mixiユーザー(id:3615898)

2020年10月20日10:12

6 view

2020ブギー年 チープ・トリックに出会う篇

[あらすじ] 「東京ブギウギ」をバリトンウクレレ弾き語りした。
https://www.youtube.com/watch?v=N97Y7_-bQsY
この後、何曲も「ブギ」をアップする予定で準備中ナリ。

「ブギ」という言葉を最初に知ったのは「東京ブギウギ」だった。
次に出会った「ブギ」はイギリスの国民的バンド、ステイタス・クオーだった。
https://www.youtube.com/watch?v=YVUaKrnQ9wY
同じ「ブギ」でもまるで違うじゃないか。
その疑問に迫る。

15歳くらいで初めてウクレレとアコースティックギターを手にした。
ギターはどうも弾きにくいが、
ロックの「ブギ」のあの「ズグジャグズグジャグ」というかっこいいリフは
どうやっているのか、探究した。



探究の内容はまた今度ねちねち書こう。
十代の頃、家でそんなことを一人探究していた。
学校はカトリック系の女子校だった。
軽音部は無かった。
ギターフリークのような同級生はいなかったと思う。

ワイシャツにネクタイで灰色の制服だった。
冬場は紺色のセーターが許されていた。

私はセーターよりカーディガンを好んで着ていた。
その理由を人に話したことは無かったが、
実は。



私が小学2年の終わりに単独事故で死んだ12歳上の兄の
部屋に有ったステレオで遺されたカセットテープを聴いて
ロックをおぼえたわけだが。

戸棚を開けると、何冊か「MUSIC LIFE」が入っていた。
グラビア多めのロック雑誌である。
「シンコーミュージック」とか「He saids she saids」とか
「酒井康」とか「大貫憲章」とか「伊藤政則」とかいった名前を聞くと
当時の記憶がブワブワ湧いてくる同世代(+ちょい上)の人は多いと思う。

中学生くらいから自分でもちょくちょく「MUSIC LIFE」を買うようになった。
その頃は東郷かおる子編集長だったが、兄が死んだのは1977年?だったから、
その前の編集長だった頃だろう。

70年代前半は、ロックの良かった頃だ。
「ロックは死んだ」と言ったのは誰だっけ?
いつ言ったんだっけ?

最初、ロックは反発的なものだったはずだが、
それが受け入れられ、商業的になり、役目を終えた、といった意味だろう。

それは時の流れに従ってそうなるさだめかもしれない。
ロックだって多くの人が聴いてこそ文化として成長する。
多くの人が聴く、というところで商業も関わる。
ロック雑誌だってそこに関わっている。
成長するということは、老いもする。

しかし、今でもロックは生きている。
どんなふうに生きているか、ってな話はまた次の次の次くらいに
ねちねち書きたいと考えている。



なんだったっけ、
ああ、「MUSIC LIFE」。

亡兄の遺した「MUSIC LIFE」をめくって、私はロックバンドへの憧れに目覚めた。
見た目で興味を持ったら、ラジオで音を聴いた。

ステレオタイマーという時計が有って、
24時間の文字盤の周囲にピンが挿せるようになっている。
すると、その時間に電源がon/offする、という非常にアナログなタイマーである。
これを使って、ラジオ番組を録音した。
「エアチェック」ってヤツだ。

いやはや。
ネットでテレビ番組の見逃し配信を好きな時間に見る、
なんてなことを今はしているけれど、こんなあたしが十代の頃は
アナログタイマーでエアチェックしとったのよ。

なんだったっけ。ああ、

「MUSIC LIFE」の中で特に私の目を惹き付けたのは、
チープ・トリックのギタリスト、リック・ニールセンだった。
目を見開いた表情、ハマーのエクスプローラー、
自分の姿形をしたダブルネックギターなどなど、
奇抜だった。

ロックスターとして、ファッションも他の人と違った。
カーディガンを着ていたのだ。
カーディガン?
カーディガン。
ロックスターにあたたかい服はマッチしない。
しかし、リック・ニールセンはカーディガンだった。



そして、曲を聴いてまたびっくらこいた。

チープ・トリックは本国アメリカよりも、日本で大きく成功している。
1978年の「Live at 武道館」をラジオで聴いた。
一番の衝撃は「clock strikes ten」だ。
タイトルは、「rock around the clock」を彷彿とさせる。

冒頭、ギターのハーモニクスで「キーンコーンカーンコーン」と
チャイムを模した音から始まる。
そして突然ゴリッゴリのサウンドで半音階を下がる。

そっからはひたすらブギーのギターリフだ。
ただコードに従ってリフが上下する。
なんつうストレートなロックンロールなんだろう。
https://www.youtube.com/watch?v=x1bzkzUJ92w



チープ・トリックのリック・ニールセンのせいで中高生の私はカーディガンを着ていた。
今回の動画ではステイタス・クオーのフランシス・ロッシのせいで
バンドカラーの白シャツに黒のチョッキを着た。
見てねー、だ↓
https://www.youtube.com/watch?v=N97Y7_-bQsY
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する