mixiユーザー(id:39816565)

2020年07月25日07:20

35 view

ANNA アナ(Anna)

 「ニキータ」「レオン」「LUCY ルーシー」など、戦うヒロインを主人公にした作品を数多く手がけてきたリュック・ベッソン監督がロシア出身のスーパーモデル、サッシャ・ルスを主演に迎えてメガホンを取ったアクション。1990年、ソ連の諜報機関KGBによって造り上げられた最強の殺し屋アナ。ファッションモデルやコールガールなどさまざまな顔を持つ彼女の最大の使命は、国家にとって危険な人物を消し去ることだった。アナは明晰な頭脳と身体能力を駆使し、国家間の争いをも左右する一流の暗殺者へと成長していく。そんな中、アメリカCIAの巧妙なワナにはめられ危機に陥ったアナは、さらに覚醒。KGBとCIAがともに脅威する究極の存在へと変貌していく。アナ役のルスのほか、オスカー女優のヘレン・ミレン、「ワイルド・スピード」シリーズのルーク・エバンス、「ダークナイト」のキリアン・マーフィらが脇を固める。(映画.comより)









 これ、私的には(リュック・ベッソンの)久々のヒットでした。「レオン」なんかの頃は彼の作品よく見ていたんだけれど、いつしか”理解できない駄作”や”判で押したようなそばかすヤセ女が主演”の映画ばかりになり、どれもおんなじ感じで、最近はベッソンと聞いてもあんまり見なくなってしまってました(でも「ルーシー」は好き)。で、今回もそうかとは思ったのですが、たまたま2本はしごするのに時間が合ったので鑑賞。楽しめた、と言うわけです。

 今回の主演アナ役は、プロのモデルとして活躍していたそうで、さすがの貫禄。長身ですが、そばかすはありません。美人で魅力的でしたね。また、彼女を取り巻く男たちもよかった。ルーク・”ザ・クロウ”・エバンスや、多才なキリアン・マーフィなど、このキャスティングの楽しさが勝因(?)かもしれません。ヘレン・ミレンも素晴らしかったのですが、まぁ彼女は元々名優ですから。

 話は双方のスパイ組織の思惑が入り乱れ、もうどこからがどんでん返しかわからないほど、密に入り組みます。結局誰がどこまで知ってて介入してたのか、ラストでもわかったようなわからないような。最後の最後まで「もう一回どんでん返しがあるかも」と疑っていました。

 でもね、誰が誰と組んでるとか、そんなことは多分どうでもいいのです。見てて楽しい”アナ”を見てればいい映画だと思います。美人っていいな、若いって素晴らしいな、とずっと思いながら見ていました。は〜私もこれだけの美人に生まれていれば、人生楽しかっただろうなぁ(安易すぎる?)。

3 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 07:42
    先日は若くてイケメンの三浦春馬さんが自死(ご冥福をお祈りします)したり、古今東西、美男美女が必ず幸せとは限りませんが、でも、絶対美男美女の方が良いですよね…仮に多少不幸でも。
    ところで本作のラスト近くのアナのすり替わりですが、すり替わった遺体の方は誰?だったのか、そんなに都合よく死体が?…そこだけが解せません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 09:37
    見事な二股スパイでした。ラスト両男の鉢合わせは今までにない展開で、お〜、そうきたかと唸りました。ヘレン・ミレンは相変わらずかっこいい役ばかりですね(^^;
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 22:56
    > mixiユーザー 
     そうそう、私も「誰よ」と思っていました。そんなにうまく?と、私も思いました。説明して欲しかったかも。
     で、もう一人、アナを取り巻いていた男を忘れていました!イブシュキンことアレクサンドル・ペトロフです。上記の二人ほどの出番はなかったけれど、彼を見たいのもあって選んだのでした。すっかり忘れてました(忘れるな!笑)。ごめんね、イブシュキン。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 23:03
    > mixiユーザー 
     そうそう!このイケメン二人の鉢合わせはよかったですね!ドキドキしました揺れるハート。男を戦わせてこそ、ファム・ファタール。ちょっと違うか?
    でも、この男たち二人が、本当に華を添えてましたね、アナの物語に。ヘレン・ミレンは、あんなにブスに作り込むことなかったんじゃないかな。きれいなままでも充分貫禄はあったかと。カッコよかったですけどね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する