ホーム > mixiユーザー(id:36329446) > mixiユーザーの日記一覧 > 組織の中の日本人

mixiユーザー(id:36329446)

2019年11月22日17:36

17 view

組織の中の日本人

「日本人は褒めることが全然だめ。苦手。ケチつけるときだけは饒舌、良いときは言葉がない。」
鼻息も荒く話す友人。


確かになあ、と、当方もいささか同意。
ケチをつけることには饒舌であり、かつ具体的に話す。つまらぬ揚げ足取りも得意ワザ。
で、ポジティブなことはその逆。
感想を聞いて「よかったです」とは言うが、どこがどう良く感じたのかを具体的に話さない。話せない。
「よかったです」なんてのは無関心と同じ。

ポジティブなことこそ具体的に語ることで、人も自信がつくし、意味ある学びを得られる。
あら捜しされても不当に自信を損なわれるものだ。
日本の企業組織に伝統的に染み付いた体質の一端だが、日本人の民族的特性なのかもしれない。

3 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月23日 10:44
    幼いころからの学校教育が一因かと。リスクをとって,チャレンジしたことはまったくほめずに,チャレンジして失敗するとボロクソにけなす。成功したら,運が良かっただけとあまり評価しない。これでは,人のアラ探しをする人間ばかりとなっても,不思議ではありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月23日 23:54
    御意であります。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する