獄に堕ちると聞きます。もしこの世で自殺をした場合、その人の人間の魂はどうなると思いますか?この世で殺人などを犯した人などもそうですが、その人達は地獄には行かないのでしょうか。もし地獄がないのであれば、自殺をした人は死んでも、この世で嫌な事から逃げて死んで楽になったという事だけになるのではないでしょうか冷や汗
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年09月27日 08:18
    ■ あんさん(1/3)

    > 天国も地獄もないと思われてるみたいですね。

    これは僕が 「個人的に思っている」 のではなく、

    一般的な宗教では基本的に
    「死後の世界」 というものを明確には定義していないのですウインク


    「良いことをしたら、死後 優遇されて(天国など)、
     悪いことをしたら、死後 ヒドい目に遭う(地獄など)」

    というのは、
    『政治的な意味合いで後付けされたもの』 です。


    「国家にとっての善悪」(都合の良し悪し) を
    民衆に植えつけて、扱いやすくするため…

    というのが、その理由ですボケーっとした顔



    > もし地獄がないのであれば、自殺をした人は死んでも、
    > この世で嫌な事から逃げて死んで楽になった
    > という事だけになるのではないでしょうか


    ★日本では、この、
    「死んで楽になる」 というおかしな概念が
    広まってしまっているために、

    なにか、
    『自殺した者にバツを与えるために、地獄があってほしい』
    と願っている人が多いようで…冷や汗

    それが、ありもしない「天国・地獄」を信仰する
    もとになってしまっているように感じますね…

    (続く)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年09月27日 08:18
    ■ あんさん(2/3)


    ★まず、先にも言いましたが、

    『 地 獄 な ど は あ り ま せ ん 』。



    また、「死んで楽になる」 という考え方は、
    そもそも 生物としておかしい です。

    なぜなら、われわれ生物(DNA)は、
    「自分か、自分のDNAを、恒久的に存続させるためのあらゆる行為」
    を、最大の幸福と感じるものだからです。


    『自分で自分のDNA活動を停止させる(自殺)』 なんて、
    ある意味、最大クラスの不幸なのですが、

    それでも、「死んだら楽に…」 と考える日本人が
    現実にこれだけ多いという事は、


    今の日本が、実はどれほど不幸な国か…

    「生きる意味」 をちゃんと教育していない(無宗教な)国か…

    という証拠であるように思えて、
    暗い気持ちにさせられますもうやだ〜(悲しい顔)

    (続く)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年09月27日 08:20
    ■ あんさん(3/3)


    ★もし、あんさんが、
    自殺をした人を、心の底で羨ましく感じて、

    「勝手に死んだ人は、罰せられるべきだ…ボケーっとした顔
    と思っているのであれば、

    それは、あんさんの心が
    (生物として)ちょっと疲れた状態に
    陥ってしまっている可能性があります。


    ご自身で、なにかうまい、日々のストレス解消法を
    見つけるようにすることをお勧めします。



    ★「自殺をした人」 を罰する必要などありません。


    「自殺をした人」は、
    『今後、二度と手に入らない 「生きる」 という権利』 を、
    自ら捨てたわけで…


    いわば、『自らを罰した』 人だからです考えてる顔


    コメント、ありがとうございましたウインク
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年09月27日 14:28
    そうなんですか。自殺をしたら楽になる という言い方は違ったかもしれませんが、私としてこの世で自殺以外でも犯罪犯して、それが警察に見付からずこの世で悠々自適に過ごして来た人が死んでも地獄がなかったら何も罰せられないのかと不満な気持ちになります。神様は見てなかったのか。神様すらも居ないのか。なんて考えますね。

    生まれ変わりもないと考えますか?これは宗教が言ってたのとは違いますが、良い行いを沢山して死んでいった人は今度生まれ変わった時は良い環境で生まれ育つ、逆に悪い行いを沢山して死んで行った人は今度生まれ変わったら困難がいっぱい待ち受けてる。これもないのでしょうかね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年09月28日 00:23
    ■ あんさん(1/3)

    > 私としてこの世で自殺以外でも 〜
    > 何も罰せられないのかと不満な気持ちになります。


    ★まさに、あんさんがおっしゃられている
    その 「不条理への怒り」 を利用して、

    自分たちの宗教の信者に取りこみやすくするために、
    「天国」 「地獄」 という概念をエサにして、
    信者をかき集めているのが、カルト宗教なんですよね…考えてる顔


    でも、本物の宗教は、こう語ります。

    『死んだら、あなたは終わります』 と。



    ★だからこそ我々は、

    一度しかない人生を、
    『可能な限り 悔いの無いよう』 生きなければ、

    あまりに もったいないのです考えてる顔


    自分が 「これは、この世に存在してはならない悪だ」
    と感じたものに対しては、

    自分が生きているうちに、それを排除するか、
    将来排除するための知識を、
    子供たちに残していかなければならないのです。


    でないと、

    『人間という存在に産まれることができた、
     凄まじく確率の低い、得がたい幸運』 をまったく活かせないまま、
    この世から消えていくことになるでしょう…もうやだ〜(悲しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年09月28日 00:25
    ■ あんさん(2/3)

    > 生まれ変わりもないと考えますか?


    ★ありません。

    仏教などで言う 「輪廻」 とは、
    単に 『物質の循環のようなもの』 なのです。


    たとえば、あんさんが亡くなられて火葬され、
    その灰が、埋められたり まかれたりするとします。

    これによって、あんさんを構成していた分子たちが
    世界中に散らばって、

    あるいは石の一部に、
    あるいは花の一部に、

    あるいは何かの動物(人間を含む)の
    一部になるかもしれません。


    でも、それは 「一部」 であって、
    『あんさん そのもの』 ではありませんよね?



    ★また、「良いことをすれば、また人間に…」 と
    言っている人がいますが、

    そもそも、『良いこと』 とは、なんでしょう?冷や汗


    ある人にとっての利益が、
    別のある人(あるいは他の生物)にとっては
    不利益になることが多々あるのが、この世界です。

    『絶対的な善悪など定義されておらず、
     そもそもちっぽけな人間には、
     それを見極めることすらできない』…

    というのが、「本当の宗教」 の概念なのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年09月28日 00:26
    ■ あんさん(3/3)


    ★逆にカルト宗教は、

    『自分たちに都合のよいことを、良い行い』 と定めることで、
    信者たちを都合よくあやつります。


    「本部に献金すればするほど、
     あなたの得が上がって、
     天国に行ったり、また人間に生まれ変わったりできますよ〜www」

    といった口先のウソだけで、

    信者たちが疑いもせず お金を持ってきてくれるのだから、
    カルト本部としては笑いが止まらないでしょうね…むふっ



    ★「生まれ変わりなど無い」 からこそ、

    1つしかない自分の命を最大限に使って、

    この世の中を 「自分の本当に望む姿」 に1歩でも近づけ、

    その知識と技術を次の世代に託して、
    満足して死んでいく…


    それこそが、『最高の人生』 であり、

    『知識や技術に姿を変えた、永遠の命』 だと、

    僕は思うのですが、どうでしょう?ウインク
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年09月28日 17:04
    なるほど。じゃあこの世で過ちを犯してしまっても刑務所に入らなくて済んだ場合、あの世でも罰せられないなら悪い過ちも犯しても自分としてはいいし、善い行いをしてもあの世で極楽世界?っていうのかな。そういう所にいけないならこの世で善い行いをしなくてもいいですねウッシッシまぁ私は悪い事はしようとは思いませんが顔(口笛)

    >そもそも『良いこと』とは、なんでしょう?冷や汗
    良いことというか、善い行いでしょうかね。人助けしたりとか…。

    何か芸能人の三輪明宏さんは天草四郎の生まれ変わりだと言われていて、あの有名な木村藤子さんも言ってますが、それも嘘だったんですねむふっ木村藤子さんは霊能者で透視して人の過去とか色んな事を言い当ててますが、私はあの人の人間性が嫌いです。会ったことあるので。

    ふきさんが言っている、…『知識や技術に姿を変えた、永遠の命』だと思うが、どうでしょう?とありますが、私は聞いてて向上心が芽生えます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年09月29日 02:13
    ■ あんさん(1/3)

    > 悪い過ちも犯しても自分としてはいいし 〜
    > この世で善い行いをしなくてもいいですね


    それは、その人の自由ですウインク


    個人の欲望にまかせて、
    周りにさんざん迷惑をかけた挙句、

    『誰からも必要とされず、記憶もされず、
     死んだらサッサと忘れ去られる』 のも、


    今の世の中はもちろん、
    後の子孫たちにも多大な進歩を与える知識や技術を残して、

    『たとえ 我が身が無くなっても、
     その知識や技術を通して、半永久的に世界中の人たちから、
     愛され、尊敬され続ける』 のも、

    それは、その人の自由ですむふっ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年09月29日 02:15
    ■ あんさん(2/3)

    > 何か芸能人の三輪明宏さんは
    > 天草四郎の生まれ変わりだと言われていて、
    > あの有名な木村藤子さんも言ってますが、それも嘘だったんですね


    その通りですむふっ

    「過去の有名人の生まれ変わり」 を自称する人なんて、
    この世にあふれていますから…



    たとえば、『徳川家康の生まれ変わり』 だと、
    自分で思い込んでいたり、
    前世占い(笑)で言われた人など、

    今この瞬間に 『1万人近く』 いるのではないでしょうか?ウインク


    徳川家康の 「心(たましい)」って、
    いつのまにそんなに増えたのでしょうね?むふっ

    アメーバじゃあるまいし…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年09月29日 02:16
    ■ あんさん(3/3)

    > 『知識や技術に姿を変えた、永遠の命』 〜
    > 私は聞いてて向上心が芽生えます。


    そう言っていただけると うれしいですウインク


    宗教が 「来世など無い」 と言っているのは、
    「だから生きているのなんてムダですよwww」
    という意味ではありません。


    「死」 の正体を知るからこそ、

    「生」 の本質が分かる…



    『今、人間として生きれている この瞬間を、
     二度と手に入らない、かけがえの無いものだと自覚し、
     最後まで大切に使っていきましょう!』

    という願いが、そこにはあるのだと思いますウインク

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2014年01月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031