ホーム > mixiユーザー(id:3615898) > mixiユーザーの日記一覧 > キャッシュレス化へ

mixiユーザー(id:3615898)

2020年01月25日08:22

10 view

キャッシュレス化へ

アラフィフ同世代友人Yが言う。
「ヘイヘイ(仮名)はシェアを大きくしたいから、ポイントバックで利用者を増やしている。
利用する側としては、5%還元と合わせて、早く利用するに越したことはないよ。」
へいへい。



スマホに替えてやっと7ヶ月。
使えればいいや。というだけの態度ではいけない。脳みそ腐る。
地図アプリや歩数アプリだけでなく、あれこれ使い始めている。

野山だの川だの磯だので見かけた動植物を、すぐに調べたい。
そのために車に何冊もの図鑑を積んでいた頃も有った。
今では、スマホ一つでその場で調べられる。
夢叶う時代だわい。

という使い方ばかりでなく、小銭がチャリンチャリン入る感じのみみっちいポイントバックサービスを
私は実に嫌いでない。
元々、財布というものを持っていない。
ズボンのポケットに直接小銭を入れて歩いていた。
そのくせポイントカードでパンパンのカードケースも持っていた。
キャッシュレス払いは両方を解消してくれる。はず…



ヘイヘイアプリをインストールして、新規登録する。
ヤホー(仮名)のアカウントを使おう。
何、セキュリティ強化のために電話番号を教えろ?
そんでパスコードがSMSで届くわけね。へいへい。

ショートメールを確認して、ヘイヘイアプリに戻ってコードを入力しようとすると、
アプリが再起動してしまい、また一から新規登録となる。
以下、繰り返し。
3回ほどやってみて、やっぱりこれではできないのだと納得した。



「ヘイヘイアプリ 認証コード入力しようとすると」とかなんとかで、検索してみた。

検索結果の最初のページに一つ、私と同じ事例の人の記事を見つけた。
その人は、諦めるまでの回数が私よりねちこかったらしく、
遂には電話番号を入力してもセキュリティが掛かって認証コードが送られない、という状況にまでなったらしい。
(その場合は、しばらく待ってやり直せば良いとのこと。)

アプリを切り換えることでこの事態が発生しているので、
スマホ画面上に二つのアプリを同時に表示できるようにすれば良い。という。

マルチタスク画面で、アプリのアイコンを長押しすると、
[分割画面]が選択できる。というのだ。ほほう。



早速やってみたが、そんな選択肢出てこない。
どうやら、分割画面というものに対応しているアプリとそうでないものとが有るらしい。

それでも大丈夫、と記事は続いていた。
良かった。
読む。



[設定]→[開発者オプション]→[アクティビティをサイズ変更可能にする]をオン。ほほう。

早速、設定画面を開いてみたが、[開発者オプション]なんて、無い。

[開発者オプション]が表示されない、という人はググってみてください、と記事は続いていた。
またかよ。
良かった。
検索する。



すぐに見つかった。
[設定]→[システム]→[端末情報]→(一番下)[ビルド番号]を何度もタップすると、
「ディベロッパーになりました。」と、何かお褒めの言葉を頂く。
これで、
[設定]→[システム]→[詳細設定]→[開発者オプション]
と表示される。

あっちで「ディベロッパー」と表記したものが
こっちでは「開発者」と表記される、
そういう統一性の無さはよろしくない。と思う。



ぼやきつつも、やっと辿り着いた。
[開発者オプション]の中には項目がたんと有る。
上位項目だけでも、「(全般)」「デバッグ」「ネットワーク」「入力」「描画」
「ハードウェアアクセラレーテッドレンダリング」「メディア」「監視」と続いた後、最後に
「アプリ」の項目が有る。

「アプリ」の下位項目10個のうち、9番目が
[アクティビティをサイズ変更可能にする」であった。
横ちょのボタンをONにする。

こ、これで、準備完了。



ヘイヘイアプリに戻り、新規登録を始める。
おっと、表示を変えておかねば。
マルチタスク画面でアイコンを長押しすると、ちゃんと[分割画面]という選択肢が表示される。
にんまり。

しかし、表示した途端、
「アプリは分割画面では動作しないことがあります」
なんて、不安にさせることを言いやがる。
気にせず進む。

電話番号を入力し、届いたショートメールを下半分の画面で確認し、
認証コードを入力する。

電話番号を入力する際、ヘイヘイアプリをスクロールすることができず、
正しく入力できているかどうか、見て確認することができなかった。
自分の電話番号だから自信を持って入力できたが、
間違っていたら誰かのところに認証コードが送信されてしまう。
さっきの警告は、具体的にはこういう事が起きるわけか、と納得した。



何が、「設定2分」だ!
前例が有り、記事が有ったからなんとかなったが、
数十分かかったわ。
別の記事では「半日かかった」とか「やり直すまで時間を開ける必要が有ったので」とか
もっとたいへんなことになったケースも有るようだ。

しかし、今回こうして、必要に駆られてあちこちいじくったおかげで、
設定の道が付いた。

インターネットに接続するためにIPアドレスを入力してなんだのかんだの設定して
といった時代のパソコンを使っていたことから較べたら、
スマホは各段に使いやすくなって、ナニでもヌネノでも使えるようになっているのだと思っていたが、
使い「こなし」には、やはりユーザーの力が要るものだな。

[設定]の森に分け入って行くと、
こいつはもっと使いやすくなりそうだ。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する