mixiユーザー(id:39816565)

2021年05月05日13:50

25 view

女神の見えざる手(Miss Sloane)

 「恋におちたシェイクスピア」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」のジョン・マッデン監督が「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャスティンを主演に迎え、天才的な戦略を駆使して政治を影で動かすロビイストの知られざる実態に迫った社会派サスペンス。大手ロビー会社の花形ロビイストとして活躍してきたエリザベス・スローンは、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。卓越したアイデアと大胆な決断力で難局を乗り越え、勝利を目前にした矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈してしまう。さらに、予想外の事件によって事態はますます悪化していく。共演に「キングスマン」のマーク・ストロング、「インターステラー」のジョン・リスゴー。(映画.comより)







<2019年4月11日録画鑑賞>

 上に書いてある他の共演者にアリソン・ピル(「バイス」)、ジェイク・レイシー(「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」)。

 ちょうど公開されてた頃、ジェシカ主演のよく似た雰囲気の映画(「モリーズ・ゲーム」)も公開されて、少しずれて「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」とかいうのもやって来て、当時かなり混乱したのを覚えています。で、結論から言うと、どれも見逃したのでした。(-_-;)

 この映画は少し長かった。確かによくできていて、ホントにМiss Sloaneは最初から全部わかっていたのか、そんなことが可能なのかと疑うほどだった。話が出来過ぎているきらいも、個人的には。しかしながら、劇中で説明も過不足なく行われるので、ここは少し違う話題について感想を述べたいと思います。

 彼女(ジェシカ)はお金も充分に持っているので、「エスコートサービス」を利用しています。派遣されてやって来るのがジェイク・レイシー。すごい金額を払ってるんだろうな、そのかわり筋の確かな男なんだろうな、そんなことをいろいろ考えてしまう場面でした。このジェイクが、後に意外な出番あるんです。ちょっといいな、って思いました。

 自分はあんなにできる女じゃないから、あそこまで計画的に行動することはできない。「できる人」ってうらやましいなと思いました。私も、一度は貧乏くさくない生活、してみたいなって(笑)。



3 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月08日 10:49
    ジェシカ・チャスティン大ブームの頃ですね。他にも「オデッセイ」と「インターステラー」「スノーホワイト」と出まくっていました。全部観ましたが彼女の作品でベストを選ぶとしたら結局「ゼロ・ダーク・サーティ」になっちゃうのかも。でもこの「女神の見えざる手」(邦題意味不明)もかなり作り込み具合が凄くて好きです。畳みかけるように早口で続く会話劇は、字数の限られた字幕では限界で情報量不足。アメリカ社会特有のスラングも飛び交っている感じがするんだけど、悲しいことに解読不可能。吹き替え版があればたぶんもっと面白い気がします。
    周囲のすべてを勝つための手段として利用するスローンの非情な仕事ぶりは徹底的で嫌悪感すらありますよね。非合法手段も駆使するし、同僚を使い捨ての道具扱いする。そしてその仕打ちを自らにも与えているのが凄くて、睡眠欲性から性欲処理までこれぞプロフェッショナル(笑) 濃い化粧とブランドスーツを戦闘服のように次々と着こなして、敵とみればぐうの音も出ないほどコテンパンに叩きのめす。それが仇となって聴聞会の証人席に座らされ、上院議員の巧みな話術に嵌り我慢できず堰を切ったように黙秘を解禁してしまう万事休すの場面・・・自分は十分興奮しました。最後まで彼女の過去や私情の背景は語られないところもいいです。勝利の代償として失うものの重さは想像することしかできないという余韻も好きです。
    同時期に「ユダヤ人を救った動物園」も観たのでギャップが凄かったです(^^; 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月08日 17:11
    > mixiユーザー 
     吹き替えかぁ・・・発想しなかったな。なるほど、おもしろいかもですね。個人的には、「ゼロ・ダーク・サーティ」はあんまり印象に残ってないんです。どちらかというと「ヘルプ」とか「ツリー・オブ・ライフ」のほうが好きかも。
    「ユダヤ人・・・」も実は録画したまま置いてあるので、見るようにします〜。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する