ホーム > mixiユーザー(id:3899957) > mixiユーザーの日記一覧 > 聞き役に徹する

mixiユーザー(id:3899957)

2019年08月09日09:00

13 view

聞き役に徹する

■誰かに「死にたい」と言われた時、考えてほしいこと 「絶望を分かつ」というゴール 松本俊彦医師に聞く
(ウィズニュース - 08月09日 07:00)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=220&from=diary&id=5741658

誰かに言うってことは、
「誰かに自分の苦しみを聞いてほしい、知ってほしい、同情して欲しい」という事。

本当に思ってるなら
誰にも言わずに自害しているはず。

だから聞き役に徹する事が大切。
聴く側は「相手になりきって話を聞く」ことが大切。
ただ聴くだけならバカでもできる。そうなると結局自分の意見だけ述べて
相手は「言っても無駄だった」と悲観的になる。

「痛みを知る」という言葉があるがこれは大事な事。
それを知ることで相手にやさしく慣れる。
言ったり見たりすることでは痛みを知ることはできません。
相手の立場になって知ることで初めて「知る」訳。

だから聞くときには相手のストーリーに入り込んで相手になり切って話を聞けば
相手の痛みを知ることができる。

あくまで聞く側は助言程度だけが一番だと思う。
最終決定は自分自身なわけだからな。



2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する