mixiユーザー(id:3701419)

2015年01月06日11:56

268 view

『めぐり逢わせのお弁当』

映画『めぐり逢わせのお弁当』を観た。

(2013年 インド・仏・独 監督:リテーシュ・バトラ
出演:イルファン・カーン ニムラト・カウル ナワーズッティーン・シッディーキー
デンジル・スミス パーラティー・アーシュレーカル ナクル・ヴァイド リレット・デュベイ)

劇場にて、鑑賞。

【インドの大都会ムンバイでは、ダッバーワーラーと呼ばれる弁当配達人たちがランチタイムに弁当をオフィスに届けて回る。ある日、主婦のイラ(ニムラト・カウル)が心を込めて作った弁当が誤ってサージャン(イルファン・カーン)のもとに届く。イラは料理を通じて夫の愛を取り戻したいと願い、妻に先立たれたサージャンは久々の手料理の味に心動かされる。(シネマトゥデイより)】

ふむ、踊らないインド映画か…。珍しいよね。しかもお弁当がおいしそう。話題の作品らしいし映画館で観てみよう。旦那は「なんじゃこりゃ」って顔してたけどね…(笑)

以前観たインド映画の『きっと、うまくいく』も、インドの日常が描かれていた。でも、作品の性質上、どこか浮世離れしたような描写もあったのよね。だけど本作に限っては、等身大のインドが描かれているような気がするなあ。

まず驚くのが、独特のお弁当配達システム。インドでは、ダッパーワーラーと呼ばれるお弁当配達人が存在し、家から職場まで“確実に”お弁当を送り届けている。

インドの通勤事情って、お弁当が持ち運びできないほど込み合ってるのかしら?そりゃ大変だ。…なんてことを思っていたら、違うのね。これはインド特有の風習ということらしい。125年前、とある銀行員が自宅で食べている料理を職場で昼食として食べたいと思い、職場までお弁当として運ばせたことがダッパーワーラー誕生のきっかけなのだとか。面白いよね〜。

フォト


そのお弁当の誤配から始まった主婦イラと退職間近の保険会社の会計係サージャンの物語。

たぶんイラの上階に住むおばさんのちょっとした悪戯心だったのかな。舐めたようにからっぽになったお弁当箱を見て、きれいに食べてくれたお礼にと、おばさんに言われたとおりにイラは手紙を次の日のお弁当の中にしのばせた。チャパティの下に手紙が出てきたらビックリよねぇ!まあ、次の日も間違って届くと思ってるところが突っ込みどころだったりするんだけど…(笑)

このおばさんが、姿を見せないところがミソ。会話の内容や声の調子、イラの手紙の内容だけでおばさんがどんな人が想像がついてしまう。そして、インドの介護事情も…。

メールでもそうだが、文章をやりとりするにも相性があると思う。誰とでも話が合うわけではない。イラとサージャンの間で交わされる言葉は、何気ない。おしゃれな便せんにしたためるわけでもない。その辺の紙やノートを破いたものに、心を綴る。きっと、お互いの筆跡から人柄も出るんだろうな。

お弁当を通じて、素朴だけど、素敵な心のキャッチボールが始まったのね。

フォト


夫や子どもを送り出してからお弁当を作るって、斬新。インドって専業主婦が多いのかな。とにかく、イラの作る料理はおいしそう。チャパティ(ナンとはまた違うのかな)って、直接コンロにのせて直火で焼くのね。ビックリだわ〜。ちょっと作ってみたい気がするなー。

そんなイラとサージャンの暮らしぶりから透けて見えるインドは、とてもパワフルな感じがした。そして、『きっと、うまくいく』でも見えた部分だけど、インドは自殺大国であるという事実。介護の悩み。明るい部分と陰の部分の両方が見えて、興味深い。

予告編を観ていると、他のインド映画のイメージからコメディなのかなと思っていた。違うのね。インド映画にも、こういうシリアスな欧州テイストの作品もあるんだって驚いた。

妻を亡くし、自分の殻にこもるサージャンの心を溶かしたのはイラだけではない。仕事を引き継ぐことになったシャイク(ナワーズッディーン・シッディーキー)とも、不思議と親交を深めていくことになる。そのシャイクが語った言葉が印象深い。

「間違えて乗ってしまった電車でも、正しい場所に着く」

ラストシーンは、思わずこの言葉を心の中でつぶやいていた。…そうなれば、いいなあ…と。とても余韻の残る、いい作品に出逢えたかもしれないな〜。



『きっと、うまくいく』
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1927255592&owner_id=3701419

5 16

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月06日 19:17
    切なく余韻の残るラストが良かったと思える作品でした。

    ・・・なお、この後、イラの夫が、自分のいたらなさを反省し、イラを探して「俺が悪かったから帰ってきてくれ(;´Д`)」と謝り、元通りになる・・・と想像したいです。

    一方、サージャンは思い出だけで結構。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月06日 20:30
    雑誌で批評を見ただけですが、こうした映画と同じく、所謂「歌って、踊る」以外のインド映画を観たいですね。インドも様々な問題を抱えているようですから、問題提起のような映画もあってしかりです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月06日 21:52
    > mixiユーザー 
    うーん、初老と言って、言えなくもないサージャンですもの、そのお考えはごもっともですよね。
    わかります。

    でも、そう思いつつも、別の結末もありかなと。
    まー何にせよ、余韻をもたせるラスト、お見事でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月06日 21:54
    > mixiユーザー 
    なかなか見応えのある作品でした。
    歌って踊るボリウッド作品も嫌いではないですが、こういう作品があってもおかしくないと思います。
    実際、面白かったですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月06日 22:06
    昨年はインド映画の当たり年でしたが、この映画も心に残る作品です。
    階上のおばちゃんとの井戸端話が最高だし、
    二人の手書きの手紙のやり取りも良かったです。
    インド映画らしくないのに、インドのそのものを感じました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月06日 22:12
    > mixiユーザー 今、脚本を書いていまして、とても深刻な物語ですが、最初に主人公が急に歌いだします。インド映画の批判は出来ませんね^_^。ハリウッドで昔から使われていますが^_^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月07日 09:21
    > mixiユーザー 
    ダッパーワーラーというシステムは、とても新鮮な感じがしました。
    4段重ねというボリュームたっぷりのお弁当も魅力的で食べてみたくなりましたし…。
    手紙のやりとりって、手間がかかるけれど素敵だなって改めて思います。
    おっしゃるとおり、私もインドの文化を感じることができる作品でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月07日 09:23
    > mixiユーザー 
    え!? 湯島博士さんって脚本家だったりするんですか?
    作品を発表する際は、ぜひご一報を! 楽しみにしてます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月07日 09:35
    > mixiユーザー プロではなくアマチュアです。
    個人制作の作品を作っています。
    企画、制作から脚本、監督と全て一人でやり、後は俳優さんを集め、撮影を仕事にしているカメラマンに撮影、編集してもらっています。まだ1作しか作ってないです。とにかくお金がかかります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月07日 11:42
    > mixiユーザー 
    個人で映画を作るなんて凄いですね。
    大変なことも多いと思いますが、良い作品を作ってくださいね。
    応援しております。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月07日 11:45
    > mixiユーザー ありがとうございます。
    もしもですが、作品が出来たらYouTubeに載せてみるつもりです。
    大丈夫か不安ですが、何れにせよまだ企画段階です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月07日 13:06
    > mixiユーザー 
    おおっ、それは楽しみですね。
    湯島作品のYouTube登場を、気長にお待ちしております。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月08日 01:41
    興味あります( ・∇・)♪ 引っ越してからレンタルビデオ屋さんが少し遠くて小さくて不便です( ´△`) TSUTAYAのネットレンタルに入ろうかな・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月08日 09:31
    > mixiユーザー 
    うちも引越ししてからTSUTAYAさんは遠くなりました。
    車じゃないとしんどいですね〜。
    ネットレンタル、便利っぽいですよね。
    たくさん観るようなら、ネットレンタルはお得なんじゃないかと思ったりもします。

    この作品は、インド映画っぽくないけど、ものすごくインドが感じられる映画でした。オススメです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月08日 17:34
    この作品は未見で、これから観たいと思いますが、去年観たインド映画「スタンリーのお弁当箱」を思い出しました。
    子どもが主役のほのぼのした話ですが、インドの事情に驚かされた作品でもありました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月08日 17:51
    > mixiユーザー 
    私は『スタンリーのお弁当箱』の方は未見です。
    同じインド映画で、お弁当が題材なんですね。
    うーん、これは気になるかも…。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2015年01月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031