ホーム > mixiユーザー(id:36329446) > mixiユーザーの日記一覧 > ご本人の快挙を讃えるとともに、旭化成にも天晴れを進呈したい

mixiユーザー(id:36329446)

2019年10月10日22:44

57 view

ご本人の快挙を讃えるとともに、旭化成にも天晴れを進呈したい

化学賞、吉野さん夫婦で会見
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5821696


若い時分、証券アナリストなんていう胡散臭い稼業をしてた頃、よくお目にかかった「R &D費」なる言葉。

将来に向けた知的資産の蓄積である「基礎研究」と、基礎研究で開発された成果物を活用して具体的な製品を作る「応用研究」、さらに応用研究で生まれた技術を組み合わせる「開発研究」などに分類されたこのR &D費、今もアナリストには重宝されてる指標なのだろうか。

当時、日本の企業が投じるのは「応用研究」と「開発研究」ばかり。
R&D費に占める「基礎研究」の割合は著しく低いとの評価を誰もが口にした。
資本家が求めるのは投資の見返り。
だから、目先の利益ばかりを追いかける企業体質も「資本家」の存在で成り立つ資本主義の悪弊ゆえと、その頃から資本主義が嫌になり始めたものだが、まあ、その話はどうでもいい。
ただ、日本人は欧米が時間とコストをかけて培った基礎研究を利用して儲けるのが上手い器用なサルのようなものだ、などと言われるとなんとなく腹が立ったものだ。

それでも、遠い将来世代に付加価値を残そうと基礎研究に余念のない、見上げた企業だって、確かにあったはずだ。
小生の知る限り、当時はキャノンや富士写にそんな雰囲気を感じていたが。

「名誉フェロー」と呼ばれた吉野彰氏の半生は企業人であり、生粋の教授と云うのは正鵠ではないのかもしれないが、旭化成の中で一途に基礎研究に専心してこられた生き様は、やはり教授と呼ぶに相応しいのであろう。
氏の快挙を讃えるとともに、氏に思う存分、基礎研究の場と環境を提供した旭化成にも、有為な企業として「あっぱれ」を進呈したい。


8 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 02:39
    この日記自体も、素晴らしいと感じました。
    私の日記に転載させていただいて、よろしいでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 06:56
    遺憾ながら,今の日本では,いろいろな企業でいわゆる中央研究所が潰され,応用研究や開発研究さえ否定されています。いわば,今の日本は,R&Dに関していえば,過去の遺産を食いつぶして生きている,状態です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 07:15
    > mixiユーザー 
    ありがとうございます。
    このような思いつきで書き流した拙文に過分な言葉を賜り恐縮に存じます。
    ご自由にお取扱いいただいても構わないのですが、ただ、遠い昔の思い出ですので、現在も引き続き、日本の企業が基礎研究より応用技術の開発に偏重しているのかは確信はありません。それでよろしければ、どうぞよろしくお願いします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 07:35
    > mixiユーザー 
    大手企業のそうした研究の渦中におられた横好き様の言葉だけに重みがあります。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する