ホーム > mixiユーザー(id:36329446) > mixiユーザーの日記一覧 > 彼の真価はまだまだこれから。評価は早い。

mixiユーザー(id:36329446)

2019年09月23日21:33

22 view

彼の真価はまだまだこれから。評価は早い。

■小泉環境相、本格外交デビュー「今日からの日本は違う」
(朝日新聞デジタル - 09月23日 17:22)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5799083

テレビでも、彼の演説には具体的な提案が何もなかった、と酷評する評論家は多いが、彼をこき下ろす者はこの短期間にどんな世界をうならす具体策を期待したというのか。

原発汚染水の会見でも、
「30年後の自分がどうだとか、福島の漁協のオヤジと飯食っただとか、核心的な話は何もできずポエムに逃げ回ってばかり」
などとボロカスだが、では、彼以外の誰が大臣であったなら、あの場で具体的な解決の方針を示し得たというのだろうか。
これ以上、汚染水(或いは処理水というべきか)を放置しておけない現状と地元の漁業関係者との板挟みの渦中にあって、しかも風評被害も招きかねない神経質な国際世論の中にあっては、私でもあの場での不用意なコメントは避ける。

むしろ、いずれは漁業関係者に因果を含めなくてはいけない、と思えば、ポエム的であろうとなんだろうと、漁業関係者と人間関係を作っておいて、「みんなの気持ちをよくよく理解した上での苦渋の決断、わかってくれ」と言える下地を作っておくことを得策とする深謀遠慮があるのかもしれない。

いずれにせよ、彼への評価はまだまだ早過ぎる。
彼の背負った環境問題は、昨今の日韓問題なんかよりもはるかに重要で、世界の意思統一に向けて難しい問題だと、個人的には思っている。

巷の酷評のなか、私は若い彼に大いに期待している。ぜひとも頑張っていただきたい。

1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月24日 06:57

    科学的知見に基づいた見解を国民に伝えるべき立場でありながら、感傷的な話だけで終わらしている、というのはわかるんだけどな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月24日 08:12

    「小泉氏の専門知識の不足をあげつらうのは簡単だが、環境問題にはぜひ意欲的に取り組んでもらえばいいではないか。」
    とは、三浦瑠麗先生の言葉。
    私もそう思う。

    その一方で、石炭火力発電に依存する日本の政策を転換する可能性を、具体的な説明もないまま示唆してしまったことで、世界が日本の将来に向けたエネルギー政策を注目するに至った。
    彼が直面する課題は途方もなく大きい。


    以下に先の三浦瑠麗女史の卓見を備忘として抜粋。
    全面的に同感。
    ゆえに、小泉進次郎氏の心底・真価を見極めるのは時期尚早とした次第。

    「福島第一原発の処理水をめぐる問題には、原発政策全般をめぐる路線対立が色濃く反映されています。一方には、処理水を薄めて海洋放出することは科学的に安全であり、各国で当たり前に行われている政策であるという立場があります。当然、この立場の延長線上には現状の原発を維持する政策があります。同じく新任の菅原経済産業大臣は、原発ゼロについて、「将来的に考えても現実的ではない」と発言していますから、現状の政府の基本的見解はこちらでしょう。
    他方には、処理水を「汚染水」と呼び、海洋放出することの不安を強調する姿勢があります。例えば、福島の漁業者が被る風評被害を強調し、原発を維持するコストを限りなく高めていくことで、事実上は原発を維持することを不可能にしようとしているわけです。原発をめぐる安全対策がどんどん高まっているのは、この路線が一定程度奏功しているからです。兆円単位で文字通り積みあがっていく安全対策を勘案した際には、おそらく原発はすでに安い電源ではなくなっているのではないでしょうか。

    本来であれば、福島の漁業者が被るコストと、処理水が積みあがっていく現状を放置するコストが対置されます。漁業者の被害に多少のイロをつけて補償することで事態をおさめてきたのが、日本的な保守政治でした。それに対し、漁業者の被害ではなく、「不安」や「怒り」を強調すれば、もはやコストは定量化できません。結果的に、それに対置される現状維持のコストまでが、いくらでも構わないというロジックになってしまうわけです。現状維持のコストも、電気料金や税金という形を通じてめぐりめぐっては国民が負担するものなのですが。

    小泉環境大臣の発言が、どちらのパターンに当てはまるのか、実はこの点ははっきりしません。「国民の期待」を重視する姿勢から、まずは、そこに寄り添うという政治姿勢の次元での言動なのか。それとも、原発の安全対策にかかるコストを吊り上げることで、現状の原発維持政策を事実上葬り去ろうという意図があるのか。はっきりとは答えられないのかもしれないけれど、メディアや識者が問うべきはそこのはずです。」

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する