mixiユーザー(id:3835843)

2020年04月01日06:42

23 view

「終わらない戦い」

国のアナウンスが悪すぎるのか、日本人がのほほんとしすぎなのか、国にも国民にもどうも危機感が薄すぎるのがおじさんには心配です。
感染症は昔々からありました。
逆に言うと、人類はずっとウイルスと戦い続けてきたのです。
ヨーロッパの人口の3割が亡くなったことがありました。インカ帝国を滅ぼしたのはスペイン人が持ち込んだ感染症と言われています。第一次大戦後のスペイン風邪も、私が生まれたときに流行したアジア風邪も大流行しました。
ウイルス→ワクチン開発→新種のウイルス→新しいワクチンというパターンが続いています。

言い換えると、自然界からの警告を人類は重く受け止めてきませんでした。
気候変動を起こす開発が元凶です。ジカ熱をはじめ開発のしっぺ返しで感染症が広がります。
日本にCDC(疾病予防センター)のような組織を作らんとという人もいますが、CDCは准軍隊です。自衛隊の中に作って日本でうまく機能するとは思えません。

もちろん日本だけのことを考えるのは視野が狭すぎます。
私が五輪は中止と考える一番の根拠は、感染症は南北問題だからです。
アジア・アフリカではヨーロッパや日本のようにある程度の封じ込めができるとはとても思えません。世界から集まってもらってするのが五輪である限り、来れない国々があると開けないと思います。
「終わらない戦い」が続くなら、これは地球で生きる方々が生き方を少々変えるしかないような気もします。
「いかに安心して暮らせるか」、これにつきますが、さてさて政権を運営する方々がここまで考えているかどうか。
選挙を控える都知事の行動、五輪をレガシーにしたい困った総理、経済最優先の大国の大統領。うまく行かなかったことはうまく行かなかったと告げる勇気がないと、国民はいつまで経っても疑心暗鬼のままです。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する