mixiユーザー(id:39816565)

2021年05月03日16:40

79 view

幸せなひとりぼっち(En man som heter Ove)

 孤独な老人が隣人一家との触れあいを通して再生していく姿を描いたスウェーデン発のヒューマンドラマ。世界的ベストセラーとなったフレドリック・バックマンの同名小説を映画化し、スウェーデンで大ヒットを記録した。愛する妻に先立たれ、悲しみに暮れる孤独な毎日を送っていた老人オーベ。そんなある日、隣の家にパルバネ一家が引っ越してくる。車のバック駐車や病院への送迎、娘たちの子守など、何かと問題を持ち込んでくるパルバネたちにうんざりするオーベだったが、次第に彼らに心を開くようになり、やがて妻との思い出を語りはじめる。「アフター・ウェディング」のロルフ・ラスゴードが主人公オーベを好演。スウェーデンのアカデミー賞と言われるゴールデンビートル賞で主演男優賞と観客賞をダブル受賞した。(映画.comより)







<2019年3月31日録画鑑賞>

 テーマは、ありがちなんです。頑固に見える不機嫌爺さんが、いざとなると器用で優しい人なんて、何度も見たような設定。でも、北欧独特の雰囲気と、この歳まで(私ね)生きてると、やっぱり人情、人の寄るところに人は寄る、と身に沁みて知っているので、なかなかに感動しました。ちょっと詰め込み過ぎな感じもしますが、話の素直な展開はわかりやすくて見やすい。2時間飽きることなく鑑賞できました。

 あぁやっぱり人間っていいな、そんな感じです。ネコにも味がありました。vv
4 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月03日 23:08
    シチュエーションが『グラン・トリノ』に似てるんですよね。頑固で孤独な老人、異国文化隣人との交流、クルマへの拘り、そしてラストへの向けての展開等。
    本作の特徴は主人公の若かりし時代を振り返る回想シーンが頻繁に織り交ぜられているところ。最愛唯一の女性との出会いから突然訪れる悲劇。年齢と共に偏屈ジジイになっていく経緯を丁寧に描いてるところが説得力でした。だから嫌われ者なのに結果的に近所の人々に頼られる不思議な展開に違和感がないですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月04日 06:32
    劇場観賞しました。2時間、頑固老人の話かと想像していたら、若いイケメン時代の回想シーンも多くて、良かったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月04日 17:02
    > mixiユーザー 
     あ〜私「グラン・トリノ」は連想しなかったです。そっかぁ。イーストウッド御大のかの作品は、名作でしたね。とても感動して次の言葉が出ないほどでした。

     この映画の主人公が被る悲劇も絶句ものでしたね。悲しすぎます。頑固にもなりますよね。

     私、同じような頃に「孤独のススメ」という映画も見て、たぶんイメージかぶってちゃってます。でも、そちらの作品も名作でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月04日 17:03
    > mixiユーザー 
     そうですか、ご覧になられましたか。回想で描かれるシーンの悲劇は悲しすぎましたが、良い映画でしたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月04日 21:55
    良い映画を鑑賞しましたねウインク
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年05月04日 22:06
    > mixiユーザー 
     takesiさん、はじめまして。よろしくお願いします。

     はい、良い映画を鑑賞しました。ありがとうございます顔(笑)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する