mixiユーザー(id:3687887)

2020年09月09日18:15

8 view

もじたま日記・2951日目・伝染病外伝?・・・4800圓の「劀化例(カツカレー)」

 2951日目
 たちばな なんけい・・・「傷寒外伝」・・・伝染病外伝?
 ↓↑
 昔も今も政界、政局は「出世競争・派閥競争・権力闘争」・・・お変わりなし・・・
 「人々」の「立ち場」・・・金庫番(官房機密費)が立候補って・・・?
 ・・・故盧名・古炉奈・コロナで居座る、御座る???
 ・・・4800圓の「劀化例(カツカレー)」・・・「劀」?・・・「橘」?
 ↓↑
 劀=矞+刂=矞+刀
   矛+冏+刂
   龴+𠄐+ノ+冂+儿+口
   カツ・ケチ
   𠟽・𠟗=龴乛亅𠄐予矛冂ノ儿八口㕣冏矞刂=劀
   切り取る・削り取る・刮(こそ)げる
 ↓↑
 劀=矞+刂=矛+冏+刂=刮
   刮削
   劀=刮・刮除・刮去
   劀=矞+刀
     カツ・ケチ
   𠟽・𠟗=龴乛亅𠄐予矛冂ノ儿八口㕣冏矞刂=劀
   切り取る・削り取る・刮(こそ)げる
   ↓↑
   劁=焦+刂
     ショウ
     隹+灬+刂=劁
     去勢する
 ↓↑
 𠜜=𠯑+刂=刮
   氏+口+刂
   カツ・ケチ
   こそぐ・こそげる
   刮=舌ノレ氏口𠯑刂=𠜜
   削る・削り取る・削ってきれいにする
   剥(は)ぎ取る
   風・風が吹く
   同「颳」
 ↓↑
 𠜱=卑+刂=𠞇
   甶+十+ノ+刂
   ヒ・ヘイ・ハイ
   𠞇=ノ田甶十卑刂=𠜱
     削る・削られて少しずつ細くなる
 ↓↑
 剮=咼+刂=刂
   冎+口+刂
   カ・ケ
   剐=口内人冂冋咼刂=剮
   削(そ)ぐ・削ぎ取る
   同「冎」
   肉を削ぎ落した骨
   同「冎」
 ↓↑
 剾=區+刂=𠛅
   匚+品+刂
   コウ・ク
   𠛅=匚口吅品區刂=剾
   抉(えぐ)る
   穿(うが)つ
   同「剜」
   削る・削り取る
   同「剜」
 ↓↑
 𠞄=虒+刂
   𠂆+虎+刂
   𠂆+虍+儿+刂
   𠂆+⺊+乛+丿+七+儿+刂
   テイ・チ・ジ
   削る・剥ぎ取る
  ↓↑
フォト

フォト

フォト

 SI
 1957年2月4日〜
        大運2017年2月(60歳)乙未偏印
 ┏丁 酉(庚 辛)比肩・正財長生⇔庚子正財
 干合
 ┣壬 寅(己丙甲)正官・食神 死⇔乙酉偏印
 干合
 ┗丁┏未(丁乙己)  ・比肩冠帯⇔庚申正財
   支合
  丙┗午(丙 丁)劫財・劫財建禄⇔壬午正官
    寅卯空亡
    胃宿・丁未⇔星宿・庚申
  ↓↑
 YK
 1948年12月6日
        大運2019年4月(70歳)辛未偏官
 ┏戊┏子(壬 癸)正財・偏印 病⇔庚子正官
 干合 方合
 ┗癸┣亥(戊甲壬)偏印・印綬 死⇔乙酉比肩
    方合
  乙┗丑(癸辛己)  ・偏財 衰⇔庚申正官
  壬 午(丙 丁)印綬・食神長生⇔壬午印綬
    戌亥空亡
    壁宿・乙丑⇔星宿・庚申
  ↓↑
 FK
 1957年7月29日
        大運2014年9月(57歳)辛丑印綬
  丁 酉(庚 辛)正財・印綬沐浴⇔庚子偏印
 ┏丁 未(丁乙己)正財・正官 養⇔乙酉食神
 干合
 ┗壬┏寅(己丙甲)  ・食神 病⇔庚申偏印
   支合
  丙┗午(丙 丁)偏財・正財 胎⇔壬午比肩
    辰巳空亡
    軫宿・壬寅⇔星宿・庚申
ーー↓↑ーー
 立ち場 奈 成務 化 意
 たちば な なん け い
 ・・・立ち場は如何(奈・いかん)、名の似るを懸る意味か・・・?
  ↓↑
  橘     南 谿・・・谿=奚+谷
 (たちばな なんけい)   ケイ・た に・たにがわ
 宝暦三年四月二十一日    谿壑(ケイガク)」
 1753年5月23日       谿壑(ケイガク) ・谿水(ケイスイ)
 〜             谿声(ケイセイ)
 文化二年四月十日      異体字「渓」・渓谷
 1805年5月8日        類字 鶏・鷄・・・彑・彐=鶏冠=とさか
  ↓↑             鶏・鷄・雞・・・
                  600年
                  阿蘇山麓の「阿毎王朝」が
                  遣隋使派遣
                  俀王姓 阿每・字 多利思北孤
                    號 阿輩 雞 彌
                         ↓↑
               にわとり・かけ・くたかけ
               キジ(雉)科の家禽
               ・・・記事化・加金(下筋・瑕瑾・科禁)?
               卵(ラン)や肉(ジク)を食用(ショクヨウ)
                 覧・亂   字句・自句・竺 書句要(用)
               由来「庭鳥・二和鳥」から
               鶏冠(とさか)があり
               雄は大きい
               飛べない
       かけ・くたかけ・くだかけ=鶏(ニワトリ)の古名
      「かけろ」と鳴く声から・・・?
ーー↓↑ーー
 橘 南 谿
 1753年5月23日
 〜
 1805年5月8日
      大運1799年3月(45歳)壬子偏官
 癸酉(庚 辛)正官・正財 死⇔乙丑印綬
 丁巳(戊庚丙)劫財・比肩建禄⇔辛巳正財
 丙午(丙 丁)  ・傷官帝旺⇔癸亥正官
 甲午(丙 丁)偏印・傷官帝旺⇔戊午食神
  寅卯空亡
ーー↓↑ーー
 橘 南 谿
 医者・国学者
 紀行文
 『東遊記』・『西遊記』
 随筆
 『北窓瑣談』
 ↓↑
 伊勢久居(三重県津市久居)
 西鷹跡町で誕生・・・西(にし)の鷹(かり・ガン)
 ↓↑
 久居
 藤堂藩・・・「藤堂漢字辞典」
  ↓↑
 伊勢
 安濃郡
 安濃津(三重県津市)に置かれた藩
 安濃 津藩(あのつはん)
 外様大名
 藤堂氏(とうどうし・とうだうし)
 近江国
 犬上郡
 藤堂村(滋賀県犬上郡甲良町在士)発祥
 戦国時代
 「藤堂高虎」
 が出て発展
 ↓↑
 藤堂氏
 出自についての諸説
 中原朝臣説(「歴名土代」)
 ↓↑
 宇多源氏・・・宇多源氏=宇多天皇臣下子孫
        宇多天皇
       「阿衡事件」
       「政事要略・巻第三十・阿衡事」
        ↓↑
       『宇多天皇御記(日記抄出)』
        887年(仁和三年)十一月二十一日詔書
        〜
        888年(仁和四年)十一月
        菅原道真
       『奉昭宣公書
        菅丞相讃州刺史時』
        までの関係文書収録
        ↓↑
        887年(仁和三年)十一月十七日
        臣籍降下の
        源 定省
       (みなもとのさだみ)が
       「藤原基経」の推薦により
        皇太子に
        次いで
       「宇多天皇(21歳)」
        と即位し
        左大弁
       「橘広相(たちばな の ひろみ)」
        に命じて
       「藤原基経」に
        関白に任じる詔勅を書かせ与えた
        先例により
       「藤原基経」は26日に一旦辞退し
        天皇は
       「橘広相」に命じて
        二度目の詔勅を出したが
        その詔勅に
       「宜しく
        阿衡の任を以て
        卿の任とせよ」
        との一文があった
       「阿衡」は
        中国の殷代の賢臣
       「伊尹」
        が任じられた官で
        この故事を
       「橘広相」は引用
        これを
        文章博士
       「藤原佐世」が
       「阿衡は位貴くも、職掌なし
       (地位は高いが職務を持たない)」
        と
       「藤原基経」に告げ
        基経は一切の政務を放棄
        国政渋滞
       「池田晃淵」によれば
       「藤原基経」は
       「厩馬を放散して
        京中を驚かす如き
        亂暴の擧動もなせしなるべし」
        と評した・・・
        心痛した天皇は
       「藤原基経」に丁重に了解を求めるが
        確執は解けなかった・・・

       「藤原佐世」が
       「橘広相」の出世を妬んだための讒言・・・

        888年
        四月
        天皇は
        左大臣
       「源融」
        に命じて博士らに
       「阿衡」に職掌がないか研究させた
       「藤原基経」の威を恐れた博士らの見解は
       「藤原佐世」と同じであった
       「橘広相」はこれに反駁するが
        六月二日
        天皇は先の詔勅を取り消し
       「橘広相」を罷免・・・したが
       「藤原基経」は執拗に
       「橘広相」を
        遠流(島流し・追放刑)に処すよう求め
       「橘広相」
        の無実を知る天皇は窮するが
        十一月
        讃岐守
       「菅原道真」が
        これ以上紛争を続けるのは
        藤原氏のためにならない旨の書を
        基経に送り
        基経が怒りを収め、事件は終息
 ↓↑
 佐々木氏族説(「輿地志略」)
 ↓↑
 平朝臣説(「中興系図」)
 藤原朝臣説(『寛政譜』)
 ↓↑
 藤堂虎高
 武田信虎に仕えて偏諱を受けた
 のち
 浅井亮政に仕えた
 (『寛政重修諸家譜』
   太田亮『姓氏家系大辞典』)・・・太田亮?
 ↓↑
 虎高の子
 高虎は
 浅井氏・阿閉氏・磯野氏・織田氏・豊臣氏・徳川氏
 と主を次々と乗り換え
 最後は
 伊勢国
 津藩三十万石を得た
 ↓↑
 幕末
 「鳥羽・伏見の戦い」
 当主
 藤堂高猷
 は真っ先に
 幕府方から
 官軍に寝返って
 幕府方に砲撃を加え
 「津藩は藩祖の教えがよく受け継がれている」
 と称された・・・
 ↓↑
 維新後
 本家は伯爵
 大名の分家は子爵に列した
 ↓↑
 藤堂氏は
 高虎の子孫たる津藩藩主家と支藩のほか
 高虎の兄弟と
 高虎養子・高吉の子孫が連枝
 藩主夫人の実家も藤堂姓
 血縁関係に関係なく
 高虎の草創期からの
 功臣にも藤堂姓が与えられていた
 ・・・甲賀忍者武芸帳・・・
 ・・・中野学校、諜報員・・・???
ーー↓↑ーーーー↓↑ーーーー↓↑ーー
 藤堂 明保(とうどう あきやす)
 1915年9月20日
 〜
 1985年2月26日
       大運1979年6月(63歳)戊寅偏財
 乙┏卯(甲 乙)劫財・劫財帝旺⇔乙丑劫財
 乙┗酉(庚 辛)劫財・正官 胎⇔戊寅偏財
 甲 寅(己丙甲)  ・食神建禄⇔丙申食神
 庚 午(丙 丁)偏官・正財 死⇔甲午比肩
   子丑空亡
 ↓↑
 中国語学者・中国文学者
 三重県
 阿拝郡(上野市・伊賀市)生まれ
 家系 津藩
    伊賀
    上野城代の藤堂家
 大連で育つ
 1938年
 東京帝国大学
 支那哲学科卒業後
 外務省研修員として
 北京留学
 1941年
 現地で除隊
 通訳として軍務に従事
 敗戦を南京で迎え
 翌日
 軍命でハノイへ飛び
 1947年
 中国経由で復員
 第一高等学校教授
 1950年
 東京大学文学部専任講師
 1954年
 同助教授
 1963年
 同教授
 東大紛争で
 全共闘支持
 1970年
 強行排除に抗議して辞職
 その直後から
 『11PM』に出演
 「女へんの漢字」を解説
 1971年
 NHKテレビ
 『中国語講座』講師を担当
 1972年
 早稲田大学政治経済学部客員教授
 1976年
 日中学院長
 専門は音韻学
 1962年
 「上古漢語の単語家族の研究」で
 東京大学から文学博士号を授与
 漢字の意味(語源)の遡及において
 字形の異同から
 共通する意義素を抽出しようとする
 伝統的な文字学の手法ではなく
 字音の異同を重視し
 字形が異なっていても
 字音が同じであれば
 何らかの意義の共通性があると考える
 「単語家族説」を提唱
 1970年
 白川静の
 『漢字』を全否定
 白川の反論を受けた
 「単語家族説」の発想に基づいて
 発音と意味の一部を同じくする漢字を
 統合することにより
 字数を削減できると主張
 独自の観点で
 『学研漢和大字典』を編纂
 新しい漢和字典の嚆矢となった・・・
 by https://ja.wikipedia.org/wiki/藤堂 明保
ーー↓↑ーーーー↓↑ーーーー↓↑ーー
 橘 南 谿
 ↓↑
 久居
 藤堂藩・・・
 250石の
 宮川氏の五男
 宮川春暉(はるあきら)
 字 恵風
 通称 東市
 『橘』は妻の姓
 号 南谿・梅華仙史
 14歳のとき、父死亡
 ↓↑
 明和八年(1771年)
 19歳
 医学を志して京都に上り
 母と住んだ
 大阪、伏見に転居し
 28歳のころ
 京都に戻った
 ↓↑
 天明元年(1781年)夏
 29歳
 医書『痘瘡水鏡録』を出版
 母死亡
 後数年、旅
 天明二年春〜翌年夏
 西国・鹿児島
 天明四年秋
 信濃
 天明五年秋〜翌年夏
 北陸・奥羽・富山
 「臨床医としての見聞」
 各地で治療
 ↓↑
 天明三年(1783年)六月
 31歳
 小石元俊に指導され
 伏見で刑死人の解剖を執刀
 その所見が
 絵師
 吉村蘭洲による
 『平次郎臓図』として残る
 ↓↑
 天明六年(1786年)十二月
 内膳司(天皇の食事を調達する役所)史生
 天明七年(1787年)二月
 正七位下
 三月
 石見介に任じられ
 十一月
 光格天皇の大嘗祭に連なった
 ↓↑
 天明八年一月
 類焼の難に遭って伏見に仮寓
 寛政二年秋
 京都に新居
 消化器と喘息を病む
 寛政六年九月(1794年)
 従六位下
 ↓↑
 寛政七年(1795年)三月
 『西遊記』
 八月
 『東遊記』
 を版行
 嘗ての旅の記録の筆写本が回覧され
 それの上梓を
 書肆が望んだ
 『西遊記』には
 伴蒿蹊
 『東遊記』には
 松本愚山が序を寄せた
 ↓↑
 寛政八年(1796年)四月
 44歳
 石見介の職を辞し
 翌月剃髪し
 『梅仙』の法名を称した
 ↓↑
 寛政九年一月
 『東遊記後篇』刊行
 冬の南紀を巡った
 翌年六月
 『西遊記続篇』刊行
 ↓↑
 文化二年(1805年)四月十日
 転居先の
 京都東山安井(京都市東山区)で
 死没53歳
 『南谿院殿陽岳義明』
 墓碑は
 京都市左京区黒谷町
 金戒光明寺の墓域
 ↓↑
 著書
 天明元年(1781年)『痘瘡水鏡録』
 天明三年(1783年)『薩州孝子伝』
 寛政三年(1791年)『傷寒論邇言』
          『傷寒論分注』
 寛政七年(1795年)『西遊記』
          『東遊記』
          『国語律呂解』
          (和音階の解説)
 寛政八年(1796年)『傷寒外伝』
 寛政九年(1797年)『東遊記後編』
          『神丹秘訣』
 寛政十年(1798年)『西遊記続編』
 文政二年(1819年)『雑病紀聞』
 文政十二年(1829年)『北窓瑣談』(随筆・遺著)
 ↓↑
 医者・国学者
 本姓は宮川氏
 名は春暉
 号は梅華仙史
 医学を
 香川修庵
 賀川玄悦
 畑柳安
 に学ぶ
 天明三 (1783) 年
 彼の主宰で行なった
 解剖の記録「平次郎臓図」 (吉村蘭洲筆) は
 解剖絵巻として初期のものに属し
 江戸時代の解剖図の描き方の原型となった
 医学書のほか
 地誌も著わした
 主著
 『傷寒論分註』
 『東遊記』 (95〜97)
 『西遊記』 (95〜98)
 『北窓瑣談』 (1825〜29)
 ↓↑
 江戸時代中期-後期の医師。
 天明三年
 小石元俊らと人体解剖
 医学修業のため諸国を歴遊
 後
 朝廷の医官
 著作に
 「傷寒外伝」
ーーーーー
 ???・・・「傷寒論」・・・
 傷ついて全身悪寒、寒気が走る・・・
 伝染病で全身悪寒、寒気が走る・・・
 伝染病で全身高熱、寒気が走る・・・平清盛の熱病病身?
          マラリア罹患の南方戦線帰還兵?
          マラリア原虫を持っている
          メスの ハマダラカ(羽斑蚊)が産卵のため
          人の体を刺して吸血する際、マラリア原虫
          マラリア(麻剌利亜=悪い空気
               古イタリア語: mala aria
                  ドイツ語: Malaria
                   英語: malaria)
          瘧(おこり)=日本語
         「和良波夜美(わらわやみ)・衣夜美(えやみ)」
          熱帯から亜熱帯に広く分布する原虫感染 症
          高熱や頭痛、吐き気などの症状を呈する
          悪性の場合は脳マラリアによる 意識障害、腎不全
 後漢末期〜三国時代
 「張仲景」
 が編纂した伝統中国医学の古典
  伝染性の病気に対する治療法が中心
 「唐代に医師の国家試験テキスト」
 「現代中国語ではチフスのことを傷寒という
  傷寒とはさまざまな説があるが
  現在医学でいう
  チフス、インフルエンザ、マラリア
  に似た疾患ともいわれる」・・・
 「温熱を含めた一切の外感熱病」
 「風寒の邪を感じて生体が傷つく」
 意味の扱いの違いは
 林億(りんおく)
 孫奇(そんき)
 らの校正・復刻による
 宋改の結果起こった
 傷寒論の解釈の違い
 薬物療法を診断学と結びつけ
 煎じ薬を主体に
 薬物療法を組み立てたこと
 by https://ja.wikipedia.org/wiki/傷寒論
ーーーーー
 ・・・???・・・煎じ薬・・・
 「傷寒論」・・・「薬剤論」・・・薬剤調合・・・漢方医薬・・・

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年09月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930