mixiユーザー(id:39816565)

2020年05月29日15:58

122 view

野性の呼び声(The Call of the Wild)

 ハリソン・フォードが主演を務め、アメリカの文豪ジャック・ロンドンが1903年に発表し、過去にも映画化されたことのある名作冒険小説を新たに映画化。地上最後の秘境アラスカで地図にない土地を目指し、ひとり旅する男ソーントンが、犬ぞりの先導犬としてアラスカにやってきた犬のバックと出会う。やがてソーントンとバックの間には友情が生まれ、かけがえのない相棒となっていく。「スター・ウォーズ」シリーズなどで数々のカリスマ的ヒーローを演じてきたフォードが、主人公ソーントンに扮した。監督は「リロ&スティッチ」「ヒックとドラゴン」といったアニメーション映画で言葉の壁を越えた友情を描いてきたクリス・サンダース。(映画.comより)







 旧作は見てません。元々犬派なのと、チビ息子と見れそうな題材だったのでお出かけしました。そういう点では、吹き替え上映がなかったのが少し不満です。都会ではあったのかしら。初老の冒険家ハリソンは、これがあのハリソン・フォードかと思うほどの渋み。カッコいい!でも、この映画の主人公は完全に犬のバックです。またそうあるようにバックを立てているところも、ハリソン、大スターの風格です。

 元々裕福なおうちの飼い犬だったいたずら好きのワンちゃんは、体格が立派だったこともあり、人さらいならぬ犬さらいに遭い、売り飛ばされてしまいます。はるか遠くアラスカまでたどり着いたワンちゃんは、一瞬ハリソン爺と遭遇するのですが、その時は縁がなく、オマール・シーとカレン・ギランの”アラスカ郵便隊”にスカウトされます。バックと言う名はそこでつけられたのだったかな。あるいはアラスカに着いた時点だったかな。ともかく、最初は違うかったような気がします。で、大柄なバックは目覚ましい働きを見せた上、犬同士の地位争いなどにも勝利して仲間の信頼も勝ち取り、郵便隊を率いていきます。その賢さゆえ、野生のオオカミにも一目置かれ、最果ての地に記録的速さで郵便を届ける、という神業もやってのけるのですが、時代の波には逆らえません。もっと便利な通信ツールに取って代わられた郵便隊は廃止。オマール共々職を失うのです。

 そこで彼をもらい受けたのがハリソン。元々目を付けていたこともあり、彼と一緒に冒険の旅へと出かけます。ハリソンも、一筋縄ではいかない人生を送ってきた模様。賢いバックは、時に彼を慰め、時には叱咤しながら人生を共に歩んでゆくのです。

 娯楽としては、とてもよくできた映画。画面もきれい。ただ、個人的には、バックの擬人化が過ぎるかな、と思いました。自分の人生の顛末を聞かせるハリソンに対する反応が、普通の大人の人みたいでちょっとしらけました。話も、バックの恋愛譚も織り込んで、きれいにまとまり過ぎてる。色んなことを2時間弱の映画にきれいに盛り込んで、無難な話に。ファミリー映画なんだから当たり前なんだろうけれど。ヒネててすみません。

 きれいに仕上がってると思ったら、バックの元(?)はシルク・ド・ソレイユのメンバーなんですってね。パフォーマンスがすごいわけだ。それにしても、通算6度目の映画化って、すごすぎるよね!

5 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月30日 00:26
    私としたことが6回も映画化されてるのにここまの人生でスルーして来たなんて、何ででしょexclamation & question
    犬好き過ぎて瀕死の病にもかかっておきながら、不覚にも知りませんでした。
    これは予告を見て、なんて凛々しい犬犬でしょうと感心してました!

    そんなに擬人化してましたか、それは残念でしたね。
    真の動物好きはそこに興ざめしますよね?
    その点がアメリカの嫌な感じ(あ、毒吐きしろくまがムクッとあせあせ(飛び散る汗)
    動物はまんまの姿を見せてくれれば、こちらが感情を投影して勝手に感動するものなのに。
    BS1でやってるドキュメンタリー番組タッチでこのワンコの働きを見てみたかったです!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月31日 21:07
    こういうリアルな動物をオールCGで見せられてしまうと、動物プロダクションは商売あがったりですね(笑) あまりにも擬人化に過ぎると自分も思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月01日 17:46
    > mixiユーザー 
     私も、6回映画化と聞いて大変驚きました。
    ここは難しいと思うのですが、あまりにドキュメンタリーでもつまらないと思うのです。娯楽であって、なおかつ愛らしい、わざとらしくない・・・って、難しすぎますよね。観客はわがままなのです(笑)。
    でも、本当に立派な犬さんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月01日 17:49
    > mixiユーザー 
     あはは。本当に商売あがったりかもしれませんね。映画、同じ意見の方がいて嬉しいです。ハリソンは潔かったですね!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月01日 20:47
    「・・・スカイウォーカーの夜明け」の100倍くらい登場を待ちわびました(笑)
    「インディ・ジョーンズ5」も楽しみなんですが、公開延長しちゃいました(T_T)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月01日 22:17
    はじめまして。

    日記の題名を見て、お邪魔しました。

    「野性の呼び声」は、原作が大好きで、何度も読み返しています。何度読んでも、バックの賢さや強さと、ソーントンとの愛情あふれる暮らしに感動します。映画もものすごく楽しみにして、観に行きました。さすがのハリソン・フォード。いい感じの映画に仕上がっていたと思いますが、バックの表情はCGで作りすぎたという感じで、もうちょっと自然な方が私的には好みでした。でも、今の時代は、このぐらいわかりやすく表現しないと、伝わらないのかもしれないですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月06日 13:28
    > mixiユーザー 
     あ〜そうでしたか。しかし、すごいですね。ハリソンといい、ランボーといい、お元気ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月06日 13:29
    > mixiユーザー 
     原作を何度も読んでおられるなんて、すごい。バックは、本当に魅力的ですよね!確かに、今はわかりやすい映画表現が好まれるのかもしれません。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する