ホーム > mixiユーザー(id:3808888) > mixiユーザーの日記一覧 > Misia キャンドルナイト 令和(河口湖ステラシアター)

mixiユーザー(id:3808888)

2019年07月22日23:20

94 view

Misia キャンドルナイト 令和(河口湖ステラシアター)

2019.7.13(土)18:30〜 河口湖ステラシアター
天気 雨→小雨

フォト

あなたにスマイル
AMAZING LIFE
花/鳥/風/月
風に吹かれて
地平線の向こう側へ
Birthday Cake
LOVED
Eyes On Me

忘れない日々
時には昔の話を
明日へ
少しずつ大切に
One day,One life
Candle of Life
アイノカタチ

※曲順や説明のタイミングがズレていたらごめんなさい。記憶が・・・。
 写真も取り合えずでアップしています。良く撮れたのが見つかったら差し替えます。

フォト

開演の1時間前になり入場の行列に加わります。

シアター敷地入り口近くの駐車場には既にもぎりの長い行列ができていて、小雨の中、濡れたままのMISIAコスの方(男性も!)を含め、ゆっくりと行列を進みます。

ゆっくりだったのは、チケットバリアのところで蓋付きのガラスカップ入りキャンドルも渡しているからだったのは自分の順番になって判明。キャンドルの色は選べないのですが、選んでいたらとても入場しきれませんね。。でも、たまたま欲しかった「黄色」で満足!

フォト

フォト

フォト

足元に並べられたキャンドルには既に明かりが灯っていましたが、日暮れにはまだ間があるので幻想的に浮かび上がる・・という感じには至りません。それでも一生懸命アングルを考えながら皆さん写真を撮っています。

フォト

列に並んだり写真撮ったりしたので、開場〜開演はあっという間に過ぎ、簡易座布団を貰ってトイレを済ます頃にはオープニングアクトが始まってしまいました。。

慌てて着席すると、屋根はあるものの半屋外の会場が開放的に拡がり、すり鉢状の座席ににたくさんのキャンドルの炎。オープニングアクトのHanah Springさんのノリの良いパフォーマンスもありちょっと暑いくらいです。

オープニングが大喝采で終了して、ちょっと間があるかと思ったら、すぐにバンドメンバの登場です。ちゃんと覚えていないのですが、通常のバンド編成に加えて、ストリングス、ピアノとコーラスが入り、色とりどりのキャンドルが敷き詰められたステージはちょっと狭そう。

歓迎の拍手の中、バンドメンバが揃った後を追い掛けるようにステージに登場する人影・・・自分もそうですが「こんなあっさりMISIA登場?」と思ったらストリングスのメンバの方が眼鏡を忘れて取りに戻っていたとのこと。←このエピソードは後にMISIA自身がステージ上で明かしてくれました。「みんな、MISIAだと思って、わあーっ!ってなって面白かったね」という感じの後のトーク。

そんなミニボケがありながら、間もなくMISIAが華麗に登場。いきなり「あなたにスマイル」で熱い!ライブがスタートです。皆さん、お馴染みの手振り(両手)があるため、キャンドルを足元に置いてしまいせっかくの灯りが見えなくなります。「みんな、拍手しにくいよね。でも、大丈夫、後で出番あるから安全なところに置いて・・・」という感じのトークもあったような・・。

続けて生き物地球紀行の「AMAZING LIFE」。「花/鳥/風/月」「風に吹かれて」とかなり懐かしくアップテンポな曲が続きます。「地平線の彼方へ」ではノリノリのアドリブ!そんなに飛ばして初日から大丈夫?と思わず心配になります。

この後は少し落ち着いてしっとり、いよいよキャンドルナイトっぽい曲が続きます。「Birthday Cake」「LOVED」ちらほらとキャンドルを持ちゆっくり左右に揺らすお客さんが現れ、それがだんだんと拡がりシアター全体が壮大な灯りの揺らぎに包まれます。

「月」からは更に深淵な歌唱となり、圧倒と陶酔の連続で、もうどんな抵抗も無駄となり全てをその歌声に預けて音楽に浸ります。すっかり日が落ちた森から流れ込む冷気が肌を刺すのか、感動によるものなのか分かりませんが、最初の熱気で袖をまくっていた腕は鳥肌が立ちっ放しです。ゾクゾク寒気もする・・・重度の感動の症状です。
「忘れない日々」では健在のホイッスルも披露。

すっかりやられたこちらを見透かしてか、MISIAが大好きな加藤登紀子さんの「時には昔の話を」でうっとりしつつ、少しだけ正気を取り戻します。(いわき、の公演ではご本人がサプライズゲスト出演)しかし、それも束の間、イントロのピアノで「来た!」と思わす言ってしまったのですが期待していた「明日へ」。各地で起きた様々な災害に思いを寄せ特別な感情を込めた歌唱が続きます。

そして「少しすつ大切に」。大好きなバラード系が「これでもか」と続きます。これ、リハで聞こえていたので、やる事は分かっていたのですが、やはり直に聴くとうるうる来てしまいます。

「One day,One life」で前向きに生きようというメッセージを感じ「Candle of Life」では照明を落としての全員でのキャンドル演出。想像を絶するような3千を超える炎がゆらめく美しさと壮大さに観客からため息が漏れます。ちょっと怖くなってしまった小さい子供さんにもMISIAの素敵なフォローで会場ほっこり。

最後は皆それぞれの願いを込めて皆一斉に炎を吹き消してお開きとなりました。

今回、音響も素晴らしく、初めて噂の「CD超えの歌唱」を実感でき、また、多彩でユーモアに溢れ、親しみを感じるMCも堪能して大満足なライブとなりました。ギターも上手かった。。若い頃は私の先入観もあり、孤高の人、というイメージが先行していましたが、現在そのイメージは完全に払拭されています。また行きたいです。是非!

フォト

フォト

フォト

2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年07月30日 00:24
    これがキャンドルナイトなんですね!
    セトリもありがとうございます顔(笑)
    聴きたい曲がたくさんありましたムード
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月04日 21:59
    > mixiユーザー ありがとうございます!
    キャンドルの灯にそれぞれ大切な人への想いを込めて過ごす富士山麓のライブ、独特な雰囲気で素敵な一夜になりました。
    火を扱う事が許される会場を探すのが大変との事、翌週には初めて念願の福島開催を果たしたそうです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する