mixiユーザー(id:3894679)

2015年10月12日05:02

727 view

共産党の全野党共闘提案(「戦争法廃止の国民連合政府」提案)に、重ねて支持を表明する。   塩見孝也

共産党は10月4日の赤旗日曜版によると、安倍政権を倒すための戦争法廃止の全野党共闘について、明確にして、具体的な提案をしています。
1、戦争法廃止、安倍政権打倒のたたかいを発展させる。
2、戦争法廃止の「国民連合政府」をつくる。
3、政権構想に合意した野党が選挙協力をする。

・戦争法反対の1点に絞り、全国民、全民衆が闘いの主人公、参加主体となって、闘いを継続・発展させることを、目的とすることを鮮明にしている。
・この基本目的として、個人、グループ、政派、政党が参加、連合し、政府をつくる。
・これまでの、共産党中心で、他の政党との選挙協力を排していた(沖縄を除く)態度を改めたと理解する。
 
 僕は、これまでもこのような共闘関係をかねがね構想し、部分的に実行する運動に参加したりもしてきたし、このような共産党提案が発表された時、直ちに支持を表明しました。
 改めて、この3点に具体化された提案を支持します
15 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年10月12日 07:59
    アメリカの描く構図。参議院議員選挙と衆議院議員総選挙の自民党大敗による安部総理退陣。新政権による戦争法廃止と集団的自衛権閣議決定取り消し。新政権の内部分裂による衆議院議員総選挙での従米保守政権としての石破政権の誕生。石破政権による集団的自衛権の閣議再決定と論理的に詰めたフルスペックの
    戦争法の成立。アメリカは甘くないし、そういったアメリカの構図を打ち破らないといけな
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年10月12日 21:12
    戦争法案はアメリカとの共闘宣言だから、日本の「国民連合政府」政権がアメリカとの付き合い方をどのようにするかを提起しない限り反対派としてしか存在できないのではないか。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する