mixiユーザー(id:36329446)

2020年06月07日09:53

13 view

行政実務からの反論はないのか

■コロナ給付金、なぜ遅い? 大人1人13万円がすぐ入った米国との違いは
(女子SPA! - 06月03日 09:02)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=156&from=diary&id=6105497


あらゆる給付金の支給が遅い!遅い!と、これだけ多くの有識者が厳しい口調で語るのを、現に支給の事務処理に従事している行政職員はどう感じ、どう受け止めているのであろうか。

「好き勝手言いやがって、お前らが実際やってみろよ、どんだけ大変で時間がかかるか、苦労が身に染みらあ。」

であるのか、はたまた。
彼らも、事務のスムーズな流れを阻害する処理プロセスの煩雑さ、無意味な規定や旧弊の存在に対して、イライラしながらも、それを「変えよう」と言い出せずに忸怩としているのか。

外野から批判ばかりの評論家の話ばかりでなく、内側で行政実務に携わる現場の方々の叫びを聞きたいものだ。

そして実務担当者に続いて管理職の見方、さらにその上の、決定権を持つ幹部職員の話、それぞれ何を言うのか。
何が悪いのか、誰が悪いのか、の追及はそれを聞いてからあらためて。



1 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月07日 14:28
    私であれば,”米国は,社会保障番号と納税者番号が必須の国ですから”といいたくなります。日本は左翼と在日の妨害で,両者が何度潰されたことか!。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する