mixiユーザー(id:3615898)

2020年09月29日13:06

6 view

時を歩くおっさん

数日ぶりに、朝の散歩をしっかりとした。
雨で出られない日が続いたり、
犬を迎えるために何度も審査されて気持ちが疲れてしまったりで
歩けていなかった。

3,4千歩も歩きゃいいか、
くらいのしぼんだ気持ちで出かけたが、
知らない道を見つけて曲がってみたり
大きな木の見える方に進んでみたりするうちに
気付いたら楽しく、いつもより遠出していた。



遠いと言ったって、歩いてあちこち曲がったりくねったりしているので、
距離はさほどではない。
自宅から直線距離で2劼盥圓辰討い覆ぁ

ただ、それくらいでも知らない場所は有る。
駅や、行きつけの店でも無いと、通ってもみない道は多い。
車では通る道でも、わきの道を通ったことが無いなんていうのはザラだ。



自宅から北東の方角は、特に未知の道が多い。
大きめの通りを車で通ることは有るけれど、
わきの細い道はほとんど知らない。

駅も無い方向なので自転車でも通らないし、
住宅街が続くから散歩でも歩いたことが無かった。

日が昇るか昇らないか昇ったか、くらいの時間帯であれば、
歩いていて気持ちの良くないことはまず無い。
つまらない住宅街でもいい。

知らない道が有れば、
歩いていて面白くならないことはまず無い。
気分の乗らない日でもいい。

つまり、気分の乗らない時でも、知らない街を歩いていれば
なんだか楽しいことになる。

見たことの無い道を見つけてふらふら〜と入って行ければ、
いつの間にか気分は上がっている。



とは言え、道はそこに在るものであって、
そうそう増えるものでもない。
だから、何度も同じ所へ行くと飽きてきてしまう。

2週間くらい同じ方向を歩いていたら、もう飽きてしまった。
気分が乗らないのはそのせいも有る。
ちょっと足をのばせば知らない道が有るのは分かっているが、
足をのばすのが億劫になっている。

とかなんとか思いながら出かけたが、
いくつか知らない角を曲がっているうちに、乗った。
曲がってみたら行き止まりなんてのも歓迎である。
長い道を奥まで来たが結局袋小路、なんてのも
初めての場所だと苦にならない。



4千歩6千歩程度でも疲労を感じる日も有るが、
知らない街を歩けた日は9千歩1万歩1万5千歩くらい歩いても
疲労感が無い。
頭がすっきりして、帰宅後も掃除でも勉強でも作業でもはかどる。

私にとって朝の散歩は運動でもあるが、
きっと、初めての道を行くことで好奇心を刺激しているのだろう。



自宅から直線距離で1.8辧△韻靴同鵑ないところに、
神社が在る。

その少し西側に広めのバス通りがあり、
その道に面して大学病院がある。
この病院は、母を通院させている所なので、
この辺にはよく来る。
来ることは来るが、大概は車だ。
一人で来ても自転車で、病院の用事だと他の道を散策することも無い。
吉祥寺駅へ行くにはここを自転車で通るが、
駅が目的地だと、周囲の道に寄ってみることも無い。

そういうわけで、十年ほど前まで私はこの神社の存在を知らなかった。

たしか、盆踊りが好きになった頃に、あちこちの神社を調べまくっている中で
見つけたのではなかったか。



神社について調べていたら、秋祭りの時に曳く万燈が名物だという。
規模が大きいわけではないが、小規模ならそれはそれで風情が有る。

ただ、今年は万燈は無い。
神事のみ行われると、貼り紙がしてあった。

神社の前の道を挟んで、池がある。
そして、その先に仙川が流れている。

仙川は、深いコンクリートの溝になっている。
上流から下流までコンクリート壁だ。
本当に気の毒な川だ。
工事はいつ頃だったのだろう。
どうしてこんな造りになったのだろう。
コンクリートの壁の深さは4メートルくらい有りそうだ。



今昔マップon the webという地図サイトが有る。
年代の異なる地形図を並べて表示することができる。
移動しても、両方の地図が同時に移動する。
も、猛烈に楽しい。

そのサイトで、この神社と池と川を見てみる。
http://ktgis.net/kjmapw/kjmapw.html?lat=35.678721&lng=139.570473&zoom=16&dataset=tokyo50&age=2&screen=2&scr1tile=k_cj4&scr2tile=k_cj4&scr3tile=k_cj4&scr4tile=k_cj4&mapOpacity=10&overGSItile=no&altitudeOpacity=2

すると、川は昔はこの池から流れ出ていたようだ。
むむ?
現在の仙川は、確か小金井市のどこぞが水源ということになっている。
現在の地図を見ると、池からの水が仙川に合流している。

昔の地図の上で、現在の仙川の流れの位置を辿って行ってみると、
500メートルほど北で、現在の仙川の流れに似た流れが記されている。
よく見ると、そこでその流れは分岐している。
上流へ辿ってみると、玉川上水から引かれた分水だということが分かる。

この流れと今の仙川が全く同じかというとそうでもない。
現在の仙川の源流からの流れはまた別に、昔の地図にも存在する。



現在の仙川の流れは、いつ頃定まったものなのか。
妙に溝が深いことも、つぎはぎに川を造ったことと関係が有りそうだ。

今昔のマップを並べて表示して、
ねちねちと見較べて楽しむ。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する