ホーム > mixiユーザー(id:36329446) > mixiユーザーの日記一覧 > 405箇所の欠陥、その欠陥とした具体的判断根拠等の情報開示を国民は「知る権利」として求められないものか。

mixiユーザー(id:36329446)

2020年02月22日11:48

38 view

405箇所の欠陥、その欠陥とした具体的判断根拠等の情報開示を国民は「知る権利」として求められないものか。

■つくる会教科書、異例の不合格 「欠陥」405カ所指摘
(朝日新聞デジタル - 02月21日 21:54)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5982474

これが、FBなどで大反響。
「文科省は共産の走狗だ!そうお前も思わないか」とオレに聞くなよ。感想を求められたって、「この教科書を読んでないのでなんとも答えられない」としか答えようがないじゃないか。

中共の反日教科書を裏返しにしたような、とまでは言わないが、多少は扇情的な筆致で彩られているのか、それとも、冷静な事実を淡々と語るだけの仕様になっているのか。
その「事実」というのも、どれほどの客観的裏付けを備えているのか。「405箇所もの欠陥」というのだから、文科省は悉く客観性を認めなかったわけではあるが。

当該教科書の記述の全内容と文科省の検定判断根拠、とりわけ405の項目ごとの欠陥とした具体的理由(つまり「これこれが客観的事実であるところ、この書き方ではこれこれという誤解を生じせしめる」ということ)などは、情報として国民に知らしめられることを要求してはいけないものなのか、
と、そう思うだけだ。


ところでだ。
これね、405箇所の欠陥部分というのを、

,泙此当初の記述の原文を載せ、

△修譴里匹海どう欠陥なのか、という文科省の判断根拠、および、どう記述されるべきなのかを載せ、

それに対する「つくる会」の反論を載せ、

学生諸君は、この 銑をひとつずつ追って読んでいくと、とても効果的に学習できるよ。
対抗する考え方をツイにして、その根拠や経緯をトレースしていくと記憶に残りやすい。
これ、勉強のイロハ。
5 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月22日 17:41
    その昔家永三郎教授の高校日本史教科書が検定不合格になって裁判沙汰になりましたが、その裏バージョン(?)になると面白いですね、って野次馬的感想でスミマセン。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月22日 18:55
    第4次までもつれ込んだ家永訴訟ですね。
    憲法の授業で必ず学ぶ基本判例ですが、奥は深いですよね、
    対立する政治思想が絡んでくるし。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する