ホーム > mixiユーザー(id:3986894) > mixiユーザーの日記一覧 > ジュズサンゴ(数珠珊瑚)

mixiユーザー(id:3986894)

2019年10月15日06:25

4 view

ジュズサンゴ(数珠珊瑚)

ジュズサンゴ(数珠珊瑚)は花と実が同時に楽しめる観賞期間の長い植物です。この夏の暑さですっかり弱ってゐたのですが、只今復活です。もともと熱帯性の植物で、アメリカ・アーカンソー州、オクラホマ州からカリブ海を経て、中アメリカ、南アメリカの熱帯地域を原産とする植物です。

日本には大正時代初期に渡来し、現在では小笠原諸島や沖縄などで帰化植物として野生化もしています。やや寒さに弱い性質のため、暖地以外では一年草として扱われるのが一般的です。果実の基本種は赤色ですが、園芸品種では黄色やピンクになるものも流通してゐます。

花期(6月〜10月)になると、上部の葉の付け根から花序を出し、小さな花を房状に咲かせます。花は径3伉度の小さなもので、花弁のように見えるのは萼片です。萼片は4枚あり、薄紅色から白色をしています。赤い実が数珠のようにいくつも連なってゐて、珊瑚玉の様に見えるので数珠珊瑚です。



0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する