ホーム > mixiユーザー(id:3986894) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:3986894)

日記一覧

緋梅(ヒバイ)
2020年01月31日07:23

吹田市立博物館の庭にヒバイ(緋梅)が咲いてゐました。5日前に通ったと時には気が付かなかったのですが、ほぼ満開です。「梅」は中国からの渡来したものですが品種が多く、とくに江戸時代にたくさんの育成や改良が行はれ、現在では300種以上あると言はれてい

続きを読む

カワセミ
2020年01月30日06:58

高町池には時折カワセミがやってきます。止まる木は決まってゐて3本ほど、そのどれかに止まってゐます。全長はスズメよりも大きく見えますが、嘴を除くとスズメほどでせうか。嘴が長くて、頭が大きく、頸、尾、足は短か目です。オスの嘴は黒く、メスは下嘴が

続きを読む

シラサギ
2020年01月29日06:58

高町池にシラサギ(白鷺)が来てゐます。アオサギ(青鷺)は半住民のやうに、よく見かけますが、シラサギはなかなみかけません。全身の羽毛が白色で、いわゆる白鷺と呼ばれる鳥のうち、日本ではダイサギ(大鷺)・チュウサギ(中鷺)・コサギ(小鷺)がよく見

続きを読む

カワラタケ(瓦茸)
2020年01月28日06:49

緑地帯でたまーに見かけるのですが、カワラタケを見つけました。とてもきれいなキノコです。冬のキノコトといふわけではなく、主に春〜秋、四季を通じて見られるキノコです。生えたてのやうで軟らかさうに見えますが、肉質は非常に硬く、調理しても食べられま

続きを読む

ヒイラギナンテン
2020年01月27日06:54

緑地帯には、1/25に紹介したセイヨウヒイラギ同様、棘のある葉が特徴的な植物があります。ヒイラギナンテンです。ヒイラギはモクセイ科ですが、ヒイラギナンテンはメギ科でこれも全く別の木です。遠目で見るとナンテンに似ており、葉の縁にヒイラギのようなト

続きを読む

奈良に三名椿と言はれる椿があります。‥噌畛の」「散り椿」、白豪寺の「五色椿」、E貘膸開山堂の「糊こぼし」です。最後の「糊こぼし」は、東大寺二月堂の修二会(お水取り)に使ふ造花の椿を作る際、誤って赤い和紙に糊をこぼしできた斑点が、庭の椿

続きを読む

セイヨウヒイラギ
2020年01月25日07:23

緑地帯は今は花枯れ時ですが、赤い実がいろいろとあります。センリョウ、マンリョウ、ピラカンサス、クロガネモチ、ナンテンなどなどです。冬に赤い実が多いのは、鳥が上空から見た時に、緑の葉が落ちた中で赤は目立ち、よく食べてもらえるためという説があり

続きを読む

椿−ウラク(有楽)
2020年01月24日07:21

ウチにはワビスケ(侘助)と呼ばれる椿がいくつかあります。12/21に紹介したシロワビスケ(白侘助)、1/8に紹介したコチョウワビスケ(胡蝶侘助)、今日紹介するウラク(有楽)、そしてこれから咲く黒侘助と言はれるエイラク(永楽)です。実はワビスケと言っ

続きを読む

八重咲きニホンズイセン
2020年01月23日07:14

ニホンズスイセンの原産地は地中海沿岸です。室町時代に「雪中花」と言ふ名で書物に載ってゐるので、それ以前に入ってきてゐたとされます。中国から球根が海流にのって漂着したものが、野生化していったのではないかとの説もあります。1/9の当blogで緑地帯の

続きを読む

落松葉
2020年01月22日06:47

緑地帯の入口に松林があります。松は常緑樹なので病気でない限り一度に落葉することはありません。年中少しづつ落葉しますが、春に新芽の出る頃や秋にはやや多めに落葉します。松林の中では目立ちませんが、秋に落ちた落葉が脇を通るアスファルトの道路の上に

続きを読む

シラウメ
2020年01月21日07:40

パソコンを置いてある机の前の窓の外に梅があります。鳥の目はいいのやら悪いのやら、20cmも離れてゐない近くの枝に止まってゐながら、レースのカーテン越しで、中の人に気づきません。上空からは小さな獲物を見つけるのになぜでせうか。今朝もメジロが目のす

続きを読む

ノイバラの実
2020年01月20日06:50

緑地帯の名無しの沼の脇にノイバラ(野茨)が茂ってゐます。花期は5〜6月、小さいが香は強く、香水にも使はれます。秋から冬になると赤い実が目立ちます。ノイバラは野生のバラで「ノバラ」の一種です。野生の雑木として、あへて庭に植えるものでなく、園芸用

続きを読む

サルスベリの実
2020年01月19日06:54

冬に咲く花と言えば、ツバキ、サザンカ、スイセンなど限られてきて、わが緑地帯でもほとんど見つけられません。花屋さんの店頭では室(むろ)咲きと言って温室花が並べられてゐます。代って森の中は黒いネズミモチや赤いクロガネモチ、ナンテン等の実が目に付

続きを読む

ナツフジの実
2020年01月18日06:42

高町池の脇の藪に焦げ茶色の豆がいくつもぶら下がってゐました。なんの豆だろうかと考えてゐましたら、夏の頃この場所にナツフジが咲いてゐたのを思い出しました(3枚目の写真)。ナツフジは真夏に咲くのでドヨウフジ(土用藤)とも言ひいます。果実は豆果で

続きを読む

博物館体験学習
2020年01月17日06:52

今年も始まりました。吹田市立博物館の恒例の特別企画展「むかしのくらしと学校展」が開催されてゐます。15年も続く企画でこの期間中に吹田市立小学校の3年生が博物館で体験授業を受けます。これから3月までに36校3600名ほどが学校ごとに毎日のようにやってき

続きを読む

サザンカ
2020年01月16日06:48

緑地帯の周遊路に壁の様に剪定された背の高いサザンカ(山茶花)が満開です。一般にサザンカは横に広がりあまり高くなりませんが、枝が上に伸び高さ3mほどになるものをタチカンツバキ(立寒椿)といって区別します。似てゐるツバキとサザンカはどちらもツバキ

続きを読む

ビワ(枇杷)の花
2020年01月15日07:24

緑地帯の林に半野生の枇杷の木があります。花が咲いてゐるのですが大きな葉蔭に目立ちません。「枇杷の花大(おう)やうにして淋しけれ 虚子 / 蜂のみが知る香放てり枇杷の花 暮石 / 十人の一人が気付き枇杷の花 風人子 」などと俳人も目立たなさを詠ん

続きを読む

ワブキの絮
2020年01月14日06:35

この冬は、庭のツワブキ(石蕗)がよく咲きました。1月に入ると花も枯れ写真のやうな姿になってゐます。タンポポと同じキク科で、花は頭状花(多数の花が集まって、一つの花)で、花が散ると綿毛(冠毛)の付いた種子を作り、風によって飛び散ってゆきます。

続きを読む

ロウバイ
2020年01月13日07:01

庭のロウバイ(蠟梅)が開き始めました。梅とは全く別ものですが、冬に咲き香りが良いところが似てゐるのでので梅の字が付きました。半透明でツヤのある花びらがまるで蝋細工のようであり、かつ臘月(ろうげつ:旧暦12月)に咲くことから蝋の字が付きま

続きを読む

キノコ
2020年01月12日06:53

緑地帯の崖の朽ち木にキノコが生えてゐました。ニ三日前に通った時には気づきませんでした。単に見逃したのか、そのあと生えたのか、いずれにしても初々しい色をしてゐました。キノコは春夏秋冬常時生えてゐます。秋が何と言っても一番種類も数も多く、次に夏

続きを読む

爆弾低気圧
2020年01月11日06:50

「明日8日(水)の朝の風向・風速の予想を見ると、西日本の沿岸部は軒並み15〜20m/sに達し、平均で20m/sを超える所がある見込みです。瞬間的には30m/sに達するような暴風が吹き荒れます」との予想通り、吹田も大風でした。爆弾低気圧と呼ぶ種類の嵐だったやうで

続きを読む

初教室
2020年01月10日07:32

新年になって始めて行ふ活動を初××とか△△初めとか言いゐます。例えば初句会、書初めなど。昨日は「初ゆめパソ」でした。ご存知「ゆめパソ」は高齢者のパソコンクラブです。発足当時の入会条件はただ一つ、60歳以上であることでしたが、丸14年が経過し、今

続きを読む

ニホンズイセン
2020年01月09日06:50

緑地帯のあちこちに野生の水仙が群れてゐて、早くも開花を始めました。そのほとんどがニホンズイセン(日本水仙)です。名前にニホンが付くので自生種と思われがちですが地中海原産です。古い時代にシルクロードを通って中国経由で渡来して野生化したと言はれ

続きを読む

コチョウワビスケ 
2020年01月08日06:49

「ワビスケ」の名で呼ばれるツバキには、二つのタイプがあります。その一つ「ワビスケ椿」は有楽(ウラク 別名太郎冠者)とその子孫です。もうひとつ「ワビ芯ツバキ」はヤブツバキやユキツバキの突然変異です。いづれも雄しべの葯が退化、白く変形した猪口咲

続きを読む

ヨモギ
2020年01月07日06:47

昨日に続き、冬の野原の緑の話です。かつては少しでも空き地があるとよく見かけたヨモギ(蓬)が、今はかなり減って、街中では、めったに見つけられません。緑地帯にヨモギの一群を見つけました。私は田舎育ちなので、ヨモギはとても懐かしい野草です。ヨモギ

続きを読む

ハコベラ
2020年01月06日06:37

冬の野原と言ふと枯草色に覆はれてゐると思はれがちですが、意外と緑豊かです。緑地帯の原っぱもしかりでした。そこでハコベラ(繁縷)を見つけました。ハコベとも言ひ、なつかしい草です。春の七草の一つです。子供の頃、祖父がウグイスとメジロを育ててゐま

続きを読む

ササ
2020年01月05日07:04

緑地帯には竹林と笹叢が残ってゐます。竹も笹もイネ科タケ亜科の親戚同士です。一般的には丈の低いものが笹ですが、オカメザサのように膝丈ほどのタケや、メダケのような背の高いササもあります。「○○ダケ」「〇〇チク」「〇○ザサ」と付いてゐても、タケや

続きを読む

ローズマリー
2020年01月04日08:53

すぐご近所のお宅の石垣にローズマリーの花が垂れ咲いてゐます。葉は杉の葉にそっくりで、薬(ハーブ)として料理に用ひます。むろん生葉も花も食べられ、精油も、薬として利用されます。様々な品種があり、立性と匍匐(ほふく)性種に分かれます。ご近所のは

続きを読む

柑橘類の庭
2020年01月03日06:57

ウチの柑橘類はキンカン(金柑)とマイヤーレモンだけですが、ご近所には、色々な柑橘類を植ゑてゐるお宅があります。冬になると庭がレモン(檸檬)、ユズ(柚子)、ウンシュウミカン(温州蜜柑)、ナツミカン(夏蜜柑)、ブンタン(文旦)、ハッサク(八朔)

続きを読む

キンカン
2020年01月02日06:52

庭のキンカン(金柑)がだいぶ色づいてきました。年をとった木なので実の成りが次第に少なくなってきてゐます。おまけに種の多い小粒の種類なので食べるには少々面倒です。昔は1個づつ種を抜き、甘露煮にしてゐましたが、今は鑑賞木です。金柑と言ふとわが故

続きを読む