ホーム > mixiユーザー(id:36329446) > mixiユーザーの日記一覧 > 生徒の目にはどう映っているのか

mixiユーザー(id:36329446)

2019年01月08日16:24

50 view

生徒の目にはどう映っているのか

理事長へのあいさつで教員スト
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5447965

多くの生徒たちも、じっと事の成り行きを見守っているのであろう。
高校生ならば、もう人権の意味も意義も理解できる頃合いか。
ストに加わった教師たちは、彼ら生徒に対し、自らの行動の意味を根気よく丁寧に説明することが求められよう。

ただし、説明はそう簡単ではあるまい。
「理不尽な命令や規則には従わなくていいのだな」という短絡的な結論だけが独り歩きしかねない。

ルールや規則に従うことと、自己の人権的意義を確立することとの違い、両者の境界線が奈辺にあるかを、見守る生徒たちにしっかりと説いてやらねば、教育上悪影響だけを与えることにもなりかねないと思われる。

ストを批判するつもりは毛頭ないが、教師とは第一義にそうした役割を背負うていることをよくよく自覚してストに臨んでもらいたいものである。


2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月09日 07:58
    「理不尽な命令や規則には従わなくていい」んですけど。契約とはなんぞ、を教えれば一発ですむ問題です。この発言の時点でストに釘をさしており完全なる批判でしょ。こんなんだからストをしなければならないんじゃないですかね、この学校は。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月09日 12:34

    「理不尽」なれば、仰せのとおり「従う必要がないこと」を自身の行動をもって生徒に示してあげれば宜しかろうと思いますよ。

    ただ、この「理不尽たること」を丁寧に検証し、説明すべきと思っただけです。
    少なくとも、
    「先生たちが君たちの授業を受ける機会を犠牲にしてでもこのような行動に踏み切ったのは、こういう理不尽は看過されるべきではないという考えからだ」
    というフィードバックを学級会などで行うべきだと。

    「偉い立場だからといって、挨拶を強要される謂れはない、というのなら、朝礼時、先生と相対したときも挨拶など拒否しても構わないよね」
    というのとは、今回の理事長の強要とはまるでハナシが異なります。
    が、教育の現場では、上記のような説明がないと、ごく一部にでもこうした解釈が独り歩きしかねないと危惧するからです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する