mixiユーザー(id:36477413)

2017年07月22日23:14

136 view

〇7/22「転ばぬ先の援護点」(カープ2017)

広島東洋カープ6-3中日ドラゴンズ
14回戦(カープ9勝4敗1分)
広島市民球場(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)

D|000002001|3
C|00014010X|6

勝利投手 薮田9勝1敗
敗戦投手 柳1勝4敗

本塁打
(D)ゲレーロ27号
ビシエド15号

投手
(C)薮田-一岡-中崎-今村
(D)柳-笠原-伊藤-小笠原-福谷

先発、薮田は6回に被弾も4回まで無安打投球で6回2失点。
打線は、3回までパーフェクトに抑えられながら、4回5回に打線が繋がる。
9回途中降雨中断も逃げ切りに成功しカード2戦目を制す。
----------------------------------------------------
先発の薮田和樹が6回にバテてしまって危ない場面もありましたが、その前に打線が何とか援護点を集めてくれたのが功を奏した形。
相手先発の柳裕也のストライク先行の投球の前に3回までパーフェクトに抑えられていた時はどうしたものかと思いましたが、2巡目で上手く捉まえる事ができました。
引き続き、一気に試合を決められるほどの好機を逃しはしたものの、昨日に続いて安打で繋いでの得点。
前回の対戦時は今日の相手のように決定的な得点は本塁打が中心ではありましたが、繋がりという観点では多少の危うさを感じない事はなかっただけにこれまた良い傾向です。
特に5回に試合を決定づける丸佳浩の走者一掃の2塁打は、左投手のフォーシーム系のボールを逆方向に跳ね返す見事なもの。
これまではクラッチヒッターというより、チャンスメーカー的な仕事が多かった彼ですが、今季は得点を挙げるだけでなくチャンスメイクもする仕事ができているように見えます。
そんな彼を象徴するような当たりではあったと思えます。

一方、6回にボール先行になった末に被弾した薮田は、バテてしまった印象ではありますが、それでも味方打線から得点の気配すらしなかった序盤に同じくらいよく抑えたのは良かったと思えます。
現状、上記のように今季好調を維持している打線だからこそ中盤まで我慢すれば何とかなるというのは、これまでの試合や中盤以降での得点の多さというデータを見れば分かる事です。
しかし、そうは言っても昨日のクリス・ジョンソンのようにまったく耐えられない投手もいるのですから、基本的な約束事を守れるというの大切という事でしょう。
もっとも、この展開ならせめて7回までという気持ちもない事はありませんが…何よりオールスターに出るほど前半戦に活躍した経験の少ない投手が後半戦に別人のようになる事例は少なくない訳ですから、それを上手く跳ね返した事にまずは価値があるでしょう。
明日の岡田明丈もそうなれば良いのですが…。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する