ホーム > mixiユーザー(id:3986894) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:3986894)

日記一覧

_屬咾蕕ひとつずつ散る伝香寺の「散り椿」、別名「武士椿(モノノフツバキ)」紅・白・桃・絞り・大絞り等に咲きわける白毫寺の「五色椿」お水取り用の造花椿作り中、誤って朱い紙に糊をこぼしたやうに見える開山堂の「糊こぼし椿」以上が奈良の三名椿

続きを読む

日本で良く見る観葉植物にホンコンカポックといふ木があります。ところが、これは誤用でこの木の正しい名称はシェフレラ(ウコギ科)です。全く別種のカポックノキ(パンヤ科)と混同し輸入の際、間違ってついた名前たさうです。カポックノキとの共通点は葉っぱ

続きを読む

ツバキ エガオ(笑顔)
2017年02月26日08:36

エガオは、< 濃桃色 ときに白斑入り 八重蓮華咲き 筒しべ 中〜大輪 >蓮華咲とは、花弁と 花弁の間が透いており、また花弁が 樋状に中折れして、ゆるく反る咲き方です。筒しべは文字通り蕊が筒状になるものを指します。花期がとても長く、11月頃から4月

続きを読む

霜柱(しもばしら)
2017年02月25日06:20

緑地帯で久し振りに、本当に久しぶりに霜柱を見つけました。昔は、寒い日に霜柱を見るのは普通でしたが、このところちっとも見かけませんでした。かって見たとてもきれいな霜柱は一体どこに行ったのでせうか。『霜柱とは、氷点下になると地中の水分が毛細管現

続きを読む

緑地帯の藪椿
2017年02月24日06:50

椿は日本・中国を含む東アジアから東南アジア、ヒマラヤにかけて分布します。サザンカやチャノキも仲間であり、およそ250種が知られれてゐるさうです。日本の椿の代表は、ヤブツバキ、 ユキツバキバキ、ワビスケです。ヤブツバキがすべての原種で、ユキツバキ

続きを読む

歩道脇の植栽
2017年02月23日06:30

緑地帯と住宅街の境に高野台2丁目、3丁目、5丁目を取り囲むやうに道路があります。その歩道脇の道路植栽が以前はアベリア、和名はハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)でした。昨年、秋ごろから植え替えが始まり、ほぼ半年で3Km近く、すべての植え付が終わりま

続きを読む

モミジバフウの実
2017年02月22日06:51

緑地帯の高木の枝に小さな実が沢山残ってゐます。紅葉のとてもきれいなモミジバフウ(紅葉葉楓)の実です。名に「楓」とつきますが、カエデではありません。カエデはムクロジ目−ムクロジ科−カエデ属、フウはユキノシタ目−フウ科−フウ属です。更にフウ属は

続きを読む

高町池の住民
2017年02月21日06:25

高町池にはアヒル(家鴨)と羽を怪我して飛べないマガモ(真鴨)が2羽で住んでゐます。アヒルは三羽ゐたのですが、蛇にやられ、猫にやられで、1羽になってしまひました。近くの人たちがを買ってきて放したもので、今のアヒルも実は3代目ぐらいです。アヒルと

続きを読む

エラチオール・ベゴニア
2017年02月20日07:37

昨日は妻の誕生日でした。普段は何もしませんが、誕生日だけは花を贈ることにしてゐます。だいたいはオレンジ系の薔薇にしてゐました。今回は、オレンジ色のリーガス・ベコニアにしました。リーガス・ベコニアはドイツのオットー・リーガーが育成した品種群の

続きを読む

アセビ(馬酔木)
2017年02月19日05:58

緑地帯のアセビが一樹のみ花を咲かせてゐるのを見つけました。スズランに似た5mm程度の花がいくつも垂れるやうに咲きます。ツツジの仲間であるアセビは、ツツジ同様前年の夏には花芽をつくります。7月には花序が伸び始め、9月になると花を咲かせんばかりに

続きを読む

残すところ7校
2017年02月18日06:59

吹田市立博物館の特別企画展「むかしのくらしと学校」、只今開催中です。一般の来館者とは別に吹田市内の小学3年生3000人強が授業にやってきます。28校が来館、7校が出前授業で、今日で残すところ7校となりました。「あかりのうつりかわり」「むかしのくら

続きを読む

沼に氷
2017年02月17日05:53

高町池の近くに元溜池と思はれる名のない沼があります。こちらは高町池と違って遊水池ではないので、水の動きがほぼありません。大雨など降ると、溢れ出ることはありますが、普段は溜まったままです。ここ二日ほど気温が上昇し3月下旬の暖かさです。しかし、4

続きを読む

ヒヨドリ(鵯)
2017年02月16日06:58

ヒヨドリ(鵯)はウチの庭にも年がら年中来る鳥です。秋に木の実を食べに里に下りてくるので、俳句では秋の季語になってゐます。ヒーヨ、ヒーヨと鳴くので名前がヒヨとなったとも言はれます。ヒーヨ、ヒーヨは囀りの声らしく、時には鋭くキエーとも、優しくチ

続きを読む

高町池の朝
2017年02月15日06:53

早朝の高町池の光景です。撮っている時は気づかなかったのですが、朝日が映り黄金に輝いてゐます。高町池は高野台地区と旧山田村の境にある段丘の下にある溜池跡です。旧山田村は名前の通り山の田があった村です。この辺り、大きな川もなく水に乏しい丘陵なの

続きを読む

椿 アケボノ(曙)
2017年02月14日06:24

「アケボノ(曙)」は10月頃から4月頃まで、随分と長い間咲く椿です。〈 淡桃色 一重 椀咲き 筒しべ 大輪 蕾は丸い 〉椀咲きと言ふのは花弁が平開せず、お椀のように中途開きで終はる咲き方です。筒しべとは白い蕊が筒状になって、黄色い葯を冠のやうに

続きを読む

雪の下
2017年02月12日06:05

一晩で90cm積もったというところもある大雪、豪雪地帯は大変です。雪の少ない大阪の平地も、地面や屋根を雪が薄く覆いました。庭や緑地帯の草木の葉にも雪が載っています。それでは久し振りにクイズ、草木の名を当ててください。回答は写真のアルファベットと

続きを読む

なんて言ふ鳥?
2017年02月11日06:49

緑地帯の遊歩道で、こんな子と遭遇しました。この子も、結構近くまで寄っても逃げずに撮らせてくれました。土の中に嘴を突っ込んで、何やらほじくってゐました。帰って鳥図鑑で調べたのですが、なかなか同定出来ません。モズ(鵙)らしく見えるのですが、嘴が

続きを読む

ハヤトウリ(隼人瓜)
2017年02月10日06:13

暮れに知人から自家製のハヤトウリをもらいました。スライスしてベーコンと炒めたり、浅漬けにしたりして楽しみました。ハヤトウリは南アメリカの熱帯地域を原産とするウリ科・ハヤトウリ属のつる性植物です。大正時代のはじめ鹿児島に入って全国に広まったの

続きを読む

沼の「日の出」
2017年02月09日05:33

緑地帯にある名無しの沼は立春を過ぎても枯草・枯木にが覆はれてゐます。冬景色のままですが、春になってきたことを示す現象がひとつ。そう、日が永くなり、日の出が早くなったのです。大阪の冬至(2016.12.21)の「日の出」は7:01、「日の入り」は16:51でし

続きを読む

緑地帯の藪に艶やかな葉に蕾が沢山ついた木があります。あと、一月もすれば黄色いラッパ状の小さな花が垂れさがるやうに咲きます。それにしても春を先取りしたやうで、とても元気そうです。江戸時代初期に中国から渡来し、ヒイラギナンテンと和名がつけられま

続きを読む

白梅満開
2017年02月07日06:47

白梅がまさに満開になりました。鶯ならぬ目白が来て花の蜜を吸ってゆきます。鶯より羽の色が鮮やかなので、とても絵になります。これは小梅で、運が良いと実がいっぱいつきます。反対に運が悪いと、実の数が少なくがっかりします。小梅は自家受粉をしますが、

続きを読む

切り株
2017年02月06日06:29

《 樹木伐採のお知らせ −土木部公園みどり室 》「平成27年度に行った樹木健全度診断の結果、この樹木については、倒木の恐れがあるため伐採します。公園の安全を確保するため、市民の皆様のご理解とご協力をお願いします。」・・・との張り紙が緑地帯の何本

続きを読む

ツヅミグサ(鼓草)
2017年02月05日06:48

立春の緑地帯に、タンポポがポツンと咲いてゐました。タンポポがなぜtan―popoとよばれるかには諸説あります。なかでも民俗学の柳田説がほぼ定説となってゐます。むかし、タンポポは鼓草(ツヅミグサ)と呼ばれてゐました。タンポポの茎の両端を少し裂き、水

続きを読む

モズ(鵙)なのかな?
2017年02月04日07:02

今日は立春、住宅街の歩道わきに、こんな子が歩いてゐました。2mぐらいまで近づいても平気で、それ以上寄っていくとほんのちょと進むだけで逃げません。モズ(鵙)かなと思うのですが、違ふやうな、鳥図鑑では・・・・「オスは頭頂から後頸がオレンジ色の羽毛。体

続きを読む

1/14のblogで咲き始めのロウバイを紹介しました。あれから半月過ぎ、今は盛りで枝狭しと咲いてゐます。部屋から見えない所に生えてゐるので、切ってきて備前の小壺に入れて楽しんでいます。ソシン(素心)蝋梅、マンゲツ(満月)蝋梅、トウ(唐)蝋梅があると

続きを読む

緑の緞帳
2017年02月01日06:12

千里緑地第4区は街に囲まれた森です。森の中は遊歩道がありますが、周囲は住宅街の道で囲まれてゐます。道のすぐそばまで木が茂っているので、壁のやうに剪定されてゐるところがあります。今はサザンカ(山茶花)の花が緞帳の様になってゐますが、季節によっ

続きを読む