mixiユーザー(id:384425)

2020年06月20日20:54

8 view

大祖国戦争勝利75周年記念軍事パレード、予行演習

 ロシア「大祖国戦争勝利75周年」記念軍事パレード 赤の広場でリハーサル
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=159&from=diary&id=6127727
 ロシアでは「大祖国戦争」と呼ばれる、第二次世界大戦の独ソ戦が終結して75年の節目を迎える2020年。新型コロナウイルス禍で延期されていた、恒例の軍事パレードが6月24日に実施されることとなり、会場となるモスクワの赤の広場では、6月17日から昼と夜間のリハーサルが始まりました。
 例年では、ドイツ国防軍のヴィルヘルム・カイケル最高司令部長官がベルリン市内のソ連軍(赤軍)司令部に出向き、ソ連側の最高司令官であるゲオルギー・ジューコフ元帥と降伏文書に調印した5月9日(現地時間0時15分。イギリスやアメリカではまだ5月8日)の戦勝記念日に開催される恒例の軍事パレード。75周年となる2020年は、実際に従軍した元兵士が参列できる最後の大きな節目とあって、特に重要視されていました。
 この年に合わせ、ロシアでは当時の主力戦車T-34などを多数動態復元。パレードの目玉となる予定でした。
 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの人が集まる軍事パレードは延期に。5月9日の戦勝記念日当日は、航空機による空中パレード(フライオーバー)と、夜間の花火だけが実施されました。
 そして新型コロナウイルス禍も落ち着いたこともあり、改めて6月24日に赤の広場でのパレード実施を決定。まずはモスクワ郊外のクビンカで、パレードの訓練が始まりました。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、参加者全員はマスク姿。
 6月17日からは、本番と同じく赤の広場に場所を移してのリハーサル。装備品も念入りに磨き上げられ、そして消毒されます。
 同じく、電飾が施されたクレムリンをバックに、夜間のパレードについてもリハーサルが実施されます。大祖国戦争(第二次世界大戦)当時のジープや、オープンカーなども参加。
 動態復元された多数のT-34戦車も、当時のマーキングを再現したり、戦勝75周年を記念した特別なマーキングをしたりした状態でパレードします。ここだけ見ていると、1945年の終戦当時にタイムスリップしたかのよう。
 もちろん、最新の装甲戦闘車両「アルマータ」シリーズのT-14戦車や、主力のT-90戦車も。大小各種のミサイルもパレードに参加します。
 部隊巡閲もリハーサルの重要な部分。厳かな雰囲気で進行します。
 モスクワ、赤の広場での大祖国戦争勝利75周年記念パレードは、6月20日に最終の予行演習であるドレスリハーサルが実施され、6月24日の本番を迎えます。


派手に行こうぜ!




2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月20日 20:58
    元々T34/85は予備車両や訓練用として保管されてましたから、映画で派手にアクションシーンが撮れる程コンディションも整備状態も良好なのでしょうね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月20日 21:47
    > mixiユーザー 
    晴れの舞台ですから気合いが入ってますね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年06月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930