mixiユーザー(id:366862)

2020年04月10日09:07

42 view

セッションないからって

更新を忘れていると何かあった感あるね
(mixiはログイン記録出るから死んでないことはわかるんだけど)

今のところ私は
テレ化というか一部連絡の面倒化みたいなことは起きてバタバタしていますがまあ
身の回りに大事を聞いてはいないです。

しかし、
感染者数がざっぱで一日1.1倍くらいの感じで増えているように見えるのだけど、
このペースで国が言う2週間様子見るということすると

きのう新規感染者が180人くらいだったとして
2週間後にはなんとなく800人強〜900人くらいになり
感染者の総数は今いる1500人に追加して6000〜7000人が感染しており
でもまあ退院者が今後増えていくとして、今うち3分くらいだからまあ250人退院できるのかな?

ザクザク概算して
まあ2週間後、7000人くらいが「陽性患者」となっているすると(検査量増えるだろうから全然変わるだろうけど)

非検査・無自覚感染者が、感染者の数を倍に増やすくらいと見積もってみて
14000人、
東京都の人口が1300〜1400万人だから
1000人に一人は感染できているので


日に100人と会う人は、
10日に一人くらいの割合で感染者と会う確率が6割(確率の確率が大体6割に収束するので)
くらいになると。


もちろん、
非検査さんがさらに倍の、4倍いて
日に倍の200人と接触する人が対象なら、
2.5日に一人すれ違うわけだが

ちょっと算数すると
何となくの算数でも「身近に」感染者がいる可能性と、
自分が感染者になる可能性はそこそこ見えますね。


クラスター前提の考え方だったりすると計算全然違うし
潜在感染者が顕在の何倍なのかわかんないから
当然この計算が正しいかとかはなんの正当性も持たないけど
(大体今の計算2週間ほったらかした後の概算だし)

まあ一回計算してみると、

ソシャゲで1%を追うガチャを引いてる人は
1%が1発で当たる可能性を知っているでしょうし、

この数%が、
身近な、
あるいは自分の身内じゃなくても、
自分の会う知り合いの側にいる高齢者をクリティカルな危険にさらすことに十分な要素であることは想像もできると思うので、

日に数十人と会うリスクがある人の場合は
ちょっとできるだけ気を付けようという気に
やっぱりなりたいですね。

私ほぼ今人と対面する機会失ってるけどね!
飢え死にするんじゃない限り、これをちょっと保っておきたくはある。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する