mixiユーザー(id:384425)

2020年02月14日12:31

17 view

海軍向け、CMV-22Bオスプレイ

 アメリカ海軍 CMV-22Bオスプレイ1号機を受領
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=159&from=diary&id=5972487
 ベルとボーイングは2020年2月10日(現地時間)、テキサス州アマリロでアメリカ海軍向けオスプレイ、CMV-22Bの1号機をアメリカ海軍に引き渡したと発表しました。CMV-22Bは老朽化したC-2A輸送機の後継として、空母への物資輸送を担います。
 世界で初めての実用ティルトローター輸送機として登場したV-22オスプレイ。アメリカ海兵隊と日本の陸上自衛隊が採用したMV-22B、アメリカ空軍特殊作戦コマンドが採用したCV-22Bに続き、アメリカ海軍が採用したのがCMV-22Bです。
 CMV-22Bは、1960年代から空母への海上輸送(Carrier Onboard Delivery=COD)を担ってきたC-2Aグレイハウンドの後継として採用が決定しました。基本的な構成は、すでにアメリカ海軍の強襲揚陸艦で運用されている海兵隊向けのMV-22Bを踏襲しています。
 アメリカ海軍の艦隊輸送多任務航空団(Fleet Logistics Multi-Mission Wing)司令官、デウォン・シャニー大佐は、CMV-22Bについて「空母への輸送能力を拡大するだけでなく、ハイエンドな飛行能力も兼ね備えています。我々は早く艦隊でその計り知れない能力や、高い柔軟性を見たいと考えています」と語っています。
 CMV-22Bは最大積載重量6000ポンド(約2.7トン)、そして胴体側面のスポンソンを拡張して燃料搭載量を増やした結果、航続距離は2000km以上をカバーするまでになりました。また、F-35Cのエンジンモジュールを貨物室に搭載して運べるなど、これからの空母運用において要求される能力も有しています。
 海軍に引き渡されたCMV-22Bの1号機は、メリーランド州パタクセントリバー海軍航空基地の第21試験開発飛行隊(HX-21)で評価試験が行われる予定。そして実際の運用が始まると、太平洋方面の艦隊にはカリフォルニア州サンディエゴのノースアイランド海軍航空基地、大西洋方面の艦隊にはバージニア州のノーフォーク海軍航空基地を拠点とすることになっています。


ペイロード6000ポンド!
航続距離2000km以上!!
大したもんだな。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年02月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

最近の日記