mixiユーザー(id:39816565)

2020年05月31日16:37

35 view

チャーリーズ・エンジェル(Charlie's Angels)

 1976〜81年にテレビドラマとして人気を博し、2000年にはキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューという人気女優が集結した映画版も大ヒットを記録した「チャーリーズ・エンジェル」をスタッフ&キャストを一新して再映画化。「トワイライト」シリーズなどで人気のクリステン・スチュワート、「アラジン」のジャスミン役でブレイクしたナオミ・スコット、イギリスの新星エラ・バリンスカが新たなエンジェルたちを演じる。国際機密企業チャーリー・タウンゼント社の女性エージェント組織=通称「チャーリーズ・エンジェル」のサビーナ、エレーナ、ジェーンのもとに、「新開発のエネルギーが兵器化される」という情報がもたらされ、それを阻止すべく3人は命を懸けた戦いに挑む。「ピッチ・パーフェクト」のエリザベス・バンクスが監督を務め、自らも出演。姿を見せないチャーリーに代わり、エンジェルたちに指令を出すボスレー役を務める。(映画.comより)









 テレビドラマは見ていませんが、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューのシリーズは見ました。3作目くらいで、当時「一億円のダイエット」として話題沸騰だったデミ・ムーアが(ダイエットしてから少し経っていたと思うけど)出ていたと思います。確か先輩エンジェルとして。本当にきれいになったデミは、うんと年下の彼氏をゲットしていましたよね。そうそう、アストン・カッチャーとかいう見栄えのする男でした。元モデルだったような気もするのですが、でも「バタフライエフェクト」という映画で名演を見せていました。デミと別れた後は、ミラ・クニスと(多分)結婚したと思うのですが、最近はあんまり見ないですね。

 と、どうでもいいことはさておき、エンジェルたちです。先述の3人もとても魅力的でしたが、どちらかというとcuteでかわいらしかったと思うのです。でも、今回のエンジェルたちはめっちゃカッコいい!特に元МI6という設定のエラ・バリンスカ!こんな子、今までどこにいたの(笑)?スリムな長身を生かしたアクションの数々、足の長さだって半端ない。チビな私の肩まである?ショートヘアがこれ以上ないくらい似合っているクリスティン・スチュワート(めっちゃ見たかった「二人のJ・T・リロイ」を見逃したことが心残り)も、ついこの間「アラジン」でお姫様をやっていたナオミ・スコットも、もちろん個人的に大好きなエリザベス・バンクスも、女性陣が素敵すぎる!!内容がどんなものでも許してしまう(笑)。いやもちろん、ストーリーはちゃんとしてますけどね。

 意外なところで、プロフェッサーxことパトリック・スチュアートが出てました。こんな派手派手映画に出ると思ってなかったのでびっくり。今までエンジェルたちを率いた優秀な司令官、引退セレモニーが冒頭のシーンでした。

 それにしても、華やかな映画でしたね。アン・ハサウェイのお姫様映画かと思うほどの隠しクローゼット。色鮮やかなドレスからアクセサリー、あらゆるものが選び放題の夢の部屋。もちろん、武器もね。こんな風に素敵な女性に生まれてみたいと思わせる、カッコいい女性の活躍譚なのでした。

 元気が出る映画なので、疲れているときや頭を使いたくないとき、目の保養が欲しいときなんかにいいと思います。

2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月04日 21:03
    本作は残念ながら見ていませんが、「チャーリーズエンジェルフルスロットル」は見ました。
    ドリュー・バリモアが失意でさすらっている時に先輩エンジェルから復帰するように諭される時のセリフ、
    「ダイヤモンドは作れない、だから探すしかないの」
    って、好きですね。
    このセリフを日常生活で使えるシチュエーションが巡ってこないかと思っていますが、全然来ません。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月06日 13:25
    > mixiユーザー 

     フルスロットル!デミのですよね!そんなカッコいい台詞、残念ながら覚えてないのですが、私も日常に使ってみたいです。凡人なので、ないのですけど(笑)。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する