mixiユーザー(id:3894679)

2016年10月09日12:09

2434 view

ナル忠(成島忠雄)の冥福を祈り、追悼します。  塩見孝也

 僕の友人、成島忠雄が亡くなった。通称“ナル忠(ナルチュー)”と言われ、僕らの世代の皆から愛されていた人、男でした。
 4月頃、亡くなったらしいが、近く追悼会をやるらしく、僕にも声が掛かってきた。それで、彼の逝去を初めて知ったのでる。
 彼は、ブント系ではあるが、党派は違っていた。が、第二次ブント学対(学生運動対策部)で、(3派)全学連再建や明大学費闘争、反原潜闘争、二つの羽田闘争を共に闘った。彼は、三派全学連の副委員長であった。僕は、その後、ブント第7回大会をやりきり、その後、赤軍派を結成することとなった。更にその後、逮捕され、20年間の獄中暮らしとなった。それでも、赤軍派は闘い続け、その過程で、森君達は、赤軍派から分派し、野合の私党である連合赤軍「新党」を結成し、同志殺しの「粛清」を行い、ー−銃撃戦も行ったが−−それ故にすぐ解体した。
 このことも、含め、反日武装戦線や黒ヘルも含む新左翼三派系は、ベトナム反侵略戦争が終るまで、内ゲバをやったりしつつも(これは、主に基本的には革共同系なのだが)、<蜂起−革命戦争>派を自称しつつ、日本・世界の武装闘争を戦った。
 ナル忠は、僕が獄にいる間も、赤軍派などと連携し、マル戦派の中で唯一武装闘争を闘った人である。(これは、僕の思い込みかも知れないが、僕はこう、聞いています。)獄にもこのような動静は伝わって来ていましたから。
 だから、彼の人となりを信用しているのだが、出獄し、彼との親交は復活した。僕は、同志に近い、親しい友人と思っていました。彼もそう思っていたと思います。静岡には、良く行き来しました。
 そうするうちに<9条改憲阻止の会>を結成して、闘うこととなり、彼もこの戦線に馳せ参じてきた。そして、第一次安倍政権打倒の選挙闘争に立候補の名乗りをあげ、みんなも彼を推して、選挙戦を全国的に展開した。僕も、彼を懸命に応援した。残念ながら落選したが、反安倍の強烈な革命的プロパガンダ闘争にはなったと思う。
 このお返しか、僕の清瀬市議選では、彼は応援してくれ、相談にも乗ってくれました。それからも、時折電話を掛け合っていたが、昨年末位以降か、交信は切れていった。病気に罹っていたのであろう。彼の母校、静岡大学の近くに住んでいた、成島家=沢山の成島兄弟が、看病し、最後を看取ったと聞く。

 僕は、今度の追悼会には参加しないつもりですが、このミクシーで、静かに追悼することとします。
 ナル忠よ、良く闘い、良く生きた。俺は忘れないぞ!冥福を祈っているよ。安らかに眠ってくれ。
 もう、一頑張りするつもりだ。
              2016年10月9日(日)
                                塩見孝也
13 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月09日 12:37
    BUNDマル戦派ですか、ご冥福をお祈りいたします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月09日 17:37
    > mixiユーザー 
    そうなんです。マル戦派でした。ブント第6回大会で、ブントが、再建された時、僕はたまたま、学対部長で、統一ブント系(関西ブントを含む)で、7人ぐらいの学対員とともに行動しました。その時に、出会ったのでした。そして、二人で、明大に張り付き、授業料値上げ反対闘争を闘ったわけです。7回大会にマル戦は2日目から、出席しませんでしたが、彼は、参加すべきと言う意見のようでした。結局、マル戦は、この出席の是非を巡り、分裂して行きます。彼は、マル戦・怒涛派を結成し、独自な闘いを展開して行ったようです。
    意見交換したく電話を掛けたり、掛けてきたりしていたが、もう連絡しようにもいないわけで、「もう居ないのか」と思うと寂しいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月09日 19:28
    追悼本はありますでしょうか。もしありましたらぜひお教え下さい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月09日 21:14
    > mixiユーザー 加藤登紀子さんの亡父藤本敏夫氏もマル戦派じゃなかったでしたっけ、北海道では見たことが無かったのですが、1971年に我が大学に高校からやってたというマル戦派が入学してきまして、BUNDなのに銀色のヘルメットをかぶっていた記憶がありますが。 学費値上げ阻止闘争懐かしいです、私も北海道で唯一全学スト、1974年に全国唯一の学部ストを我が大学でやった時の私が指導者でした、BUNDは大衆闘争やりませんものね、我が大学には少数ながら叛旗派が居りまして協力してもらいましたが、いつか消えてしまいました、貴方には恐れ多いですが、大衆闘争主義であれサンジカリストであれ地道な大衆闘争こそ必要というのが私の座右銘です。カクマルに「アナクロサンジカリスト」と揶揄されましたが、今だ大衆闘争主義を捨ててませんし実践しています(笑)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月09日 23:12
    > mixiユーザー 
    加藤登紀子さんの夫君、藤本敏夫氏は、生粋の関西ブントで、同志社ブントでした。京都府学連委員長を経て、上京し、反帝全学連(ブント系の)の委員長をやりました。その頃は、三派全学連が分解し、ブント系、中核派系、解放系の三つの「全学連」に3分解しました。藤本君は、69年の10・21防衛庁闘争をやりました。銀ヘルは何処の党派だったでしょうか?
    大衆闘争は、あらゆる闘争の母胎だと思いますので、貴方の大衆闘争重視には、まったく、大賛成です。大衆闘争を組織してゆけるか、否かが、党派、指導者の前提、先決条件と言えます。60年ブントも間違うこと無き、大衆運動主義でした。それが、60年以降、黒田の「プロレタリア的人間の論理」なる組織論でかき回されました。、「ブントは党建設無きプチブル急進主義、大衆運動主義」なる批判に遭って、東京のブント系諸派は真面目に大衆運動をやるより、<党建設>に埋没して行ったのです。が、唯一、関西ブントは真正面から第一次ブントの大衆運動主義を肯定し、黒田哲学を批判し、関西の地で大衆的な学生運動、大衆的労働運動を堅持しました。その成果の上に、全学連の再建、ブントの再建の展望の下、上京し、東京のブント系に活いれをしました。これに、中核派が加わってきたのでした。「政治過程論」や「第3期論」という政治理論のことです。僕は、大学時代「ストライキマン」と言う異名を持っていました。この上で、原理的資本主義批判、現代資本主義(官僚制国家資本主義も含む)批判、陣形論、組織論となります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月09日 23:42
    > mixiユーザー 
    彼をインタビューした文章があります。当時の状況が分かります。この文章を送ってきたTさんに頼んで見ます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月10日 02:44
    > 預言者さん
    ありがとうございます。文献の名前なぞもお教え頂いたら幸いです。
    なにぶん、その性質上、国会図書館にすらないかもしれません。
    これは、新左翼系の人間の悪癖だと思います。世界に名を刻もうという運動家であるのであれば、
    いかに日帝ががこさえた図書館でも、寄贈・納本くらいすべきだと思っております。もちろん、日帝が
    信用できない、となれば海外の図書館もありますし、法政の大原や大学図書館もあります。
    ご追悼やらのさなか、まことに申し訳ありませんが、後世に彼のおお名前を刻むために、図書館への
    寄贈やらは不可欠と信じます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月10日 05:06
    > mixiユーザー 成程、私は1969年に大学に入り同年6月からの運動参加者です、故にそれ以前の運動の歴史にはあまり詳しくはありません、当時札幌では北大がバリスト中で北大の集会に行くと夏休み時期までは赤ヘルガ圧倒的多数でした、ところが秋以降赤ヘルはいきなり少数派になり、どうしたんだろうと思っていました、その頃から分裂が始まっていたのですね。当時北大のバリスト解除部隊・民青の暁部隊の中心は我が大学の民青でしたが1年後には我々が彼らを蹴散らすようになります、二度の全学スト特に学費値上げ阻止闘争を経て、私も全共闘の顔になりました、歴史ある私立高校の「付属大学」でしたが、新設成り全道の進学校から生徒が集まる工学部に移ると、民青と体育会が勢力を持つ本学と違い、我々の独壇場であり後に自治会まで創設・牛耳ることになります、基本的に我々は私学故に学習環境が悪く、学園民主化を中心とした大衆闘争を「民青に代わって」担う勢力として台頭しました、私など革命左派というよりは社会党左派であり、武装闘争を辞さない社会党学生班という意識でした、自分の大学で学費闘争を闘い、北大や他大学では北大全共闘及び某大中核派支援でカクマルとゲバルト戦を闘い(ほとんど勝利)する一方で労組支援を行うという日常でした、特に学費闘争では学友の圧倒的支持を受け民青自治会執行部を退陣に追い込む寸前まで行ったのですが、結果民主的にやりすぎ失敗しました、が、あれで良かったかなと今は思ってます。
     貴方と違い、私は理論パーの単純ゲバルト派でしたが、ローザの影響もあり「党」には否定的でした、学生大会の演説でも打ちましたが、私は当時の学生運動を学生大衆運動を将来の労働運動指導者を育てる運動として位置付けていました、1972年の沖縄闘争で所属セクトが沖縄奪還論粉砕闘争として中核派との「党派闘争」に歪曲した時点で、心はそのセクトからも離れ、逆に大衆闘争基盤を失ったローザ主義者・社会党左派が如何に酷くなるかを実感した記憶があります。
     貴方と違い私は理論的にも未熟を認識していました、故に自分は党を創ることよりも大衆闘争を組織し、その大衆に乗り越えられて行く存在なのだと認識していました、不惑を超えて小沢一郎氏の「自立した国民・自立した国家が民主主義を醸成する」という意見に触れ、感銘しました、私は今だ自立した諸個人の集合体としての党及び国家社会こそ正しいと思っています、指導・被指導ではなく自立した人間同士の共生と共存そして連帯の産物としての社会こそに価値があり、党など要員の一つでしかないと考えています、決してアナキストではないですが(笑)。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月12日 12:58
    > mixiユーザー 
    何故、北大の千名くらいの赤ヘルが急に、少なくなったのか?、については、若干詳しく語れば、北大ブントを指揮していたのが、桑原君夫妻で、北大の最古参でしたが、その二人が、指導を投げ出して、上京して来たからです。他に、後に東大教授(今は退官した)になった、北大生の山内と言う奴が居ました。彼も、上京し、学対員となり、新小岩にあった田宮、高原、上野らが共同生活をしていたアジトに転げ込んで来ました。3人とも、関西ブント系でした。僕は1964年ごろの冬、桑原達に招かれ、北大警笛寮(?)に行き、中核派の高木さんと二人で、講演したことがあります。あの桑原も今は鬼籍の人です。山内は赤軍派にはこれず、転向し、エジプトに留学し、イスラムを研究し、学者となり、東大教授となり、良くテレビや新聞に出ている人物です。一寸小池知事に経歴が似ています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年10月13日 12:16
    > mixiユーザー 成程47年経って知る真実ですね、恵迪寮はその後カクマルの牙城になりました。中核派はその後北海道では弱体化します、1970・1971と我々がカクマルから中核派を守る立場になりました(笑)、ブントも四分五列、いつの間にか赤ヘルがカマトンカチマーク(4トロ)に代わってしまいました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する