mixiユーザー(id:36477413)

2015年04月18日20:07

66 view

平等な不公平(カープ2015)

広島東洋カープ2-3中日ドラゴンズ
5回戦(カープ1勝4敗)
広島市民球場(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)

D|00010010001|3
C|00000110000|2

勝利投手 田島3勝1敗
セーブ投手 福谷2勝4セーブ
敗戦投手ヒース 2敗4セーブ

投手
(C)黒田-一岡-中崎-永川-ヒース
(D)若松-浅尾-又吉-田島-福谷
※数字はマウンドにいる時点での失点(自責点ではない)。

打点
(C)新医ヾ櫚
(D)福田‘0罩(薪牒
※数字は打点。

黒田は6回2失点で試合を作る。
打線は2度追いつくも勝ち越しの場面で1本が出ず。
今季、6度目の延長戦負け。
----------------------------------------------------
黒田博樹は2失点で6イニングで降板とは球数から考えれば、あの展開でなければ完投も十分狙えたかと思えます。
しかし、ほとんど完璧に近い投球を先発が見せても勝利を得るのが非常に難しいく、今のカープにあってまずまずの投球では自動的に敗北になってしまう…。
先発投手全員にそういう不公平が平等に降り注いでいるのが現在のカープ…という事なのでしょう。
普通の1失点が5失点相当にすらなってしまうプレッシャーの中で投げる事が先発投手から大胆さを奪っていく事がますます懸念されます。

こういう不公平なゲームをあといくつ我々は見ないといけないのか?
正直、もううんざりですね。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する