ホーム > mixiユーザー(id:3701419) > mixiユーザーの日記一覧 > 2018年DVD洋画ランキング 1位〜5位

mixiユーザー(id:3701419)

2019年12月05日18:15

97 view

2018年DVD洋画ランキング 1位〜5位

なんとか洋画のランキングに入ります。2018年にレンタル&録画で観たDVDです。10位までは書き上げるつもりですが…。とりあえず1位〜5位をどうぞ。

★2018年洋画DVDランキング 1位〜5位

ペンギン1位 『ショーシャンクの空に』

(1994年 米 監督:フランク・ダラボン 出演:ティム・ロビンス モーガン・フリーマン ウィリアム・サドラー 他)

フォト


今でも多くの人が好きな映画のうちの1本に選ぶこの作品。私は観たのは2回目ですが、やっぱり面白かったです。スティーブン・キング原作の映画の中では、これが一番好きかもしれないですねー。

1947年、ショーシャンク刑務所に妻とその愛人の男を殺した罪で服役した、元銀行の副頭取アンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)の物語です。

もう25年も前の作品になるんですね。日本の刑務所に比べると、アメリカは規律がゆるいのでしょうが、それでも服役すると嫌なことの連続だということはよく分かります。でも、生きる場所がそこしかないとなると、人間適応していくものですね。同じく服役しているレッド(モーガン・フリーマン)は、「ここでは’希望’は危険だ」と言いますが、アンディは希望を捨てなかった…。

どん底のなか、置かれた状況を見極めながら地道に前に進もうとするアンディを見ていると、どんな場所でも自分らしく生きることは不可能じゃないのかなと思えてきます。観終わると、とてもすがすがしい気分になれるのがいいですよね〜。

それにしても、この時のティム・ロビンスは細かったなあ。。。

・旦那のランキング 1位



ペンギン2位 『特攻大作戦』

(1967年 米 監督:ロバート・アルドリッチ 出演:リー・マーヴィン アーネスト・ボーグナイン チャールズ・ブロンソン 他)

フォト


優れた戦争映画は数多くありますが、この作品もその中の1本ですね。命がけで困難に挑んでいく男たちを描きます。

1944年、ノルマンディー上陸作戦を控え、フランス郊外の古城に設置されたドイツ軍の作戦本部を壊滅させるという秘密作戦が計画されます。ところがこれは「特赦作戦」で、服役中の凶悪犯たちを訓練し、戦闘集団を作り上げる必要がありました。命を受けたライスマン少佐(リー・マーヴィン)は、早速12人の囚人たちをピックアップするのですが…。

見どころは、前半の囚人集めと、個性豊かなならず者たちをまとめ、鍛え上げて一つの戦闘集団を作る過程。アルドリッチ監督は、群像ドラマが上手いですね。どんどん惹き込まれていきました。

こういう戦争映画につきものの豪華なキャストも楽しいです。他にも、ドナルド・サザーランドやジョージ・ケネディ、ジム・ブラウンなどが出ています。個人的にはジョン・カサヴェテスが好きですね。

戦争映画を観ないという方も多いですが、これも反戦であり、歴史でもあります。それを娯楽という形にしたものが戦争映画なんだと思うので、私はけっこう面白く観るんですけどね…。この作品も、作戦実行までの道のりを丁寧に描きながら、命の大切さと無常さを同時に見せてくれてる、良作だと思います。

・旦那のランキング 25位(低っ!…笑)



ペンギン3位 『ベイビー・ドライバー』

(2017年 米 監督:エドガー・ライト 出演:アンセル・エルゴート リリー・ジェームズ ケヴィン・スペイシー 他)

フォト


旦那がレンタルしてきた作品です。巷では、「カー・ミュージカル」と呼ばれているのだとか…。なんのこっちゃ!?

ベイビー(アンセル・エルゴート)は、ある犯罪組織のドライバーをしています。彼は子どものころの事故が原因で、耳鳴りに悩まされますが、音楽を聴くことで耳鳴りは解消され、音楽を聴きながら運転することで驚異的なドライビング・テクニックを披露することができます。そんな彼が、デボラ(リリー・ジェームズ)に恋をしてしまい…。

ベイビーはいわゆる「逃がし屋」ですね。『ドライブ』のライアン・ゴズリングと一緒です(笑)で、この作品はBGMとアクションがシンクロしてまして、そこが「カー・ミュージカル」と称される所以なのですね。思わずサントラをレンタルしそうになりました…(笑)

ストーリー的にはそんなにひねったところはありませんが、観終わってスッキリ爽快な気分になるところがいいです。ベイビーの優しい性格が、思わずそう感じさせてくれるのでしょうね。…それにしても、ケヴィン・スペイシーはこの作品以降、見なくなってしまいました…仕方ないことですが、残念です。

よろしければどうぞ。カッコイイですよ〜!↓
『ドライヴ』http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1852409971&owner_id=3701419

・旦那のランキング 10位



ペンギン4位 『ノクターナル・アニマルズ』

(2016年 米 監督:トム・フォード 出演:エイミー・アダムス ジェイク・ギレンホール マイケル・シャノン 他)

フォト


原作は、オースティン・ライトの小説「ミステリ原稿」を元にしているのだとか。驚くのが、この監督さん、ファッション・デザイナーなんですって!この作品では脚本も手がけているそうです。

アート・ディレクターのスーザン(エイミー・アダムス)は仕事では成功を収め、夫と共に経済的にも不自由のない生活をしていますが、心は満たされていませんでした。ある日、スーザン宛てに元夫のエドワード(ジェイク・ギレンホール)から、彼が書いた小説が送られてきます。それには「夜の獣たち」=ノクターナル・アニマルズというタイトルがつけれていました…。

全くノーマークな作品で、ほぼジャケ借り状態でレンタルしてきたのですが、当たりでしたね。現実と、小説の世界が交互に描かれていきますが、この二つの物語がどこかでシンクロするのかしないのか、即座に惹き込まれていきました。オープニングを観たときは、外したかと思ったものですが…(笑)

この作品で、アーロン・テイラー=ジョンソンがゴールデングローブ助演男優賞をとっていますが、マイケル・シャノンも素晴らしかったです。命を削りながら犯人を追っていく警部補は鬼気迫る感じでした。

ラストシーンは、観るこちら側もいろんな感情が入り混じって、とても印象深いものになりました。…怖いような、哀しいような…、ああ、やりよったなって感じです(笑)

・旦那のランキング 27位(え〜と、下から4番目のランク付けですね)



ペンギン5位 『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』

(2016年 英 監督:ロジャー・スポティスウッド 出演:ルーク・トレッダウェイ ジョアンヌ・フロガット ルタ・ゲドミンタス 他)

フォト


原作は、ジェームズ・ボーエンの「ボブという名のストリート・キャット」。どうも私、猫ちゃん映画に弱いですわ…。

ロンドンで、プロのミュージシャンになる夢が叶わず、薬物に溺れ、ホームレス状態のジェームズ(ルーク・トレッダウェイ)。ある日、彼の家の中に一匹のけがをした猫が入ってきます。猫を放っておけない彼は、猫にボブという名を付け、けがを手当します。やがて、ボブはジェームズのそばを片時も離れようとしなくなり…。

何がビックリって、ボブを演じた猫は、本物のボブなんですね。なんて芸達者な…!!まあ、実話ということで原作を読まなくてもストーリーの想像は大体ついてしまうわけですが、それでも観てしまうんですよね〜。これぞボブパワー(笑)

ジェームズを観ていると、どんな状況でも何か信じるものがあれば、人はまた立ち上がれるということを強く感じます。ボブは癒しでもあると思いますが、最高の相棒であり、家族なのですね。守るものがあるということは、人を強くします。

うーん、猫の恩返しみたいな話だなぁ。。。

・旦那のランキング 20位




★まとめです。

ひよこ2018年DVD洋画ランキング

1位『ショーシャンクの空に』
2位『特攻大作戦』
3位『ベイビー・ドライバー』
4位『ノクターナル・アニマルズ』
5位『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』

今回はことごとく旦那と意見が分かれました。よくあることです(笑)

6位〜10位はこちら↓
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1974003776&owner_id=3701419

11位〜20位はこちら↓
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1974294409&owner_id=3701419

21位〜30位はこちら↓
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1974346651&owner_id=3701419
6 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月05日 23:41
    2番以外は観てます。
    ショーシャンクの空には、モーガン・フリーマンが南の海岸に着いたとき、本当に終わったんだ!と感激しました。他の人と、感激するところが違ったかな?と思った作品です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月06日 08:14
    『ショーシャンクの空に』はリアルタイムで出会った最高傑作です。
    午前十時の映画祭ではこれまで4回、そして今回も年末年始に上映されます。
    これまで何回も観ているのに前回、初めて気づいた(?)ことがありました。
    当時の日記の一部です。
    +++++
    *物語のエンディングに向かう時のレッドのナレーション
    「無事、国境を通過できるといい
    友達に会って握手できるといい
    太平洋が夢で見たのと同じように青いといい
    希望を持とう」
    *オリジナルの台詞
    「I hope I can make it across the border.
     I hope to see my friend and shake his hand.
     I hope the Pacific is as blue as it has been in my dreams.
     I hope.」
    あんなに「希望:hope」を否定していたレッドが、
    何と4回も「hope」を使っている。
    レッドの心に「希望:hope」がよみがえったのだ。
    そのことに初めて気づいた(ような気がする)。
    レッドの心に「希望」がよみがえったこと自体は、感覚的には
    当初から気づいていた(そこに感動の一端がある訳だから)。
    でも今回、英語の響きそのものとして伝わってきた時、
    この物語の中にさらに踏み込めた気がして、
    これまでとは違った新たな感動がぼくの心の中に湧き出てきた。
    +++++
    もしよろしければ、本編もどうぞ。
    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1960356469&owner_id=3642879
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月06日 16:55
    > mixiユーザー 
    私もラストシーンは感動しました。本当に終わったんだって思いましたよ。
    でも、終わったというよりは、これから別の人生が始まるんだな〜って感じでしたけど…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月06日 16:59
    > mixiユーザー 
    なるほど…、さすがですね。そんなに希望を連呼してたとは気づきませんでした(笑)
    あんなに希望は危険だと言ってたのに…。
    きっと、レッド自身もいつのまにか心が前向きになってたんでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月07日 07:27
    5作とも観てますが、ショーシャンクは別格として、特に「ノクターマルアニマルズ」は秀作と思いました。
    なお、「特攻大作戦」ですが、チャールズ・ブロンソンがあの顔でドイツ軍将校に扮装って、「そんな顔のドイツ人いるのか(; ゚ ロ゚)」というインパクトが強かったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月07日 21:26
    > mixiユーザー 
    『ノクターナル・アニマルズ』は、オープニングこそなんじゃこりゃと思いましたけど、面白かったです。これだからジャケ借りはやめられません(笑)
    言われてみれば、チャールズ・ブロンソン…、確かにドイツ軍って感じじゃありませんね(笑)けっこう渋めの役ではありましたが…。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031