ホーム > mixiユーザー(id:3672419) > mixiユーザーの日記一覧 > 萩原健一から。ネットサーフィン。メモ。?

mixiユーザー(id:3672419)

2019年07月02日18:11

8 view

萩原健一から。ネットサーフィン。メモ。?

萩原健一(ことに出演映画)ついて知りたくて、ググってから、そこからあちこちみてまわっていた。
斎藤耕一神代辰巳長谷川和彦今村昌平相米慎二ディレクターズカンパニー佐々木史朗ATG多賀ようすけ葛井欣士郎
伊地知啓山本又一郎多賀英典キティフィルム村上龍
黒澤満セントラルフィルム松田優作、等々。

いろぉ〜〜〜んなことが書いてある。
もはや大概のことはネット(検索)で判ってしまう(or解ったつもりになってしまう)。

『青春の蹉跌』の監督に神代辰巳を推したのは萩原健一だったとか、『青春の蹉跌』の脚本が長谷川和彦で、ついで『アフリカの光』に長谷川和彦は助監督(脚本は中嶋丈博)、
長谷川和彦がどうして30年以上も映画を撮れないでいるのかといったこととか、
長谷川和彦の監督デビュー作『青春の殺人者』のスタッフに錚々たるメンバーがいた。と今回初めて知った。
助監督は4人(その中に石山昭信と相米慎二)で、製作担当に浅尾政行、制作進行に榎戸耕史と平山秀幸。殆どみんな20歳代!だった。原田美枝子は17歳。
二作め『太陽を盗んだ男』
製作山本又一郎、プロデューサー伊地智啓、原案脚本レナードシュレイダー、音楽プロデューサー多賀英典、助監督相米慎二。
山本又一郎は初め出演に萩原健一を考えていたそうだ。
それから、長谷川和彦はディレクターズカンパニーを、相米慎二と根岸吉太郎ら9人で設立して(1982年6月設立〜1992年5月倒産)、映画製作(&配給)に乗り出した、のだけれど、このディレカンもなかなかのものだった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%BC
相米慎二の『台風クラブ』(’85)はここで製作された。ディレカンが募集した脚本だった。(ディレカンは脚本家や助監督を育成しようとした)
そうそう、池田敏春の『人魚伝説』(’84)を記しておかなくては。これがディレカンの劇場公開映画第一作だった。この年にもう一本、石井そうご(現在は岳龍)の『逆噴射家族』。
1985年に『台風クラブ』と、黒沢清の『ドレミファ娘の血はさわぐ』
1986年に、根岸吉太郎の『ウホッホ探検隊』と、井筒和幸『犬死にせしもの』と高橋伴明『DOOR』、以下略。
こうして、(一番撮りたかったはずの)長谷川和彦は一本も映画を撮らずしまいに終わった。
後一人、大森一樹がいたのだけれど、ディレカンのWikipediaに記述はなかった・・??

と。
長谷川和彦だけでもいろぉ〜〜んなことあるのに、ディレカンの記述が長くなってしまった。
ネットサーフィンいろぉ〜〜んなこと書いてあった、そんなところの色々をメモ的に書いておこうと思った、のだけれど。(^^ゞ
4 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年07月02日 22:17
    多賀ようすけのことを書きもらした。
    つまり。
    この方、よくは判らない。
    長谷川和彦の記事に、「長谷川和彦の評判を聞いた多賀ようすけが云々」とあり、ATGを検索した時に、「映画の友の編集長だった」との記述あった。それくらい。
    実は、この方のお名前も「ようすけ」と私はよんでいるのだけれど。「洋介」と書かれてあるとこもあったし、ネ偏に羊という字の場合もあった。ネ偏に羊、ならば「ようすけ」ではないかも?判らない。
    そうして、私が一番知りたかった、多賀英典(キティフィルム創業者社長。元ポリドール音楽プロデューサー。小椋佳と井上陽水のアルバムを手がけた)との関係。どこを探してみても出ていなかった。これまた、判らない。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年07月02日 22:22
    『青春の殺人者』のスタッフ。
    助監督が4人いて。相米慎二は杉田二郎名義になっている。2001年9/9死去。享年53歳。
    相米慎二について書いたことある。

    石山昭信は、まだご存命のようだけれど、1996年以後の記録がない。
    石山昭信氏は、現代ぷろだくしょんが製作した1984年公開の『もうひとつの少年期』という映画を監督していて(現代ぷろだくしょん製作山田典吾監督の『はだしのゲン』で助監督していた)、その当時私は現代ぷろだくしょんで働いていた。石山昭信氏にもお会いしたことある。
     製作担当の浅尾政行。この方もよくは判らない。1995年以後の記録がない。
    制作進行の、榎戸耕史。2004年の『ニワトリはハダシだ』(森崎東監督)の製作統括以後、記録がない。
    そうして、同じく制作進行だった平山秀幸。(北九州市出身、日芸放送学科卒)
    当時は平山秀之名義。この方が一番活躍している。1990年の監督デビュー以後、『学校の会談』シリーズ、『愛を乞うひと』(’98)、
    『OUT』(’02)『魔界転生』☆(’03)『レディジョーカー』☆(’04)『しゃべれどもしゃべれども』☆(’07)『信さん 炭坑町のセレナーデ』(’10)『必死剣鳥刺し』☆(’10)
    そうして、『エヴェレスト神々の山嶺』☆(’16)だ。。! さらに最近作として『閉鎖病棟』が公開される、そうだ。☆マークは私がみたことある映画。
    『魔界転生』は、深作欣二監督沢田研二主演のものとの比較で書いたことあるし(もちろん!?深作欣二監督の映画の方のがおもしろかった)、『必死剣鳥刺し』は面白くみた印象だし、けれども『エヴェレスト神々の山嶺』はツッコミどころありありだったと書いた。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する