mixiユーザー(id:39816565)

2021年11月30日18:14

29 view

ブルーに生まれついて(Born to Be Blue)

 イーサン・ホークが1950年代のジャズ界で活躍したトランペット奏者でボーカリストとしても活躍したチェット・ベイカーに扮し、その半生を描いた伝記映画。黒人ミュージシャンが主流だった50年代のモダンジャズ界で、甘いマスクとソフトな歌声で女性を魅了し、一世を風靡したチェット・ベイカーだったが、やがて麻薬に溺れ、どん底の日々を送ることとなる。しかし、1人の女性との出会いにより、ベイカーは再生の道へと踏み出していく。イーサン・ホークは本作出演のため半年におよぶトランペットの集中トレーニングを受け、劇中ではベイカーの代表曲「マイ・ファニー・バレンタイン」など歌声も披露している。2015年・第28回東京国際映画祭コンペティション部門出品。(映画.comより)







<2020年7月16日 録画鑑賞>

 古い映画ですみません。この映画の主人公、チェット・ベイカーは実在のトランペッターなんですね。音楽に疎い私は知らなかったのですが、その昔「バード」という映画を見たことがあるので、彼の名前が出てきた時に「あ、実話か」と認識できました。一世を風靡したとあるから、さぞ魅力的な男性だったのでしょうね。なるほど、演じるイーサン・ホークもその甘いマスクを最大限利用して、うまくハマってましたね。楽器の演奏も、自ら演じられるように練習したとか。さすがです。

 しかし、私は本人の声を知らないから比較することはできないのですが、どうなんでしょうね。彼は元々俳優だから、ソフトな感じはうまく出ていたけれど、いまいち声に幅がないような、艶がないような感じがしました。もちろん、音程は外してないんだろうけれど。女の子の描き方も単純な印象を受けました。

 まぁでも、本人がそういう歌い方だったのかもしれませんね。知らないのに、こんなこと書いてすみません。でも、イーサン・ホークは大好きです。一番好きなのは、やっぱり「ガタカ」かな。
4 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年11月30日 21:44
    本作は劇場で観てパンフも買いました。
    チェット・ベイカー…薬物依存しないとパフォーマンスを発揮できないというのは、結局、本人に実力や才能がないのでは?と思いました。
    イーサン・ホークは僕も好きです。「ガタカ」と「トレーニング・デイ」が特に。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年12月01日 16:17
    この作品が発表になった時に
    『イーサンとはいいところ突いて来たな!』
    と思いましたよ♪
    雰囲気よく似てます。
    (本編の歌唱は聴いてないので何とも言えませんが)
    特にジャズミュージシャンが歌う場合、味わい重視なので音痴以外はそんなに問題ないと思ってる人間です。

    https://m.youtube.com/watch?v=jvXywhJpOKs
    一番美しかった頃の一番有名な歌ですので
    聴いてみてくださいね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年12月04日 22:05
    > mixiユーザー 
     パンフレットも買ったのですね!イーサンは、そう、トレーニング・デイを忘れてました。これも素晴らしかったですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年12月04日 22:15
    > mixiユーザー 
     聞かせてもらいました!マイファニーバレンタイン!この歌、好きです。彼の歌だったのですね!初めて聞いたのは、映画「恋のゆくえ ファビュラス・ベーカー・ボーイズ」にて。歌っていたのはミシェル・ファイファー。歌も素敵だったけれど映画も素敵で、サウンドトラックを買って帰ったのでした。偶然とは言え、この歌が聞けてうれしかったです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する